*

何かきっかけをつかんでもらいたいFA杯のヴィラ戦のスタメン予想

マンチェスター・ユナイテッドは今日、オールド・トラッフォードでアストン・ヴィラとFA杯の試合を行う。

SPONSORED LINK

ラルフ・ラングニック暫定監督率いるユナイテッドは先週のリーグ戦で敗れた。ユナイテッドはシーズンを通して低フォーム二苦しんでおり、オーレ・グンナー・スールシャール監督解任とラングニック就任を経てもまだ改善していない。

しかしながら、FA杯はユナイテッドが好転するきっかけとなる可能性があり、自信を取り戻すチャンスだ。

ユナイテッドが最後にFA杯のタイトルを獲得したのは2016年のファン・ハール体制の時であり、クリスタル・パレス相手にジェシー・リンガードが延長戦でゴールを決めて優勝した。そして、ユナイテッドが最後にタイトルを獲得したのは2017年のことである。ユナイテッドはFA杯で優勝することで無冠を終わらせられることを願っている。

ヴィラはスティーブン・ジェラード監督就任によって運気が変わったのをエンジョイしているが、トリッキーな相手との対戦になるだろう。

SPONSORED LINK

サムエル・ラックハースト

FA杯はユナイテッドがタイトルを獲得できる可能性が最も高い大会であり、ヴィラ相手ではローテーションも最低限にしておくべきだろう。ユナイテッドはこの1週間試合が無く、この試合の後は同じヴィラとのリーグ戦が土曜日にあるので、選手の疲労は問題にならないだろう。

ディーン・ヘンダーソンはカップ戦担当としてスタメン。ジオゴ・ダロトは、しょっぱいアーロン・ワン・ビサカの代わりにスタメン復帰。ビクトル・リンデロフは、ハリー・マグワイアのフィットネス状態に関係なくラファエル・ヴァランのパートナーになるべき。

ドニー・ファン・デ・ベークネマニャ・マティッチの隣で先発しないとね。その前にはブルーノ・フェルナンデス。両翼はジェイドン・サンチョメイソン・グリーンウッドが入る。

               
  ロナウド  
サンチョ   グリーンウッド
  フェルナンデス  
     
  マティッチ VDベーク  
       
ショー   ダロト
     
  ヴァラン リンデロフ  
       
 
ヘンダーソン  
   
 

SPONSORED LINK

タイロン・マーシャル

ラングニックはローテーション欲とこの大会で勝ち進むために選手を入れ替えないことのバランスを取らないといけない。これがユナイテッドの優勝するベストチャンスであり、現時点で彼らにはパフォーマンスと結果の両方が必要だ。

ヘンダーソンは間違いなくスタメンであり、ダロトとアレックス・テレスがSBに入る。私はCBは変えなくなく、フィル・ジョーンズはウルブス戦のプレーを考慮したらスタメン継続に値する。マグワイア起用というリスクを冒す必要は無く、復帰を早めたせいで今シーズンはグッダグダなパフォーマンスが続いている。

あと1人先発に値するのがファン・デ・ベーク。彼は中盤でマティッチとコンビを組み、そしてラングニックが好きな4-2-2-2から4-2-3-1に回帰するだろう。そうすることで、フェルナンデスがソロで10番の役割を担うことが出来る。

               
  ロナウド  
ラッシュフォード   サンチョ
  フェルナンデス  
     
  マティッチ VDベーク  
       
テレス   ダロト
     
  PJ ヴァラン  
       
 
ヘンダーソン  
   
 

gettyimages-1358817907-612x612

© Getty Images

リッチ・フェイ

ユナイテッドはヴィラ相手にフレッシュな試合をしたいところ。ラングニックは今シーズンあまり出番を貰えていない選手たちに出番を与えてサクっと勝利を手にしたい。

ヘンダーソンは言わずもがな先発で、ジョーンズはフィットネスと自信を深めておりスタメン継続。ワン・ビサカは今やRSBの2番手なので逆にここで出場で、逆サイドはテレスが入る。

