*

ついにエヴァートンLSBベインズ獲得なるのか

Leighton-Baines Daily Starによると、マンチェスター・ユナイテッドはエヴァートンLSBレイトン・ベインズ獲得のため2000万ポンド(約33億円)のオファーを提示する模様。

SPONSORED LINK

この夏に出した28歳のベインズ獲得オファーは失敗に終わったが、この記事によればエヴァートンのマルティネス監督もエヴァートンの評価額に似合うオファーが来れば移籍可能であるとの見解を示しており、モイーズは古巣であるエヴァートンからついにベインズを獲得できる模様。

マルティネス監督@ベインズの移籍に関して
私の答えはシンプルだ。選手が欲しい時にはその選手の評価額を理解せねばならない。本当に欲しい選手がいた場合には、その評価額に似合ったオファーを出さなければならない。

そして選手が決断するんだ。ベインズに関して言えば、これまで我々の評価額にマッチしたオファーというのは届いていないよ。

我々は金は必要ない。収支を安定させるために売却する必要はないんだ。それがベインズを売りたくない理由だよ。我々はビジネスとしての損得ではなく、フットボールとして選手の売却を判断できる。この点に関しては我々はとても強固であり、他の選手についても同様のことが言えるね。

もしもわれ輪のクラブの選手が欲しいのならば評価額に似合うオファーを提示せねばならない。しかし、ベインズは我々の主要な選手であり、ファンからはクラブのシンボルにもされている。私は彼にはフットボールを楽しんでもらって、ブラジルW杯に照準を絞ってほしいね。

我々はハードワークを続けるよ。

ユナイテッドはエブラが次の夏に故郷であるフランスのリーグ1に戻るとみられていることから後釜を探している。マルティネス監督はこのところベインズ抜きで戦っており、後継者のブライアン・オヴィエドのプレーに感銘を受けている。

<元記事:caughtoffside.com

とりあえず、ビュットナーでは厳しいしエブラは居なくなりそうなので誰か獲得しなければならないのは確か。レギュラー扱いになる選手なので実績も重視されるので、プレミアでやってるしモイーズとは旧知の仲のベインズがやっぱり本命なんだろうなぁ。

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

よければコメントをお願いします

アドレスは必須ですが、非公開です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自分のアバターを設定したい方はお問い合わせからユーザー登録希望の連絡をください。

AD

Thum
[カタールW杯] 短期滞在者にオススメのアクティビティ [ドーハ] その2

サッカー以外にも色々と楽しみたいよね、どうせなら。インドアスポーツ? ハリーファ国際スタジアムに隣接している3-2...

camel.jpg
[カタールW杯] 短期滞在者にオススメのアクティビティ [ドーハ] その1

ワールドカップ関連以外にオススメのアクティビティを紹介!砂漠ツアー 大人2人で16000円ぐらい。家族4人(子...

Ffs3TlRXkAAkJM9
諦めない姿勢がかつてのユナイテッドを思い起こさせたチェルシー戦の選手評価

試合終盤の防げたであろう不要なPK献上が決勝点になってライバルに3ポイントあげちゃうなんてやってないんでね!ダビド・デ・...

gettyimages-1421651234-612x612
レアル・ソシエダとのヨーロッパリーグ開幕戦のスタメン予想

ここか?ここでローテなのか?Embed from Getty Imageswindow.gie=window.gie...

0b936b3c4e308ccca8adbd6dc8e74679.png
アーセナル戦のマン・オブ・ザ・マッチは2G1Aの我妻善逸

マンチェスター・ユナイテッドのアーセナル戦のマン・オブ・ザ・マッチが今、明かされる! この試合もチームとして団結し...

→もっと見る

  • 2022年12月
    Sun Mon Tue Wed Tue Fri Sat
    « Nov    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS


TOP ↑