*

リンデロフの負傷でシステム変更するのか気になるアタランタ戦のスタメン予想

マンチェスター・ユナイテッドは、火曜夜にアタランタとのチャンピオンズリーグの試合を行うためにベルガモに乗り込んだ。

SPONSORED LINK

FDH8tutX0AECO1C

© Manchester United

ユナイテッドは苦しい10月を過ごし、リヴァプール戦の5-0黒星でスールシャール監督の去就も騒がしくなったが、トッテナム戦で3-0の勝利をしたことでとりあえずは延命している。

リヴァプール戦の敗北によって変更を加えることは不可避なことであり、スールシャール監督はロンドンでのスパーズ戦では3-5-2に変更。これは、スールシャール監督が競合相手に使ってきた唯一の変更オプションだ。

スールシャール監督はシンプルに結果を必要としていたが、システム変更はすぐに結果が出た。

ユナイテッドは今度はチャンピオンズリーグの試合でアタランタと対戦するためにイタリア入りしている。

SPONSORED LINK

サムエル・ラックハースト

土曜日の勝利の後でフォーメーションを変える理由などなく、特にアタランタも3バックであり、土曜日のシティとのダービーでも同じシステムのままである可能性もある。

ビクトル・リンデロフ不在によりスールシャール監督は他の22名から選出する必要がある。望まないエリック・バイリーアレックス・テレスのどちらかを起用せざるを得ない。テレスの方がバイリーよりは未来が残っているので、ショーがCBの位置に移動するだろう。

ネマニャ・マティッチフレッジのパートナーとして信頼たり得る。スコット・マクトミネイは土曜日の出場に回るだろう。エディンソン・カバーニは土曜日の先発のためにここでは取っておくべきであり、マーカス・ラッシュフォードは今よくゴールを奪えている。

               
  ラッシュフォード ロナウド  
       
  フェルナンデス  
     
  マティッチ フレッジ  
       
テレス   ワンビサカ
     
  ショー        ヴァラン        マグワイア  
       
 
デヘア  
   
 

SPONSORED LINK

タイロン・マーシャル

マンチェスター・シティ戦が控えているだけにここで選手をいじりたい誘惑にかられるが、(どうせリーグ戦は出られない)ポール・ポグバを先発復帰させ、負傷しているリンデロフの代わりの選手を入れる以外は同じメンバーで挑んで勢いをつけたい。

トッテナム戦で3CBは上手く機能した。同じシステムのアタランタとのマッチアップを考えてこの試合でも3バックにするのは合点のいく話。スールシャール監督は今シーズン滅多にバイリーを起用しないが、リンデロフの代わりにヴァラン、マグワイアと一緒にプレー可能だ。アーロン・ワン・ビサカはWBとして良いパフォーマンスを披露してくれた。

土曜日の試合での中盤の構成は予想とは少々違うものだった。これならポグバにも合うだろう。マクトミネイは週末のプレーを考慮すれば引き続き中盤の深い位置で先発継続に値する。一方フェルナンデスは普段よりも少々低い位置でプレーしていた。ポグバとフェルナンデスが8番の位置でプレーする可能性がある。

カバーニとロナウドはどちらもスパーズ戦では早めに交代し、休養している感じだった。なのでイタリアの地でもイケオジコンビ継続は理に適っているだろう。

               
  ロナウド カバーニ  
       
  ポグバ フェルナンデス  
     
  マクトミネイ  
       
ショー   ワンビサカ
     
  マグワイア        ヴァラン        バイリー  
       
 
デヘア  
   
 

FDIHNFmWQBcQ2Wq

© Manchester United

リッチ・フェイ

ユナイテッドの新たなジレンマは、勝利の方程式を見出したものの、週末に今シーズンのリーグ戦を決定づけるシティとの大一番が控えるために選手のコンディションを考えて変更を加えないといけないことだ。

ショーはここ数週間プレーが良くなく、新たなシステムではCBの方がフィットするかもしれない。そうなると、LWBにはこのシステム変更の恩恵を受けそうにないテレスが入ることになる。