ファン・デ・ベークはまだユナイテッドでやっていける確信を得られていないがプレシーズンでコンビを組んでいたマティッチと中盤を形成すべき。フェルナンデスが中盤の前方で攻撃をつかさどる。

前線ではアマド・ディアロが予想されるローン移籍前に最後の出場機会を得る可能性がある。ラッシュフォードはLWGでフォームを取り戻したいところ。ロナウドとカバーニはどちらもお休みをもらって、グリーンウッドがCFでプレーするだろう。

               
  グリーンウッド  
ラッシュフォード   アマド
  フェルナンデス  
     
  マティッチ VDベーク  
       
テレス   ワンビサカ
     
  PJ ヴァラン  
       
 
ヘンダーソン  
   
 

スティーブン・レイルストン

この試合はある程度のローテを行うチャンスだが、かなりの強さを維持しておく必要もある。最後の試合から7日間空いており、次の試合は同じヴィラ相手に今度の土曜日だ。

言うまでもなく、最後に獲得したタイトルが2017年のジョゼ・モウリーニョ監督時代というのは容認できるものではない。

ヘンダーソンは出場機会が必要であり、ジョーンズはリンデロフの隣で再びプレーするだろう。両サイドはテレスとダロト。フェルナンデスはウルブス戦で途中出場してエネルギッシュなプレーを見せていた。

ファン・デ・ベークとフレッジが残りの中盤を構成するだろう。

               
  カバーニ  
リンガード   グリーンウッド
     
  VDベーク フェルナンデス  
       
  フレッジ  
テレス   ダロト
     
  リンデロフ PJ  
       
 
ヘンダーソン  
   
 

<元記事:How Manchester United should line-up vs Aston Villa in FA Cup fixture@Manchester Evening News

この試合は若い選手をゾロっと並べて、監督のやりたいフットボールが表現できるのかを確かめるってのも面白そう。

ラッシュフォードとグリーンウッドの2トップで、その裏にフェルナンデスとサンチョ、中盤センターがファン・デ・ベークとフレッジ、SBはダロトとテレス、CBにはジョーンズとヴァランなら一番スピードと出足が優れているかな?GKにもヘンダーソン置いとくとカバー範囲広いだろうし。

この面子なら前線は3トップの後ろにフェルナンデスの形にも変われるしね。

SPONSORED LINK

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

よければコメントをお願いします

アドレスは必須ですが、非公開です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自分のアバターを設定したい方はお問い合わせからユーザー登録希望の連絡をください。

AD

NewImage.png
「彼は戦いに勝った」—ユナイテッドのレギュラーになるためにいかにしてジオゴ・ダロトはスールシャールに抗ったのか

オーレ・グンナー・スールシャールがマンチェスター・ユナイテッドで監督を努めていた時に、最も聞かれた意見の1つが、”ジオゴ...

gettyimages-1412023257-612x612
プレシーズンの勝ち組5人と負け組5人【アピール成功した選手、出来なかった選手】

Manchester Evening Newsのアイザック・ジョンソン記者がピックアップした、プレシーズンを通じてア...

gettyimages-1242225463-612x612
まったくの独断と偏見でお送りする各ポジションごとの充実度と期待度

いつだって各ポジションの層の厚さはアンバランスなのがユナイテッド(?)Embed from Getty Images...

Bae4.jpg
ドーハのワールドカップ関連インスタ映えスポット

市内にワールドカップ関連のバエそうなものが色々とできているんですわ! まずは、ドーハ中心ウエストベイ(West Bay...

c36fecddbad492b51079a17cdc08fa81.png
ラマダン明けのイードホリデーは花火も上がるしホコ天も誕生

ラマダンとその後に訪れたイードホリデーなるニギニギした感じも初体験わず。 ラマダンとは、日中は水ぐらいしか飲まず、...

→もっと見る

  • 2022年8月
    Sun Mon Tue Wed Tue Fri Sat
    « Jun    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS


TOP ↑