*

ラルフ・ラングニックは既にオーレ・グンナー・スールシャールの二の舞を回避している

土曜日にオールド・トラッフォードで行われたウエストハム・ユナイテッド戦のマンチェスター・ユナイテッドのスタメンを見た時、おそらくサポーターの大半が予想していたものだっただろう。

SPONSORED LINK

0_GettyImages-1366259857

© Getty Images

ミッドウィークにブレントフォードを3-1で下しており、ラングニック暫定監督はそこから1名を変更しただけのスタメンを間違いなく自信と信念を持ってピッチに送り出しただろう。欠場したのはビクトル・リンデロフで、2022年のリーグ初挑戦を成し遂げている間に自宅に強盗が侵入したため家族をサポートする必要があり、代わりにキャプテンであるハリー・マグワイアがスタメンに復帰した。

これはメンバーをリフレッシュさせるための変更であり、ラングニックがミッドウィークの試合でのプレーを歓迎していたことを明確に示唆しているものである。たとえウエストロンドンで行われたブレントフォード戦の前半に関してはいささかプレッシャーの波が襲来したとしても、後半に関しては満足いくものだったからこその必要最低限の変更となったのは明白だ。

もしリンンデロフの家族にああいった悲惨な被害が出ていなければ、ミッドウィークの試合から変更は無かっただろう。スウェーデン代表CBは、マグワイアの最近の負傷欠場の機会を活かしてアピールに成功し、イングランド代表CBが負傷から復帰しても即スタメン復帰とすることを阻むことに成功していた。

SPONSORED LINK

だが、マグワイアは復帰戦となったウエストハム戦のパフォーマンスについては称賛を受けるべきであり、ラファエル・ヴァランの隣で非常に改善したプレーを披露した。また、ラングニック監督の決断についても称賛すべきであり、前任者のオーレ・グンナー・スールシャールはそれをなかなかやりたがらなかった。

例えば、10月にリヴァプールに5-0と抹殺後、本来ならマグワイアはクソみたいな記憶から消したくなるようなパフォーマンスを披露した故にスタメンを外されるべきだった。だが、スールシャール監督は、当時それ以外の選択肢もあったにも関わらずその後のリーグ戦4試合でマグワイアを引き続き先発起用した。たしかに彼はクラブのキャプテンかもしれないが、彼のその頃のパフォーマンスったらそりゃ酷いもんで、アームバンドを腕に巻いているという理由だけでスタメンに入っていいってレベルじゃなかった。

他の選手もまた然りで、スールシャール体制末期に低調だったアーロン・ワン・ビサカ、最近調子を上げているフレッジブルーノ・フェルナンデスマーカス・ラッシュフォードがそれにあたる。しかしながら、ジオゴ・ダロトドニー・ファン・デ・ベークジェシー・リンガードらが当時サポーターやスールシャール監督がチームに求めていたブーストをもたらそうと努力していたが、彼らが依然として選ばれ続けた。

だが、ラングニック監督のリーグ戦はまだ10試合であり、眩いばかりの興奮からは程遠いものではあるが、6勝して負けたのは1試合のみで結果は改善されており、マグワイアやラッシュフォードを外すというスールシャール監督が出来なかった難しい決断を下す準備をしていることを示している。彼らはウエストハム戦では勝利に貢献したものの、直近2試合ではアンソニー・エランガがラッシュフォードを差し置いて左サイドで先発しており、出番が来るのを待たねばならなかった。

さらに、ラッシュフォードは今月上旬のFA杯3回戦のアストン・ヴィラ戦で先発して以来スタメンはなく、ラングニック監督は選手のクラブでのステータスシンボルやビッグネームという理由でスタメン起用することは考えていないことを意味している。

SPONSORED LINK

その代わり、ラングニック監督はこれまでは常時出場する機会を与えられていなかった選手に門戸を開放しており、ダロトやエランガといった選手がスタメン奪取に向けてアピールを続けている。このチーム内競争がラッシュフォードの直近2試合での2ゴールといった結果にも影響を与えている。

ファン・デ・ベークやリンガードあたりはラングニック監督のスタメン固定しない哲学の恩恵を受けられていないが、ドイツ人指揮官のスタメン選出アプローチについての変更は間違いなく機能しており、実力を発揮できていない選手への発奮材料となっている。

<元記事:Ralf Rangnick already avoiding repeat of same Ole Gunner Solskjaer mistake at Manchester United@Manchester Evening News

エランガが経験積んで成長し、下からの押し上げに危機感を覚えたラッシュフォードやグリーンウッドが奮起する。

これこそがクラブのあるべき姿であり、強豪が強豪たらしめるのは有能な選手達がスタメンの座を争ってしのぎを削っているから。

ショーとテレスのLSB争いも再び激化しそうだし、RSBでもワン・ビサカは攻撃への貢献アップの必要性を肌で感じているだろうし、こっからいっちょブチ上げていっちゃいますか?

SPONSORED LINK

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

よければコメントをお願いします

アドレスは必須ですが、非公開です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自分のアバターを設定したい方はお問い合わせからユーザー登録希望の連絡をください。

AD

Egypt
2023年12月版エジプト旅行記〜ピラミッドはデカかった

今回、ドーハからイギリス(マンチェスター)への旅行をカイロ空港トランジットで組んだため(ANAのマイルを使用)、ついでに...

150x150OT
2023年12月版マンチェスター旅行記&オールド・トラッフォード観戦記(主に料理の写真)

2017年以来となる夢の劇場ことオールド・トラッフォードでのユナイテッド観戦!今回は初の息子との2人観戦! イ...

title2023のコピー
クロアチア旅行2023 ザグレブ編その1

夏休みにクロアチア(ザグレブ、ドブロブニク)へ旅行に行きました。© マンチェスター・ユナイテッド情報局 行き先がク...

gettyimages-1640829872-612x612
最初の2失点で思わず気絶しかけたノッティンガム・フォレスト戦の選手評価

こっちのCKが相手の得点チャンスになってしまうのはもうやめよう。ホントにやめよう。アンドレ・オナナ 前半2分にタイ...

Squad number
登録届の提出最終日である金曜を前にまだ今シーズンの背番号が決まっていない4選手

もう新シーズンのスカッドの背番号を決める時間が無くなりかけてるんですけどー?© Getty Images ...

→もっと見る

  • 2024年6月
    Sun Mon Tue Wed Tue Fri Sat
    « Jan    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS


TOP ↑