*

最終節ウルブス戦のマン・オブ・ザ・マッチはエランガ!

マンチェスター・ユナイテッドのサポーターは2020/21シーズンの試合で18人の異なる選手をマン・オブ・ザ・マッチに選出した。

SPONSORED LINK

ウルブス戦で2-1の勝利を収めたことで、ユナイテッドは今シーズンのプレミアリーグのアウェイゲームで無敗を達成。

アンソニー・エランガフアン・マタがスコアシートに名を連ねたことで、マン・オブ・ザ・マッチの投票においても多くの票を集めた。

エランガはダニエル・ジェームズが左サイドから供給したクロスからヘッダーでファーストチームでの初めてのゴールを決め、一方のマタはドニー・ファン・デ・ベークが獲得したPKを成功させた。

SPONSORED LINK

ファン・デ・ベークも中盤での落ち着いたプレーにより人気を集め、アレックス・テレスもLSBの位置で高パフォーマンスを披露した。

最終的に、シニアで2試合目の出場となったエランガがトップになった。スウェーデン生まれのFWはそのスピードとダイレクトなプレーで相手を脅かし、先制ゴールを決める前にも何度かチャンスを迎えていた。

誰よりもピッチ全体をカバーしていたファン・デ・ベークは、マタのゴールに大きく関与したが、惜しくもシーズン2度目となるマン・オブ・ザ・マッチ受賞とはならなかった。前回マン・オブ・ザ・マッチを受賞したのは、カラバオカップのルートン・タウン戦だ。

SPONSORED LINK

マン・オブ・ザ・マッチ投票結果

1. アンソニー・エランガ 26%
2. ドニー・ファン・デ・ベーク 22%
3. フアン・マタ 21%
4. アマド・ディアロ 10%
5. アクセル・トゥアンゼベ 9%

E2GINv8WEAEZWyQ

© Manchester United

<元記事: WHO WAS MAN OF THE MATCH AGAINST WOLVES?@マンチェスター・ユナイテッド公式サイト(英)

これはエランガにとって嬉しい受賞でしょ!

運動量もネガトラも含めて全体的に積極的だったし、ユナイテッドのDNAを受け継いでいるFWという感じがした。来シーズン、チャンスを貰う機会は多くは無いだろうけど、カップ戦あたりでチャンスもらえた時にはウルブス戦みたいに思い切りよくハードワークしてもらいたい!

SPONSORED LINK

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

よければコメントをお願いします

アドレスは必須ですが、非公開です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自分のアバターを設定したい方はお問い合わせからユーザー登録希望の連絡をください。

AD

Egypt
2023年12月版エジプト旅行記〜ピラミッドはデカかった

今回、ドーハからイギリス(マンチェスター)への旅行をカイロ空港トランジットで組んだため(ANAのマイルを使用)、ついでに...

150x150OT
2023年12月版マンチェスター旅行記&オールド・トラッフォード観戦記(主に料理の写真)

2017年以来となる夢の劇場ことオールド・トラッフォードでのユナイテッド観戦!今回は初の息子との2人観戦! イ...

title2023のコピー
クロアチア旅行2023 ザグレブ編その1

夏休みにクロアチア(ザグレブ、ドブロブニク)へ旅行に行きました。© マンチェスター・ユナイテッド情報局 行き先がク...

gettyimages-1640829872-612x612
最初の2失点で思わず気絶しかけたノッティンガム・フォレスト戦の選手評価

こっちのCKが相手の得点チャンスになってしまうのはもうやめよう。ホントにやめよう。アンドレ・オナナ 前半2分にタイ...

Squad number
登録届の提出最終日である金曜を前にまだ今シーズンの背番号が決まっていない4選手

もう新シーズンのスカッドの背番号を決める時間が無くなりかけてるんですけどー?© Getty Images ...

→もっと見る

  • 2024年6月
    Sun Mon Tue Wed Tue Fri Sat
    « Jan    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS


TOP ↑