*

ウェルベックの膝は無問題

公開日: : 最終更新日:2014/04/24 2013-2014シーズン, プレミアリーグ ,

マンチェスター・ユナイテッドのモイーズ監督は、心配されたFWダニー・ウェルベックの膝の状態については問題無いとコメント。

SPONSORED LINK

3-1で勝利したウェストハム戦の後半早々に交代した為、10月、11月の試合を欠場した原因となった、膝の負傷が再発したのではないかと心配されていた。しかしモイーズ監督は、23歳のストライカーが深刻な負傷を負ったわけではないと明らかに。

Welbeck

膝に相手の足が当たっただけ。試合後はどういう状態だったのかわからなかった。最近まで膝に問題を抱えていたが、今回のは相手のキックが入っただけだ。練習にも参加しているので、試合にも出場出来ると思う。けがが再発したかと思い心配したが、キックが膝の皿部分に当たっただけだった。骨には異常はない。
ロビン・ファン・ペルシーが欠場している為、ウェルベックには最前線でプレーする機会が与えられている。好調を維持するマンチェスター出身FWに対し、モイーズ監督は今後もゴールを量産することを期待。

ダニーは素晴らしい選手。彼には素晴らしいゴールスコアラーになってもらいたい。最近は3試合で3ゴールを取っているので、良い状態にある。今後は更にレベルを上げてもらいたい。
12月7日のニューカッスル戦以降欠場を続けているネマニャ・ヴィディッチの状態も懸念されているが、監督は以下のように説明。

ヴィダ(ヴィディッチの愛称)は大丈夫だ。少し前に喉の痛みを訴えていて、練習に復帰してから軽い負傷を負ったので、慎重に状態をみないといけなかった。彼は大丈夫。

<元記事:マンチェスター・ユナイテッド公式サイト

ウェルベックが最前線に入って結果が出ているので今日の試合でもそのまま行くだろうね。サイドはヴァレンシア&ヤヌザイか、ヴァレンシア&香川が久々あるかな?

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

よければコメントをお願いします

アドレスは必須ですが、非公開です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自分のアバターを設定したい方はお問い合わせからユーザー登録希望の連絡をください。

AD

Tottenham Hotspur v Leicester City - The Emirates FA Cup Third Round
スパーズがトレードを検討でユナイテッドがローズ獲得レースでリード?

マンチェスター・ユナイテッドは、この夏でのトッテナムLSBダニー・ローズ獲得レースでポールポジションにおり、スパーズ...

Man-Utd-transfer-news-AC-Milan-Gianluigi-Donnarumma-810731.jpg
ドンナルンマの交渉で曲者ライオラ氏が暗躍?

マンチェスター・ユナイテッドは、ACミランの神童GKジャンルイジ・ドンナルンマのこの夏の獲得において良い知らせを受けてい...

GettyImages-512313492.jpg
ローン移籍を目指すリーガン・プール

マンチェスター・ユナイテッドのDFリーガン・プールは、来シーズンにローン移籍出来たらそのチャンスを楽しみたいと認めた模様...

658394512.jpg
ジェンギズ・ウンデル獲得レースでトッテナムに敗れる?

トルコでの報道によると、ジェンギズ・ウンデルは、この夏に800万ポンド(約11億円)でトッテナムに加入することになった模...

Manchester-United-News-Paul-Pogba-Jesse-Lingard-810317.jpg
ポグバと再会できてこの世の春を生きてます

マンチェスター・ユナイテッドのジェシー・リンガードは、今シーズンはポール・ポグバと再会できて夢見心地だったことを認めた模...

→もっと見る

  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS

  • Widget powered by WhatstheScore.com

  • マンチェスター・ユナイテッド アウェイシャツ   2017-18 マンチェスター・ユナイテッド アウェイシャツ   2017-18 - 長袖 マンチェスター・ユナイテッド アウェイ ゴールキーパーシャツ   2017-18
TOP ↑