ポグバは国内リーグ戦ではあと2試合出場できないため、この試合でプレーしないといけない。隣にはマティッチを採用するのが妥当だろう。攻撃的な中盤としてフェルナンデスの先発は迷う理由などない。

カバーニをフレッシュな状態に保つために、ベテランの代わりにラッシュフォードを先発にしたい。ロナウドは先発するが、理想なのは首尾よく試合を進めて60分過ぎに彼をベンチに引っ込める展開だ。

               
  ラッシュフォード ロナウド  
       
  フェルナンデス  
     
  マティッチ ポグバ  
       
テレス   ワンビサカ
     
  ショー        ヴァラン        マグワイア  
       
 
デヘア  
   
 

スティーブン・レイルストン

変えざるを得ない変更以外で、週末にトッテナムを3-0で下したチームをスールシャール監督がいじるとは考えにくい。

ポグバはリヴァプール戦のレッドカードでスパーズ戦は出場停止だったが、コンビ「マクフレ」はチームにエネルギーを与え、中盤で適切な守備的カバーが出来ていたため、彼らの連携を邪魔するのは愚策となる可能性があるだろう。

ユナイテッドが今シーズン連勝したのは一度のみで、ウルブス戦とニューカッスル戦だけ。変更せずにイタリアの地で勝利を収め、喉から手が出るほど欲している勢いを得たいところだ。

カバーニはトッテナム戦で素晴らしかったので、連続での先発出場に値するだろう。

               
  ロナウド カバーニ  
       
  フェルナンデス  
     
  フレッジ マクトミネイ  
       
テレス   ワンビサカ
     
  ショー        ヴァラン        マグワイア  
       
 
デヘア  
   
 
<元記事:How Manchester United should line-up against Atalanta in Champions League fixture@Manchester Evening News

MENの記者全員が3バックシステム維持と予想しているのが逆に怖いw

へっぽこギャンブラーみたいにスールシャール監督が裏をかこうと4バックに戻したりしてw

ショーをCBにするのはテレスの機動性がちょっと不安。でもバイリーが久々にプレーするってのも大いに不安。ショーが2人欲しい。

シティ戦もコンディション問題ないならカバーニ先発継続してもらいたい。でもミッドウィークの試合含めた3試合連続先発出場は流石に厳しいか。ラッシュフォードも復帰後コンスタントにゴールは奪えているし、ここで任すのもありだと思う。

中盤2枚は難しい。手堅いパフォーマンスしてくれる選手が少ないし。フレッジも酷い時は目も当てられないし、ポグバはリヴァプール戦で目が死んでるような顔つだったのが気になる。マクトミネイも静かな時は無風で終わるし。

SPONSORED LINK

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

よければコメントをお願いします

アドレスは必須ですが、非公開です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自分のアバターを設定したい方はお問い合わせからユーザー登録希望の連絡をください。

AD

Ralf Rangnick
ランゲニックの暫定監督就任はユナイテッドサポを楽しみな気持ちにさせました

マンチェスター・ユナイテッドは、就労ビザの取得後、ラルフ・ラングニックを今シーズン終了までの暫定監督に任命したことを...

NewImage.png
フレッチャーの耳を通して何らかの指示が出ていたかもしれないチェルシー戦の選手評価

前線からのプレス、コンパクトな陣形、球際での戦う姿勢。まだ差は歴然だけど、少なくとも見失っていたものを再び見いだせた...

IMG_0491.JPG
[PL] 第11節 チェルシー戦

ショーは間に合わず!ロナウドを外しての4−4−2採用か?  2021/22プレミアリーグ 11節...

gettyimages-1355512513-612x612
キャリック代理監督のもとで臨むチェルシー戦のスタメン予想

マンチェスター・ユナイテッドはマイケル・キャリック代理監督のもとでプレミアリーグのチェルシー戦でも再び勝利を狙ってい...

NewImage.png
ポール・マーソン「今すぐポチェッティーノを引っ張ってこいよ!」

ポール・マーソン氏は、マンチェスター・ユナイテッドのマウリシオ・ポチェッティーノ獲りの動きを批判し、ラルフ・ラングニ...

→もっと見る

  • 2021年12月
    Sun Mon Tue Wed Tue Fri Sat
    « Nov    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS


TOP ↑