*

ダロトが(たぶん)先発するサウサンプトン戦のスタメン予想

マンチェスター・ユナイテッドは先週の失意のクリスタル・パレス戦のプレーを払拭するポジティブなパフォーマンスを披露すべく、サウサンプトンへと遠征する。

SPONSORED LINK

NewImage

© Getty Images

アレクシス・サンチェスは深刻なハムストリングの負傷により来年まで離脱が予想される。ビクトル・リンデロフアントニオ・バレンシアマッテオ・ダルミアンも負傷により今日の試合は欠場する。

モウリーニョ監督は、ロメル・ルカクポール・ポグバをミッドウィークのヤング・ボーイズ戦のスタメンから外しており、彼らをこの試合でスタメンに戻すのかを決断せねばならない。

SPONSORED LINK

サムエル・ラックハースト

ジオゴ・ダロトを起用するなら、オールド・トラッフォードでのクリスタル・パレス戦かヤング・ボーイズ戦だった。アシュリー・ヤング大先生は、サウサンプトンが今シーズンまだホームで勝てていないとは言え、今日の試合でダロトよりも賢いセレクトになる。クリス・スモーリングフィル・ジョーンズはミッドウィークで良いプレーをしており、今日の試合で彼らから変えるというのは論理性を欠く。

フレッジジェシー・リンガードはヤング・ボーイズ相手に夢中でプレーし、ユナイテッドの攻撃をより流動的にした。ポグバはスタメンに戻さねばならないが、シティとのダービーではお粗末なパフォーマンスだったがマルアン・フェライニネマニャ・マティッチよりも機動性に優れたアンカーである。

モウリーニョ監督は、ルカクのようなフィニッシュをやらかしてしまったマーカス・ラッシュフォードに我慢強く辛抱すべきである。

     
  ラッシュフォード  
マルシャル   リンガード
     
  ポグバ フレッジ  
       
  エレーラ  
ショー   ヤング
     
  ジョーンズ スモーリング  
       
 
デヘア  
   
 

SPONSORED LINK

リアム・コーレス

モウリーニョ監督はダロトがこの試合でプレミアリーグでデビューすると明言しており、前大統領やショーとともに守備陣に入ることはほぼ間違いない。リンデロフの負傷によりCB枠が1つ空いており、ヤング・ボーイズ戦で印象的なプレーを見せたジョーンズが再び先発の座を掴むだろう。

マティッチは休養が必要であり、エレーラが中盤の底で起用される。リーグで最弱チームの1つであるサウサンプトン相手にこれ以上の守備的MFは不要だ。

前線では、マルシャルがポジションを移動させて中央でプレーするのが面白いと思う。ラッシュフォードは、モウリーニョ監督が9番でチャンスを与えと常にそのチャンスを活かせていない。マルシャルはイングランド代表よりもゴール前で落ち着いており、ユナイテッドは毎試合で数少ないチャンスを無駄にしている余裕は無いのだ。

     
  マルシャル  
ラッシュフォード   リンガード
     
  ポグバ フレッジ  
       
  エレーラ  
ショー   ダロト
     
  ジョーンズ スモーリング  
       
 
デヘア  
   
 

SPONSORED LINK

シャルロット・ダンカー

ファンはダロトのプレミアデビューを泣いて喜んでおり、相手がサウサンプトンってのもまさにおあつらえ向きである。ホームチームは今年ホームで戦ったリーグ戦で1勝しか上げられておらず、プレミアリーグでデビューさせるには完璧な機会と言える。

リンデロフはまだ離脱しており、勝利したヤング・ボーイズ戦で強固なプレーを見せたジョーンズをこの試合でも前大統領の側近として起用すべきである。

もう何週間も主張しているが、モウリーニョ監督はこの試合でマティッチを休ませるべきであり、エレーラを中盤3枚の底として起用すべきだ。ポグバとフレッジが残りの中盤センターとして出場する。

前線では、ミッドウィークの試合では絶好機をミスってしまったが、もう1度ラッシュフォードにCFとしてのチャンスを与えるべきである。

     
  ラッシュフォード  
マルシャル   リンガード
     
  ポグバ フレッジ  
       
  エレーラ  
ショー   ダロト
     
  ジョーンズ スモーリング  
       
 
デヘア  
   
 

Manchester United Adidas EA Sports Jerseyマンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Ander Herrera 21

<元記事:How Manchester United should line up vs Southampton @Manchester Evening News

この際だからペレイラにもチャンスを与えてもらいたいんだけど、スタメンは難しいかなあ。

フレッジが先発なら、フル出場はしなそうだから、フレッジとの交代でペレイラにも出場機会が与えられると良いなぁ。

あとはサンチェス負傷してるし、ラッシュフォードをベンチにジョーカーとして置きつつ、ルカクがスタメンに戻るような気がするけどなぁ。

SPONSORED LINK


まだあと少し応募申し込み受付中でーす!まだの人は是非!

present
【プレゼント企画2018】マタのサイン入りマッチデープログラムと試合スカーフ【それぞれ1名】

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

Comment

  1. セキジ より:

    バイリーいつになったらモウは出すのか?
    こんなことは言いたくないけどジョーンズが怪我したら次こそはバイリーが出るのか?
    それともロホでも出すのか
    CLのヤングボーイズ戦で良かったからって、次の試合先発で出てサウサンプトンなら完封できるかもしれないが、アーセナルでやられての繰り返しな気がする
    正直この前の試合のスモーリングのプレーで縦パスしただけで珍しいと言われるCBが試合に出てて恥ずかしい

  2. Ny より:

    正直モウリーニョには今年で退任して欲しいと思っている。全線にタレントが揃っているのに攻撃のオプションがあまり無さすぎる。ユナイテッドはやっぱりアタックアタックアタックであるべきだと思っている。フロントにはそこら辺も考えて監督の雇用も考えて欲しいな。

よければコメントをお願いします

アドレスは必須ですが、非公開です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自分のアバターを設定したい方はお問い合わせからユーザー登録希望の連絡をください。

AD

imageedit_2_5918691623-640x385
あまりのファーストタッチに、「お前はエミール・ヘスキーか」とバカにされる

ロメル・ルカクは、バレンシア戦は全くもって彼のベストゲームではなく、そのダメっぷりをまとめた動画がTwitter界隈で出...

NewImage.png
ペレイラがもっとプレーしたいという願望を語る

アンドレアス・ペレイラは、もっと出場機会をくれとジョゼ・モウリーニョ監督にメッセージを示した模様。 ©...

NewImage.png
ユナイテッドは”完璧なスター選手”の残留に必死のパッチ

マンチェスター・ユナイテッドのMFフアン・マタは新たな契約を提示されるべきであり、それは彼が完璧なスカッド選手である...

NewImage.png
BBC解説者がモウリーニョ監督の解任時期を予想

かつてはチェルシーでWGとして活躍したパット・ネヴィン氏は、ジョゼ・モウリーニョ監督はシーズン終了までマンチェスター・ユ...

NewImage.png
この試合で学んだことは何もないとバッサリ

ジョゼ・モウリーニョ監督は、バレンシアとのチャンピオンズリーグ・グループステージ最終節の後半にプレーレベルを改善させ...

→もっと見る

  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS

  • マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Alexis 7 プリント マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Pogba 6 プリント マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Lukaku 9 プリント マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Lingard 14 プリント マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Rashford 19 プリント マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Martial 11 マンチェスター・ユナイテッド ホーム ゴールキーパー シャツ 2018-19 - De Gea 1 マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Mata 8 プリント マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Ander Herrera 21 マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Shaw 23
TOP ↑