*

プレッシング問題がラングニックにとってガチで頭痛の種

普通なら6試合でチームを管理するというのは時期尚早なことだが、クラブがマンチェスター・ユナイテッドであり、近いうちに正式な監督が連れてこられるまでに迅速な修正を行うために招聘された。月曜日にアストン・ヴィラがFA杯3回戦でオールド・トラッフォードに乗り込んでくるまでに0-1でウルブスに敗れた試合から1週間が過ぎており、ラルフ・ラングニックの暫定任務に対しての視線が強まっている。

SPONSORED LINK

1416

© David Blunsden/Action Plus/Shutterstock

ご自慢のハイプレスを使用してユナイテッドのスカッドをシャープにするというどデカい触れ込みで到着した63歳の指揮官にとってそれが今の現実である。初采配となったクリスタル・パレス戦で見られた強度の高い試合を除き、「ゲーゲンプレスの父」というラングニックへの呼称はフットボール界における最大の誤称の1つなんじゃないかと訝しむ人も出てきている。

この触れ込みが困惑させているなら、ドイツ人指揮官の最初の指導をしている時のユナイテッド選手達のリアクションが収められた写真もある。ある代表選手によると、ラングニックは自分が何を行っているかを正確に理解しており、構造化された戦術的アプローチで称賛されている。

ユナイテッドに新たにコーチとして就任した元アメリカ代表MFのクリス・アーマス氏の指導を受けたことのある選手は、元NYレッドブルズ&トロントFCの監督に感銘を受けておらず、思考と意思決定が疑問視されている。だが、ドイツ人指揮官の練習方法が選手達の不満を引き起こしているという報道が盛んになされている一方では、クリスティアーノ・ロナウドに殆ど魅力を感じていない選手も数名いるとも言われている。

SPONSORED LINK

夏にロナウドが加入して以来、ロナウドの存在は若きスカッドとの積極的な交流によりユナイテッド選手の成長促進に寄与してくれるとみられている。他方では、彼が14ゴール決めているにも関わらず、彼の獲得は誤りだったと考える人もいる。もしロナウドの不動なプレーに不満がありユナイテッドのスーパースターを先発から落とすことが必要だと感じた際には、ラングニック監督はスタメンから外すための屋台骨を持っているという確信がある。

ユナイテッドが順調であればこの相反する意見も問題にならなかっただろうが、マンチェスター・シティ、チェルシー、リヴァプールについていくことが出来ず21回目の優勝にチャレンジすることが出来ていない。だが、実際のところサー・アレックス・ファーガソンが勇退してからの9年間、ユナイテッドは優勝争いに絡めておらず、少なくともリーグタイトルから10年間遠ざかることになるのは確実だ。

SPONSORED LINK

その代わり、木曜日にエド・ウッドワードCEOが2月1日でその職を満了となることがアナウンスされる前に、彼がシーズン途中で招聘したラングニック監督はウルブス戦でプレスが全く機能しなかったことを認め、それはユナイテッドがポジションを占められなかったからだとの結論に達していた。

ラングニック監督がプレスの機能不全を認めたことは不可解なことであり、ハイプレスが売りの指揮官が才能あるグループにそれを落とし込めなかったことを示しているからである。

ロナウドの衰えてきている足は、彼がユナイテッドをエネルギッシュにするための生贄になるのではないかと言われているが、ブルーノ・フェルナンデスと同じく5ゴールを決めてチーム内同率2位のゴールスコアラーであるメイソン・グリーンウッドがその代わりにCFになるのではないかと考えられている。

ウルブス戦、グリーンウッドはラングニック監督の狙い通りにプレーした唯一のフィールド選手だった。それでも20歳は60分で交代しており、これが指揮官のグリーンウッドへの評価に対する疑問を呼び起こすものになった。

グリーンウッドの走り回れる走力、敵を切り裂くようなパス、そして素早く動くスピードはラングニック監督の理想に合致する。グリーンウッドが1時間程度で交代するのかと問われたラングニック監督は次のように答えている。

彼の努力とパフォーマンスは傑出したものではなかったが、今日良かった選手の1人ではあった。

ラングニック監督は、同じく4-2-2-2システムでダブル10番の位置に入っていたジェイドン・サンチョについては交代しないという選択を下した。

このフォーメーションは、ウルブス戦の前までは5試合無敗で良かったが、このスタイルをより継続させることは出来なかった。

ラングニック監督はグリーンウッドに対してもっと継続性を示すことを求めており、フィジカル面での更なる向上も求めている。後者についてはクラブの科学部門の仕事っぷりにかかっているとすれば、パフォーマンスが良かったグリーンウッドを試合で60分程度で交代するというのは前者の点でトリッキーなことだ。

もしヴィラ戦で勝てればユナイテッド周辺の騒音は鎮まるかもしれないが、逆に出場大会が1つ減るようなことがあれば逆に騒音はさらに大きくなるだろう。

<元記事:Pressing problems a real headache for Ralf Rangnick at Manchester United@The Guardian

ユナイテッドがチーム全体で連動した守備、攻撃を出来てたって試合が殆ど無いんだよなぁー。上手い相手に中盤センターを孤立させられると攻撃は単発になるし、奪われ方は悪くなるしって印象。後ろで回してても相手のプレスを剥がして中盤センターがフリーで持ちあがってチャンスメイクみたいな展開を作ってもらいたいんだけどなー。

ある意味ネガトラ時のプレスのしやすさありきでの4-2-2-2のはずなんで、それが出来ないなら4-2-3-1をどうやって機能させるかとか、4-3-1-2を機能させるかってのを考えてブルーノに攻撃は何とかしてもらうってのが良いかもしれない。

4-2-2-2だと攻撃でブルーノを活かせていないし、かといって守備でも恩恵が得られていないのが苦しい。

SPONSORED LINK

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

よければコメントをお願いします

アドレスは必須ですが、非公開です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自分のアバターを設定したい方はお問い合わせからユーザー登録希望の連絡をください。

AD

e1517b5fc8af0d695775a2b1097315b5.jpg
海外でどうやって美味しく米を炊くのか、それが問題だ!【一人暮らし編】

現在、カタールに単身で海外赴任しているため、食生活は基本的に自炊です。そして、その自炊生活を助けてくれているのが日本...

AnyConv.com__FJ-8BPGWYAQprff
[公式] アントニー・マルシャルがセビージャに今シーズンいっぱいローン移籍

マンチェスター・ユナイテッドのFWアントニー・マルシャルが、2021-22シーズンの残りの期間、セビージャFCに期限付き...

skysports-anthony-martial-manchester_5644901
セビージャが今シーズンいっぱいのローン移籍でマルシャル獲得に合意か

オールド・トラフォードで週末に行われたウエストハム・ユナイテッド戦でカギを握る活躍をしたアントニー・マルシャルは出場...

0_GettyImages-1366259857
ラルフ・ラングニックは既にオーレ・グンナー・スールシャールの二の舞を回避している

土曜日にオールド・トラッフォードで行われたウエストハム・ユナイテッド戦のマンチェスター・ユナイテッドのスタメンを見た...

NewImage.png
マーフィー氏はラッシュフォードが違いを生んだと絶賛【マルシャルも印象的だったとコメント】

かつてリヴァプールやイングランド代表でMFとして活躍したダニー・マーフィー氏は、マンチェスター・ユナイテッドが1-0...

→もっと見る

  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS


TOP ↑