*

ゼニトSBクリシートをエブラの後釜に検討か

公開日: : 2013-2014シーズン ,

Zenit St Petersburg v FK Amkar Perm - Premier League Sports Direct Newsによると、マンチェスター・ユナイテッドのモイーズ監督はゼニト・サンクトペテルブルグのSBドメニコ・クリシートをベテランLSBパトリス・エブラの後継者としてリストアップした模様。

SPONSORED LINK

イタリア代表のクリシートはキャリアでもっとも良い3年間をロシアで過ごしており、クリシートにはセリエAのフィオレンティーナも興味を示している。

ユナイテッドは未だレアル・マドリーのファビオ・コエントランをファーストチョイスとしているが、クリシートはロシアリーグからの移籍を本人が明らかにしている。

27歳のクリシートはエブラの理想的な後継者として考えられており、ダ・シルヴァ双子の片方のファビオはファーストチームのレギュラーに定着できておらず、遺跡の噂も出ている。

クリシートはイタリア代表として21試合に出場しており、記事ではユナイテッドがクリシートの移籍の可能性についてクラブ側に確認を取ると報道されている。

<元記事:caughtoffside.com> クリシートって長友にレギュラー争いで敗れてプレミアリーグとか色々なところに出されていた選手?

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

Comment

  1. ちーかわ より:

    クリーシトはジェノアからゼニトだったと思います。
    僕の知ってるクリーシトはCB起用だったんですが、いつのまにかSBになってたんですね。
    もしかして元々SBだったんですかね?笑

  2. ちーかわ より:

    あれ、クリーシトじゃなかった。笑
    クリッシトでした。

    • 赤いクマー 赤いクマー より:

      ちーかわさん、コメントありがとうございます。

      長友のライバルだった選手でチェゼーナに入れ替わりで行った後でニューカッスルに移った選手はサントンでしたw
      Criscitoは日本語で表現するとクリシートとかクリッシトとかと書かれるみたいですね。
      ポジションは左利きなのでLSBをやったり、ジェノア時代はLMFでもプレーしていたようですね。

よければコメントをお願いします

アドレスは必須ですが、非公開です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自分のアバターを設定したい方はお問い合わせからユーザー登録希望の連絡をください。

AD

e1517b5fc8af0d695775a2b1097315b5.jpg
海外でどうやって美味しく米を炊くのか、それが問題だ!【一人暮らし編】

現在、カタールに単身で海外赴任しているため、食生活は基本的に自炊です。そして、その自炊生活を助けてくれているのが日本...

AnyConv.com__FJ-8BPGWYAQprff
[公式] アントニー・マルシャルがセビージャに今シーズンいっぱいローン移籍

マンチェスター・ユナイテッドのFWアントニー・マルシャルが、2021-22シーズンの残りの期間、セビージャFCに期限付き...

skysports-anthony-martial-manchester_5644901
セビージャが今シーズンいっぱいのローン移籍でマルシャル獲得に合意か

オールド・トラフォードで週末に行われたウエストハム・ユナイテッド戦でカギを握る活躍をしたアントニー・マルシャルは出場...

0_GettyImages-1366259857
ラルフ・ラングニックは既にオーレ・グンナー・スールシャールの二の舞を回避している

土曜日にオールド・トラッフォードで行われたウエストハム・ユナイテッド戦のマンチェスター・ユナイテッドのスタメンを見た...

NewImage.png
マーフィー氏はラッシュフォードが違いを生んだと絶賛【マルシャルも印象的だったとコメント】

かつてリヴァプールやイングランド代表でMFとして活躍したダニー・マーフィー氏は、マンチェスター・ユナイテッドが1-0...

→もっと見る

  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS


TOP ↑