*

ブルックリン(ベッカムの息子)がユナイテッドでトレーニング

公開日: : 2013-2014シーズン

article-2482443-1A58F522000005DC-219_634x436 デイヴィット・ベッカムの息子であるブルックリン君は父親の足跡を辿ってマンチェスター・ユナイテッドでトレーニングを行ったんだとか。

SPONSORED LINK

14歳になった4人兄弟の長男ブルックリンは火曜日に父に連れられてキャリントンにあるユナイテッドの練習場に出現。ブルックリンは1月にチェルシーでトライアルを受けて、今はQPRのアカデミーでトレーニングを行っていおり、とりわけ9月にチャールトとのU-14の試合を行った際にはデニス・ワイズの息子であるヘンリーと仲がよさそうにしていた。

12歳になる二男のロメオ君はアーセナルのアカデミーでトレーニングを楽しんでいる。ベッカムの息子たちはベッカムに連れられて世界各地を回っており、ワールドクラスのズラタン・イブラヒモビッチやチアゴ・シルバのトレーニングも間近で見てきている。

実はブルックリンのスキルは以前オールドトラフォードで披露されており、ブルックリンは2歳の時に2001年のプレミアリーグ優勝時のセレモニーで父であるベッカムに連れられて”夢の劇場”の観衆の前に姿を現している。

ものすごいカメラマンの前にもかかわらず、ブルックリンは即興のゴールゲームでその才能を披露した。ブルックリンがキャリントンのトレーニング場に現れたのはマンチェスター・ユナイテッドのアカデミーに現時点で入団するためではないが、ユナイテッドはブルックリンの成長を間近で見ることが出来てうれしかっただろう。

Manchester Evening Newsが報じたところでは、ブルックリンはベッカムと一緒にいて、アカデミーの子らと一緒に練習を行ったとのこと。また、この機会を活かしていいプレーを見せればユナイテッドがリクルートするのは間違いないだろうとのこと。

<元記事:Daily Mail

どこの世界も2世は大変。ジダン息子はレアルらしいし、ベッカム息子たちははてさて?ロメオ君はガナファンなんだっけかな。ブルックリンはQPRやらチェルシーやらロンドン勢じゃなくて、親父と同じくマンチェスターを選んでほしいもんだ。

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

よければコメントをお願いします

アドレスは必須ですが、非公開です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自分のアバターを設定したい方はお問い合わせからユーザー登録希望の連絡をください。

AD

Thum
[カタールW杯] 短期滞在者にオススメのアクティビティ [ドーハ] その2

サッカー以外にも色々と楽しみたいよね、どうせなら。インドアスポーツ? ハリーファ国際スタジアムに隣接している3-2...

camel.jpg
[カタールW杯] 短期滞在者にオススメのアクティビティ [ドーハ] その1

ワールドカップ関連以外にオススメのアクティビティを紹介!砂漠ツアー 大人2人で16000円ぐらい。家族4人(子...

Ffs3TlRXkAAkJM9
諦めない姿勢がかつてのユナイテッドを思い起こさせたチェルシー戦の選手評価

試合終盤の防げたであろう不要なPK献上が決勝点になってライバルに3ポイントあげちゃうなんてやってないんでね!ダビド・デ・...

gettyimages-1421651234-612x612
レアル・ソシエダとのヨーロッパリーグ開幕戦のスタメン予想

ここか?ここでローテなのか?Embed from Getty Imageswindow.gie=window.gie...

0b936b3c4e308ccca8adbd6dc8e74679.png
アーセナル戦のマン・オブ・ザ・マッチは2G1Aの我妻善逸

マンチェスター・ユナイテッドのアーセナル戦のマン・オブ・ザ・マッチが今、明かされる! この試合もチームとして団結し...

→もっと見る

  • 2022年12月
    Sun Mon Tue Wed Tue Fri Sat
    « Nov    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS


TOP ↑