*

プレミア3バカトリオがアンジェロ・オグボンナを狙う

公開日: : 最終更新日:2014/05/13 2013-2014シーズン, 移籍情報 ,

アーセナル、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティは所属クラブで上手くいっていないセリエAのユベントスのDFアンジェロ・オグボンナを1月に獲得することを狙っている模様。

SPONSORED LINK

ナイジェリア生まれのイタリア代表は、この夏にユベントスに移籍する以前、前所属クラブのトリノで数年間にわたって素晴らしいパフォーマンスを見せていた時は欧州で最も優れたDFの一人と言われることもあった。

20131025Angelo-Ogbonna-Juventus
強くインテリジェンスなプレーが特徴のオグボンナはコンテ監督のファーストチョイスになると期待され、セリエAの3連覇を目指すチームの助けになると考えられていたが、現状のパフォーマンスでは監督の信頼を勝ち得ることが出来ておらず、スターティングメンバーに名を連ねることが出来ていない。

これによってプレミア3バカトリオは25歳のオグボンナを1月に完全移籍かローンで貰って行こうとトリノ行きのチケットと大金を準備している模様。

ユベントスにこの夏にスペインのアスレティック・ビルバオからフリー移籍で加入したフェルナンド・ジョレンテも同じような状況であり、ユベントスでフィットするのに手こずっている。

ジョレンテにはトッテナムやチェルシーが興味を持っており、ユベントスの冬の移籍市場は忙しくなりそうである。

ユーベや早々にオグボンナを手放すつもりはないが、インドネシアの金持ちオーナーに代わったインテルも関心を示しているがインテルには売りたくないため、イングランドのトップクラブから相応の値段のオファーが来れば考慮せざるを得ないだろう。

アーセナル、ユナイテッド、シティの3クラブはいずれも今シーズンのDF陣に問題を抱えているため、1月にCBを補強したいと考えている。

<元記事:caughtoffside.com

ここ数試合のエヴァンス&PJのCBコンビは何気に素晴らしいと思うんだけどなぁ。その控えにスモーリングもいるし。どれだけの金を突っ込めば買えるのかによるけど、かなりの大金になるならむしろその金を足してでも中盤センターの即戦力を・・・とも思ったり。

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

よければコメントをお願いします

アドレスは必須ですが、非公開です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自分のアバターを設定したい方はお問い合わせからユーザー登録希望の連絡をください。

AD

e1517b5fc8af0d695775a2b1097315b5.jpg
海外でどうやって美味しく米を炊くのか、それが問題だ!【一人暮らし編】

現在、カタールに単身で海外赴任しているため、食生活は基本的に自炊です。そして、その自炊生活を助けてくれているのが日本...

AnyConv.com__FJ-8BPGWYAQprff
[公式] アントニー・マルシャルがセビージャに今シーズンいっぱいローン移籍

マンチェスター・ユナイテッドのFWアントニー・マルシャルが、2021-22シーズンの残りの期間、セビージャFCに期限付き...

skysports-anthony-martial-manchester_5644901
セビージャが今シーズンいっぱいのローン移籍でマルシャル獲得に合意か

オールド・トラフォードで週末に行われたウエストハム・ユナイテッド戦でカギを握る活躍をしたアントニー・マルシャルは出場...

0_GettyImages-1366259857
ラルフ・ラングニックは既にオーレ・グンナー・スールシャールの二の舞を回避している

土曜日にオールド・トラッフォードで行われたウエストハム・ユナイテッド戦のマンチェスター・ユナイテッドのスタメンを見た...

NewImage.png
マーフィー氏はラッシュフォードが違いを生んだと絶賛【マルシャルも印象的だったとコメント】

かつてリヴァプールやイングランド代表でMFとして活躍したダニー・マーフィー氏は、マンチェスター・ユナイテッドが1-0...

→もっと見る

  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS


TOP ↑