*

ついにエヴァートンLSBベインズ獲得なるのか

Leighton-Baines Daily Starによると、マンチェスター・ユナイテッドはエヴァートンLSBレイトン・ベインズ獲得のため2000万ポンド(約33億円)のオファーを提示する模様。

SPONSORED LINK

この夏に出した28歳のベインズ獲得オファーは失敗に終わったが、この記事によればエヴァートンのマルティネス監督もエヴァートンの評価額に似合うオファーが来れば移籍可能であるとの見解を示しており、モイーズは古巣であるエヴァートンからついにベインズを獲得できる模様。

マルティネス監督@ベインズの移籍に関して
私の答えはシンプルだ。選手が欲しい時にはその選手の評価額を理解せねばならない。本当に欲しい選手がいた場合には、その評価額に似合ったオファーを出さなければならない。

そして選手が決断するんだ。ベインズに関して言えば、これまで我々の評価額にマッチしたオファーというのは届いていないよ。

我々は金は必要ない。収支を安定させるために売却する必要はないんだ。それがベインズを売りたくない理由だよ。我々はビジネスとしての損得ではなく、フットボールとして選手の売却を判断できる。この点に関しては我々はとても強固であり、他の選手についても同様のことが言えるね。

もしもわれ輪のクラブの選手が欲しいのならば評価額に似合うオファーを提示せねばならない。しかし、ベインズは我々の主要な選手であり、ファンからはクラブのシンボルにもされている。私は彼にはフットボールを楽しんでもらって、ブラジルW杯に照準を絞ってほしいね。

我々はハードワークを続けるよ。

ユナイテッドはエブラが次の夏に故郷であるフランスのリーグ1に戻るとみられていることから後釜を探している。マルティネス監督はこのところベインズ抜きで戦っており、後継者のブライアン・オヴィエドのプレーに感銘を受けている。

<元記事:caughtoffside.com

とりあえず、ビュットナーでは厳しいしエブラは居なくなりそうなので誰か獲得しなければならないのは確か。レギュラー扱いになる選手なので実績も重視されるので、プレミアでやってるしモイーズとは旧知の仲のベインズがやっぱり本命なんだろうなぁ。

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

よければコメントをお願いします

アドレスは必須ですが、非公開です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自分のアバターを設定したい方はお問い合わせからユーザー登録希望の連絡をください。

AD

IMG_5061
ハメス・ロドリゲスはインテル入り間近?

インテルが、レアル・マドリーのハメス・ロドリゲスが獲得に迫っている模様。© Getty Images マンチェスタ...

Moura-Man-United-gossip-809904.jpg
ウィリアン獲得失敗を懸念してモウラ獲りに動き出す?

マンチェスター・ユナイテッドは、PSGのWGルーカス・モウラ獲得の動きを強める可能性がある模様。 © Getty ...

686444290.jpg
デ・ヘア奪うんなら3選手のうち1名をよこしやがれ

マンチェスター・ユナイテッドは、この夏にダビド・デ・ヘアのオールド・トラッフォード退団を許可する代わりとして、レアル...

Sergio-Romero-617602.jpg
ロメロはユナイテッドの正守護神にチャレンジする気満々

セルヒオ・ロメロは、マンチェスター・ユナイテッドを辞める気などサラサラ無く、ジョゼ・モウリーニョ監督のNo.1GKに...

Benjamin-Mendy-617642.jpg
メンディ獲得でライバルに勝利するため3900万ポンドのオファー?

マンチェスター・ユナイテッドを含むプレミアリーグ御一行は、モナコ所属のLSBバンジャマン・メンディのマンチェスター・...

→もっと見る

  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS

  • Widget powered by WhatstheScore.com

  • マンチェスター・ユナイテッド アウェイシャツ   2017-18 マンチェスター・ユナイテッド アウェイシャツ   2017-18 - 長袖 マンチェスター・ユナイテッド アウェイ ゴールキーパーシャツ   2017-18
TOP ↑