*

[PL] 第7節 エヴァートン戦

公開日: : 最終更新日:2021/10/04 プレミアリーグ21/22 , , ,

お、おぅ、ここでマルシャルに再びチャンスあげんのか…

SPONSORED LINK

プレミアリーグ 2021/22プレミアリーグ 7節 プレミア
マンチェスター・
ユナイテッド
1 1-0 1 エヴァートン
0-1
得点 
時間
 得点
マルシャル 
 
43
65
 
 タウンゼント

NewImage

© Getty Images

               
  カバーニ  
マルシャル →ロナウド@57 グリーンウッド
→サンチョ@57 フェルナンデス  
     
  フレッジ マクトミネイ  
  →ポグバ@70    
ショー   ワンビサカ
     
  リンデロフ ヴァラン  
       
 
デヘア  
   
 

CFはロナウドを休ませてカバーニか。ハードワークしてくれると思うけど、左サイドのマルシャルと、中盤のフレッジ&マクトミネイが不安かな。

珍しく右サイドのファイナルサードでワン・ビサカが縦に仕掛けて相手を抜いてクロス。これがファーサイドのマルシャルにぴったりと思いきやマルシャルのヘッダーは枠を捉えられず。

フレッジの右足クロス(!)からカバーニにピタリと合うも、ヘッダーがGKにかき出されてしまいゴールならず。

相手のグレイがユナイテッドのエリア前で反転とともにドリブルで加速するとフレッジがかわされ強烈なシュートを放たれる。デ・ヘアがセーブするも、この相手の加速についていけずにフィジカルで吹き飛ばされるフレッジのパターン多すぎ。

43分、グリーンウッドからの展開をフェルナンデスが素晴らしいタッチで収めると、相手を引きつけてから左サイドのマルシャルに優しいラストパス。これをマルシャルが豪快にぶち込んで先制!

SPONSORED LINK

1-0でハーフタイムに入ると、後半の57分に2枚替え。結果論として、この交代が裏目に出た感じは否めない。マルシャルは打撲で交代せざるを得なかったみたいだけど、サンチョではなく好調リンガードとだったら、そしてCFは変えずにカバーニのままだったらまた違った結果だったような気がする。

65分、ユナイテッドのCKのチャンスで弾き返されると、相手のドリブルをフレッジが止められず、フレッジが止めるだろうと戻りが不十分だった守備ラインが後手に回る間に逆サイドからタウンゼントが上がってきてゴール。

フレッジがファウルしてでも止めるべきだったと思うし、ショーがボールによりすぎたのもどうだったのかなと思う。

このツイートは、かつてのモウリーニョが自分の指示でショーはプレーしていると語っていたことを思い起こさせると指摘。

昨シーズンのチャンピオンズリーグでのCKのミスから何も学べていない。非カウンター時、誰がディレイさせて誰がカバーのために戻ってスペースを埋めるのか、役割分担や瞬時の各自の判断がまったくもってお粗末。

ユナイテッドは70分にフレッジを下げてポグバを投入して1点を奪いに。

しかし、今度は自陣CKからのセカンドボールを奪い返されるとユナイテッドの左サイドに誰もおらず、ディビスがどフリーに。そして逆サイドのミナに繋がれて押し込まれてジ・エンド…と思いきや、最後のミナへのパスがオフサイドで救われる格好に。普通にディビスに叩き込まれていたら終わっていたシーン。

結局1-1のままで決着。選手交代のミス、相手のカウンターへの対応という改善されないウィークポイントにより2ポイントを逃し、これで勝つべき相手とのリーグ戦2試合で奪えたポイントが僅かに1だけ。なんじゃそれ。

SPONSORED LINK

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

よければコメントをお願いします

アドレスは必須ですが、非公開です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自分のアバターを設定したい方はお問い合わせからユーザー登録希望の連絡をください。

AD

gettyimages-1421651234-612x612
レアル・ソシエダとのヨーロッパリーグ開幕戦のスタメン予想

ここか?ここでローテなのか?Embed from Getty Imageswindow.gie=window.gie...

0b936b3c4e308ccca8adbd6dc8e74679.png
アーセナル戦のマン・オブ・ザ・マッチは2G1Aの我妻善逸

マンチェスター・ユナイテッドのアーセナル戦のマン・オブ・ザ・マッチが今、明かされる! この試合もチームとして団結し...

NewImage.png
アントニー砲と伝家の宝刀ラッシュの霹靂一閃で勝利したアーセナル戦の選手評価

しばらく練習ブッチしてたのにいきなりの先発、しかもアーセナルとのビッグゲームということで不安もあったアントニーがいきなり...

FbY8FSWX0AAFR4w
リヴァプール戦みたいに気合バチバチの試合をしてくれると期待しているアーセナル戦のスタメン予想

日曜午後のオールド・トラッフォードに、首位アーセナルを迎え撃つ!© Getty Images ユナイテッ...

FbmnGbHXwAIPurR
ジェームズ・ガーナー完全移籍ムーブに対する個人的見解

カゼミーロ獲得という実力間違いないトップクラスを獲得したことが、ジェームズ・ガーナーの完全移籍の決定打になったんじゃ...

→もっと見る

  • 2022年9月
    Sun Mon Tue Wed Tue Fri Sat
    « Aug    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS


TOP ↑