*

プレミアリーグのここまでの守備だとユナイテッドは1位

公開日: : プレミアリーグ17 ,

守備の観点で見て、プレミアリーグで最も優れているチーム…それはマンチェスター・ユナイテッドだ!

SPONSORED LINK

IMG_7623

© Getty Images

マンチェスター・シティは26試合を終えた時点で69ポイントをたたき出して、プレミアリーグをリードをぶっちぎっている。

ライバルであるマンチェスター・ユナイテッドは56ポイントで2位につけているが、昨年度王者のチェルシーは4位に沈んでいる。

SPONSORED LINK

そして、順位表で2位に13ポイントもの差をつけているので、ペップ・グァルディオラ監督率いるシティが守備のデータ上でもリーグを支配しているとしても何の驚きもないだろう。

だが、興味深いことに、シティは守備のデータ(1試合あたりの失点率)で並べ替えると首位ではないのである。

(データはSportsMoleによるもの)

SPONSORED LINK

No.チーム名失点失点/
試合
クリーン
シート数
 1 マンチェスター・U  18 0.6915
 2 マンチェスター・C  19 0.7312
 3 バーンリー  23 0.8810
 4 チェルシー  23 0.8813
 5 トッテナム  24 0.9211
 6 リヴァプール  31 1.1910
 7 アーセナル  35 1.359
 8 ブライトン  35 1.358
 9 レスター  35 1.357
10 ニューカッスル  36 1.385
11 ボーンマス  37 1.425
12 スウォンジー  37 1.427
13 WBA  37 1.427
14 サンサンプトン  38 1.465
15 クリスタルパレス  39 1.505
16 エヴァートン  45 1.736
17 ワトフォード  45 1.736
18 ハダースフィールド  46 1.777
19 ウエストハム  46 1.776
20 ストーク  52 2.004

<元記事:Premier League stats: Every team ranked by best defence so far this season – Man Utd top@Daily Express

守備は素晴らしいっていうか、デ・ヘアが素晴らしい。

でも、堅固さでシティを上回っていても、勝ち点では13も差をあけられているのが現実。。。

理想は今のこの守備の強固さを維持したまま得点力をUPさせることだけど、それが出来ないのであれば、今のこの守備力をダウンさせてでも攻撃的な戦い方を出来るようになるか、攻撃のクオリティーを上げないといけない。

ビッグゲームでリトリートしてお互いの攻撃チャンスを最小化したとしても、一回のチャンスを活かして勝利をもぎ取れる強さが欲しい。

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

Comment

  1. ほくろ より:

    モウリーニョのチームらしい結果です。誇らしいです!
    あとは相手がプレスしてきた時に逆サイドにフィードしてプレスを封じたり、CBからの直接のアシストが出来るようになれば攻守両面で世界最高のチームになれる可能性を秘めていますね!

    だからこそCBの補強は急務です!

  2. b.j より:

    マンチェスターユナイテッド以前のモウリーニョのことしないんですけど、元から守備的なサッカーする監督何ですか?
    自分的にはデヘアという最強の守護神がいるのでもっと攻撃的なサッカーしてほしいです

    • ライダー より:

      モウリーニョ知らないって珍しいですね
      ポルト、第一次チェルシーはかなり攻撃的だったかと
      インテル時代はモダンフットボールの完成形ともいわれてました
      レアル時代はハイラインハイプレスのショートカウンターで大量得点チーム
      第二次チェルシー政権もかなりバランスのいいチームだったと思います

      バス停めることが注目されるので守備的っていわれますけど、バランスの監督だと思いますよ
      というか、勝利至上主義の監督なので、効率重視のタイプです
      ウィキ見るのがいいんじゃないですか?とてつもない経歴の持ち主

      • b.j より:

        なるほど!
        常に守備的なわけではなく、チームにあったフォーメーションにしているわけですね!!
        だから必要な人材さえ取れれば得点は上がると考えて良さそうですね^_^

      • b.j より:

        なるほど!
        常に守備的なわけではなく、チームにあったフォーメーションにしているわけですね!!
        だから必要な人材さえ取れれば得点は上がると考えて良さそうですね^_^

  3. ニャンコスターUTD より:

    正しく管理人さんのおっしゃる通り、デ・ヘア様々ですよね笑
    つまりデ・ヘアには何としても残留して頂かなければ!
    最高年俸を出して当然の選手ですよウッディー!笑
    デ・ヘア残留にDFラインのテコ入れができれば間違いなく堅守のチームにはなると思います。尚、攻撃は…。

  4. ポールバイポール より:

    仰る通りで守備の出来が表れてる数字じゃないんですよね

  5. voo より:

    モウリーニョ以前と違いデヘア頼みのチームではなくなってるのはこの間のデヘアセーブする必要ほとんどなしみたいな試合でも明らかと思います。
    またセーブの時もDFがしっかり体を投げ出してコースを限定することとかをモウリーニョが徹底してるがゆえなので。

  6. おでん より:

    どっかでみたけどたしかシュートを弱小クラブ並みに打たれてるんですよね

  7. わっふる より:

    数字を見れば明らか。守備についてモウリーニョ以上の監督なんていないよ。
    ここのコメントでどこかの誰かは違うこと言ってたけどw
    チェルシーの時のように土台はかたまってきたから、ユナイテッドはここから黄金期を迎える!

