*

劇的なニューカッスル戦勝利の裏で当惑させられた2選手

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は再びチームを勝利街道に引き戻したかもしれないが、その過程でチーム内に更なる不協和音をもたらしてしまった模様。

SPONSORED LINK

mourinho-united1

© Getty Images

ユナイテッドはニューカッスル戦まで4試合連続で勝利から見放されていたが、週末オールド・トラッフォードで一時0-2まで離されながらも最終的に3-2の素晴らしい逆転勝利を収めることが出来た。

しかしながら、この劇的な勝利もドレッシングルーム内の雰囲気を改善するに十分ではなかったのかもしれない。と言うのも、モウリーニョ監督が2人選手に間違った対応をしてしまったからだと言われている。

その2人とはマーカス・ラッシュフォードエリック・バイリーであり、前者は指揮官が試合に対する気質について疑問を呈したことに当惑したと言われており、一方のバイリーについては序盤の戦術変更により試合早々に後退させられたことにこちらも当惑したと、信頼と実績のThe Sunが報じている。

SPONSORED LINK

モウリーニョ監督は自分の胸の内を語り過ぎるきらいがあり、これが依然率いたクラブでも選手たちの不調和を引き起こしてきている。

ポルトガル人指揮官はレアル・マドリー時代、チェルシー時代に契約の途中でクラブを去っていることは周知の事実であり、今シーズンのオールド・トラッフォードの雰囲気も似てきている。

ラッシュフォードを名指しする必要など殆どなかったが、55歳の指揮官は自分自身を助けることが出来なかったようである。

SPONSORED LINK

試合後、モウリーニョ監督はイングランド代表ストライカーについて次のように語っている。

おそらく、マーカス・ラッシュフォードとスコット・マクトミネイをプレーさせたのは私の間違った決断だったのだろう。

彼らは、人狩りがやって来ているプレッシャーへの準備が出来ていなかった。私はそれに対処できる。

私は成熟しているし、そのプレッシャーの中で生きている。何名かの選手はそれに対処できていない。彼らはパニくった状況で試合に入った。
SPONSORED LINK

Manchester United UCL Training Pant - Navy Manchester United UCL Training Presentation Jacket - Navy

<元記事:Two Manchester United players unhappy with Jose Mourinho following Newcastle win@Caughtoffside

マクトミネイの起用は確かにモウリーニョ監督のミスだったような気がする。フレッジとか、ペレイラあたりを起用する選択肢もあったわけだしね。

ラッシュフォードについては、サンチェスも不調だし、前の試合でチームの中では良い方だったから先発起用するってのはおかしな選択ではなかったと思うけどな。

ただ、結果から見てもマタを右サイドで使っていたら違っていたかもしれないけどね。まぁ、マタも消える試合じゃとことん消えるから、何が正解だったかと言われると難しい。

バイリーについては、下げた際にピッチライン際でハグして言葉を交わしていたから、大丈夫なんじゃないかと思っているけど、でもきっと次の試合からまた干されるんだろうな…

SPONSORED LINK

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

Comment

  1. ポグバ より:

    私はラッシュフォードはルカクサンチェスと先発で使うように言ってますが
    どうしてかと言うと
    サンチェスルカクなら試合がしっかり進むからなんですよね
    前半で試合が崩れないわけです
    ラッシュフォードがしっかりプレー出来るには
    まず周りを経験を積んだ選手で固めてあげたい
    前半で試合が壊れると今のラッシュフォードにはきついですよ
    ルカクサンチェスとならバレンシア戦はラッシュフォードはプレー充分出来てましたしね
    私はモウリーニョはラッシュフォードを全く批判していないと見ますけどね

  2. ルカク より:

    なんだかんだでサンチェスは重要

    • 匿名 より:

      ほんそれ。
      ラッシュ、マルシャルは基本的な事がまだまだ。
      トラップ、プレスのかけ方、連携

      片方起用ならまだしも同時起用はなかなか難しい。

      そう考えると自然に左右の組み合わせは、
      サンチェスリンガードにしたくなりますね。特に先発は

  3. 匿名 より:

    別にマクトミネイに限らずモウリーニョの選手起用は時々理解出来ない時がある。上手く行けば全然文句はないんですけどね。

  4. キャリッカー より:

    怪我がなければマタ、サンチェス、リンガードの中から2人は先発にいて欲しい。
    じゃないとSBの負担がデカすぎる。

    スモーリング残してバイリー下げたのはちょっと不思議だったけど、スモーリングのが安牌を選んでバイリーはチャレンジする方だからとかかな?

  5. ルイスカルロス より:

    皆さんも仰るように、少なくともサンチェスは先発にいて欲しいですよね。バイリーもなんですが、モウリーニョはなんであまり使わないんだろう…
    ラッシュマルシャルは二人同時先発は上手くいかないので、一人ずつ出して成長させて欲しい
    あとはペレイラとダロトも少しずつでも使わないと成長出来ないと思います。

ルイスカルロス にコメントする コメントをキャンセル

アドレスは必須ですが、非公開です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自分のアバターを設定したい方はお問い合わせからユーザー登録希望の連絡をください。

AD

NewImage.png
ジョーンズが飛び出してきたGKをあざ笑うような見事なオウンゴールを決める

フィル・ジョーンズは、今夜の試合で忘れたいような瞬間を経験し、イングランド代表はメスタージャでのバレンシア戦で相手の...

NewImage.png
ラッシュフォードがゴール決めたことぐらいしか好材料が思い浮かばないバレンシアとの最終節の選手評価

アンドレアス・ペレイラはLWGとしてプレーするも、今シーズンそこでの出場機会も少なく、SBのカバーも無くアピール出来...

NewImage.png
[CL] GL第6節 バレンシア戦

注目のペレイラのポジションはどうやらLWG!中盤3枚の残り1枚はフェライニ!ガーナーとグリーンウッドは共にベンチ入り...

NewImage.png
アーセナルが1月に構想外になっているバイリーとケーヒルの補強を狙う?

アーセナルは、ロブ・ホールディングの負傷に伴い、1月の移籍市場で新たなCBを獲得する準備を進めている模様。© Getty...

0_GettyImages-1071749144
控え&若手選手のアピール合戦になるであろうバレンシア戦のスタメン予想

マンチェスター・ユナイテッドは、チャンピオンズリーグのグループステージ最終節バレンシア戦で多くのスタメンを入れ替えること...

→もっと見る

  • 2018年12月
    Sun Mon Tue Wed Tue Fri Sat
    « Nov    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS

  • マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Alexis 7 プリント マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Pogba 6 プリント マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Lukaku 9 プリント マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Lingard 14 プリント マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Rashford 19 プリント マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Martial 11 マンチェスター・ユナイテッド ホーム ゴールキーパー シャツ 2018-19 - De Gea 1 マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Mata 8 プリント マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Ander Herrera 21 マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Shaw 23
TOP ↑