*

チェルシーがルーニー獲得で大筋合意か

20130801Rooney-Chelsea去就が不透明なマンチェスター・ユナイテッドのウェイン・ルーニーはユナイテッドを離れこの夏にチェルシーに移籍することを許可されるようだが、それはユナイテッドがビッグネームを獲得できてからになる模様。

SPONSORED LINK

モイーズ監督はルーニーを説得しようと複数回に渡り二人で話し合ったが、ルーニーは自身の将来がもうユナイテッドにはないと感じており、新しいチャレンジをするためにクラブを離れると決心していたため、モイーズ監督はエド・ウッドワードCEOと会談を行った。

その結果、ルーニーがライバルであるチェルシーへ移籍することをユナイテッドが許可するという物議を醸す事態が起こる前に、ユナイテッドが大金を投じてビッグネームを獲得することをファンにまず示して、最初の注目イベントをそちらにすることを優先することに。

しかしながら、チェルシーはルーニーの移籍についてユナイテッドと既に3500万ポンド(約52億円)で合意していると考えられており、ルーニーとも個人条件で合意しており、週給20万ポンド(約3000万円)の5年契約という給料となる模様。

モウリーニョは繰り返し公の場でルーニー獲得が最優先事項だと明言しており、不足している攻撃陣のオプションを増やし、トーレス売却にも青信号がともるだろう。

アブラモビッチはルーニー獲得のための資金を惜しまず、ルーニーの要求する給料も飲むつもりであり、チェルシーオーナーはリーグタイトル争いからもチャンピオンズリーグからも早々に敗退してしまった昨シーズンの苦い記憶を忘れ去りたいと思っている。

<元記事:caughtoffside.com

ファギーが最後に残した負の遺産(ルーニーのスタメン外し&移籍志願発言)でルーニーを失う結果になりそう。まぁ、スタメン外しまでは致し方ないかなっていう感じもしたけど、その後のフォローをもう少し上手くやれてれば違った状況になっていたかも・・・。守備しないロナウドの犠牲になったり、ロナウドが抜けた後に一人で切り盛りしたりと頑張ってくれたルーニーの最後がこんな感じで出て行っちゃうのは残念でしょうがない。

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

次の記事
AIK戦のPPV実施

よければコメントをお願いします

アドレスは必須ですが、非公開です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自分のアバターを設定したい方はお問い合わせからユーザー登録希望の連絡をください。

AD

gettyimages-1421651234-612x612
レアル・ソシエダとのヨーロッパリーグ開幕戦のスタメン予想

ここか?ここでローテなのか?Embed from Getty Imageswindow.gie=window.gie...

0b936b3c4e308ccca8adbd6dc8e74679.png
アーセナル戦のマン・オブ・ザ・マッチは2G1Aの我妻善逸

マンチェスター・ユナイテッドのアーセナル戦のマン・オブ・ザ・マッチが今、明かされる! この試合もチームとして団結し...

NewImage.png
アントニー砲と伝家の宝刀ラッシュの霹靂一閃で勝利したアーセナル戦の選手評価

しばらく練習ブッチしてたのにいきなりの先発、しかもアーセナルとのビッグゲームということで不安もあったアントニーがいきなり...

FbY8FSWX0AAFR4w
リヴァプール戦みたいに気合バチバチの試合をしてくれると期待しているアーセナル戦のスタメン予想

日曜午後のオールド・トラッフォードに、首位アーセナルを迎え撃つ!© Getty Images ユナイテッ...

FbmnGbHXwAIPurR
ジェームズ・ガーナー完全移籍ムーブに対する個人的見解

カゼミーロ獲得という実力間違いないトップクラスを獲得したことが、ジェームズ・ガーナーの完全移籍の決定打になったんじゃ...

→もっと見る

  • 2022年10月
    Sun Mon Tue Wed Tue Fri Sat
    « Sep    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS


TOP ↑