  8. アンディ より:

    モウリーニョらしいデータですね。守備的だと言われていますが、これだけ数字に表れるのも凄いですね。まあデ・ヘアのおかげなんだけどね…ということで何度も言ってますが、この守備をより強固にする為に、というかデ・ヘア頼みのDF陣をなんとかする為に優秀なCBを獲得して欲しいです。守備はもちろん、ビルドアップなどが上手く組み立てにも貢献できる選手が良いです。

  9. バーボン より:

    確かにデヘア様のおかげな部分もありますね。ちらっと浮かぶだけでも、対ストーク、リヴァプール、アーセナルのスーパーセーブなんかはデヘアじゃなければ失点していたでしょう。
    とはいえ、チームとしての守備はシーズン通して安定してると思います。後はビルドアップできるCBとDMFがいれば更に安定すると思います。スモーリング、PJ、ロホも好きではあるんですがリンデロフが適応して成長するのとバイリーが待ち遠しいですね。

  10. ルイスカルロス より:

    僕は純粋なCBの補強は必要ないと思います。よっぽど好条件でなければ。
    プレミアリーグは適応に難しいですし、何よりユナイテッドは駒は揃ってます。補強するとしたらダイアーですかね
    それよりはCMFとRSBでしょう。低い位置からのアーリークロスも深くえぐってのクロスもできる体の強い選手。
    PSGのムニエなんか取れたら最高なんですけどね

  11. スミシー スミシー より:

    CBよく批判されてるけどPJなんかテリーばりに体張ってユナイテッドを何度も救ってくれてますよね♪
    強いて言うならPJとスモのビルドアップに難ある2人をコンビにしないでそこそこ出来るロホかリンデロフと組ませた方がより良くなるんじゃないかな〜。

  12. ヒロ より:

    CBは怪我人を考慮しなければ質量ともに充実してますから、自分も無理して補強に動く必要はないと思ってます。最近はPJもコンスタントに稼働できるようになりましたし。
    …まあスモーリングとロホは立場怪しい気もプンプンするので彼らが放出されるなら別ですが、さしあたってはMFのほうが優先かなと。

  13. ライダー より:

    獲得できるならアルデルヴァイレルトにしてほしい
    バイリーは確定、残りは不安
    リンデロフがフィットすればいいですが欲を言えばもう一枚ほしい
    上記の3人にPJがいればだいぶ陣容をいいと思いますが

    デヘアの活躍はもちろんですが、彼が観客になってる試合も多いですよ

  14. tomo より:

    モウの戦術は、攻撃時にも守備に充分な人数を掛けてるのと、守備時にはラインをある程度低くしてスペースを埋めてるあたりが堅守の要因だと思うな。

    バイリーがいなくなってから、デ・ヘアの出番が増えた印象だけど、総じて守備はストロングポイントだと思う。

  15. tomo より:

    モウの戦術は、攻撃時にも守備に充分な人数を掛けてるのと、守備時にはラインをある程度低くしてスペースを埋めてるあたりが堅守の要因だと思うな。

    バイリーがいなくなってから、デ・ヘアの出番が増えた印象。トップ6との対戦では結構やられてるのが課題かな。

  16. ぷりん より:

    やっぱりチームワーク建て直すためには守備が大事ですからね。よく批判されたりもしますが、リトリートしての守備だって単純に引いただけで成立するかと言えば、当然そんなことないわけで。才能や戦術が必要なんですよね。アーセナル戦などの例外は除いて、デ・ヘア以外のGKだったら失点してたというシーンも少ないと思います。ワールドクラスのCBとボランチを獲得できれば、デ・ヘアでなくとも失点数は更に減ると思いますね。ウッドワードと団結して頑張って欲しいです(笑)

よければコメントをお願いします

アドレスは必須ですが、非公開です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自分のアバターを設定したい方はお問い合わせからユーザー登録希望の連絡をください。

AD

NewImage.png
雑魚専先生があと2年でベルギー代表卒業?

マンチェスター・ユナイテッドのFWロメル・ルカクは、今後2年以内に代表から身を引くことを匂わせた模様。ってことは20...

skysports-dan-ashworth-fa-manchester-united_4390935
TD候補にFAのアッシュワース氏とRBライプツィヒのミッチェル氏も仲間入り

マンチェスター・ユナイテッドは、オールド・トラッフォードに新たに設けようとしているテクニカル・ディレクターの役職の候補と...

Lindelof-1462454
リンデロフは自分がレギュラーに値することを証明すべく鼻息荒め

ビクトル・リンデロフは完璧な夏にすることを目指しており、ジョゼ・モウリーニョ監督に「笑止!新たなCBなんぞ不要である...

ManUtd-1003962
皆さんこのポーズがマネ出来ますか?

マンチェスター・ユナイテッドのファンは、選手たちがドレッシングルームでやっている遊びに首ったけ。© INS...

ee48929f96d46e31a980f6ee4d12d42f.png
【公式】GKキーラン・オハラがマクルズフィールド・タウンにローン移籍

マンチェスター・ユナイテッドのU-23のGKキーラン・オハラは、リーグ2に昇格したマクルズフィールド・タウンに1シー...

→もっと見る

  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS

  • マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Alexis 7 プリント マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Pogba 6 プリント マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Lukaku 9 プリント マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Lingard 14 プリント マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Rashford 19 プリント マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Martial 11 マンチェスター・ユナイテッド ホーム ゴールキーパー シャツ 2018-19 - De Gea 1 マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Mata 8 プリント マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Ander Herrera 21 マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Shaw 23
TOP ↑