*

ルーニーの負傷の具合

公開日: : 2013-2014シーズン ,

イングランド代表FWウェイン・ルーニーはW杯予選を欠場することになった原因の負傷の具合についてfacebookのアカウント上にアップ。少々グロいので見る方は自己責任で続きを。

SPONSORED LINK

20130905Rooney_injury

ルーニーは今週のイングランド代表発表から漏れた件について、サポーターからの質問に答える形で写真を掲載。

ウェイン・ルーニー@せっかく植えなおしたところなのに
一部の人はイングランド代表に呼ばれなかったことを疑問にもっているみたいだけど、事実は2試合欠場しなければいけないってことさ。

W杯予選を突破できるように手助けしたいって気持ちに変わりはないよ。俺はみんながこの写真を見れくれればプレーできないってことを分かってくれると思う。

イングランド代表でチームメイトであるテオ・ウォルコットはホラー映画か何かのようだとコメント。

イングランド代表はモルドバ、そして2ポイント差で1位をキープしているウクライナとの2連戦を迎える。

ルーニーはチェルシーからのオファーがあったが、移籍市場が閉まった今、ユナイテッドに留まった。

しかし、代表84試合で36ゴールを奪っているルーニーが怪我をしたことで、代表の命運はユナイテッドでチームメイトであるウェルベックとリヴァプールのスタリッジに委ねられることとなった。

<元記事:England and Manchester United forward Wayne Rooney releases head injury photo |SkySports

これは・・・どんだけPJの頭が硬いんだよ。ルーニーの脳天パッカーンしちゃってるじゃん!

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

Comment

  1. masa より:

    >これは・・・どんだけPJの頭が硬いんだよ。
    ジョーンズのスパイクが当たったみたいですよ、裂傷傷ですし (下記参照)

    http://www.manutd.jp/ja-JP/NewsAndFeatures/FootballNews/2013/Sep/Jones-to-miss-qualifiers.aspx
    >「完全なるアクシデントだった。練習中ジョーンズが足を上げたところにウェインがいて、額に当たってしまった」

    • 赤いクマー 赤いクマー より:

      masaさん、コメントありがとうございますm(_ _)m

      PJのスパイクが当たっての負傷だったんですね。
      てっきり頭と頭がゴッチンコしたもんだと・・・ろくに記事を読んでませんでした。

よければコメントをお願いします

アドレスは必須ですが、非公開です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自分のアバターを設定したい方はお問い合わせからユーザー登録希望の連絡をください。

AD

Bruno Fernandes
2-0にしてからの逃げ切り方に改善の余地ありだったヴィラ戦の選手評価

後半に2-0として突き放すところまでは素晴らしい展開だっただけに、ベンチに試合を終わらせられるタイプのMFが揃っていれば...

IMG_0851.JPG
【PL】第20節 アストン・ヴィラ戦

エランガがいるところを考慮すると、これはシステム的にはフェルナンデスがトップ下に入る4-2-3-1の形かな? ...

NewImage.png
苦戦した月曜日の同じ轍を踏んで欲しくないヴィラとのリーグ戦のスタメン予想

マンチェスター・ユナイテッドは、土曜夜のアストン・ヴィラとの試合に向けてバーミンガムに旅立った。 ユナイテッド...

Ralf_talk.png
ラングニック「ヘンダーソンとの修羅場トークを暴露してみた件」

マンチェスター・ユナイテッドのGKディーン・ヘンダーソンは、霧で見えない将来に直面している。© Caughtoffs...

NewImage.png
カップ戦は欠場したけど明日のプレミアリーグのヴィラ戦はロナウド出場OK

クリスティアーノ・ロナウドは、土曜日のプレミアリーグのアストン・ヴィラ戦に出場可能である模様。© Getty Ima...

→もっと見る

  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS


TOP ↑