*

エヴァートンがローン移籍条件で合意し、最後はファン・デ・ベークの決断でエヴァートンがパレスを退けた?

エヴァートンは、ドニー・ファン・デ・ベークのローン移籍についてマンチェスター・ユナイテッド側と条件で合意。ファン・デ・ベークがフランク・ランパード新監督体制での最初の獲得選手になる可能性があり、あとは本人がグディソン・パークにするか、クリスタル・パレスに行くかの択を迫られているという状況。そして、どうやらエヴァートンを選んだっぽい? っポイ?

SPONSORED LINK

© FKWQnJJWQAE8jHG

エヴァートンは、日曜日に新監督として就任されると予想されているランパードが主要なターゲットとしてリストアップしたため、ファン・デ・ベークの給与をシーズン終了まで全額負担する酔いをしている。

SPONSORED LINK

オーレ・グンナー・スールシャール監督時代もラルフ・ラングニック暫定監督時代もオールド・トラフォードでは出場機会が限られているオランダ代表は、同じくパレスのパトリック・ヴィエラ監督からも欲しがられており、こちらの方が数日早くファン・デ・ベーク獲得レースに参戦していた。

移籍市場が閉まる前に新たなMFを獲得することはエヴァートンにとって重要事項であり、アブドゥライェ・ドゥクレトム・ディビスファビアン・デルフが負傷により3月まで離脱するというオワオワリな状況に陥っているからである。

また、フィル・ジョーンズがローン移籍でボルドーへと旅立つ可能性があり、両クラブがローン移籍についての話し合いを行っている。

<元記事:Everton agree deal to take Donny van de Beek on loan from Manchester United@The Guardian

SPONSORED LINK

そして、ロマーノ砲によればファン・デ・ベークについてはエヴァートンが射止めた模様。

エヴァートンの中盤が緊急事態ならその間に定位置を確保してシーズン残りたっぷりプレー出来る可能性があるのかな。

ただし、ここで予想以下のパフォーマンスだと負傷者戻ってきたらベンチに座るばっかでユナイテッドでの状況から変わらないリスクもある。とはいえ、今はアクション起こしてプレー機会を得ないといけないからね!

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

よければコメントをお願いします

アドレスは必須ですが、非公開です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自分のアバターを設定したい方はお問い合わせからユーザー登録希望の連絡をください。

AD

Egypt
2023年12月版エジプト旅行記〜ピラミッドはデカかった

今回、ドーハからイギリス(マンチェスター)への旅行をカイロ空港トランジットで組んだため(ANAのマイルを使用)、ついでに...

150x150OT
2023年12月版マンチェスター旅行記&オールド・トラッフォード観戦記(主に料理の写真)

2017年以来となる夢の劇場ことオールド・トラッフォードでのユナイテッド観戦!今回は初の息子との2人観戦! イ...

title2023のコピー
クロアチア旅行2023 ザグレブ編その1

夏休みにクロアチア(ザグレブ、ドブロブニク)へ旅行に行きました。© マンチェスター・ユナイテッド情報局 行き先がク...

gettyimages-1640829872-612x612
最初の2失点で思わず気絶しかけたノッティンガム・フォレスト戦の選手評価

こっちのCKが相手の得点チャンスになってしまうのはもうやめよう。ホントにやめよう。アンドレ・オナナ 前半2分にタイ...

Squad number
登録届の提出最終日である金曜を前にまだ今シーズンの背番号が決まっていない4選手

もう新シーズンのスカッドの背番号を決める時間が無くなりかけてるんですけどー?© Getty Images ...

→もっと見る

  • 2024年6月
    Sun Mon Tue Wed Tue Fri Sat
    « Jan    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS


TOP ↑