*

ビッグクラブへの移籍の夢を語るドラクスラー

20131017julian-draxler-schalke_2939073 シャルケのユリアン・ドラクスラーはドイツメディアに対して、シャルケから離れる準備は出来ていると語り、いつかビッグクラブへとステップアップしたいと考えていることを明らかに。

SPONSORED LINK

シャルケは以前、1月時点でのドラクスラーの移籍の可能性は無いく、ドラクスラーはシャルケで幸せだとコメントしていた。

しかしながら、評価の高い20歳WGのドラクスラーは欧州のトップクラブでプレーすることが夢だと語り、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシーの名前を挙げた。

ドラクスラーは理想の移籍先を聞かれ、次のようにコメント。

ユリアン・ドラクスラー@1月に出ていくとは言ってませんので
スペインの2強、つまりバルセロナとレアル・マドリー、そしてバイエルン、あとはイングランドのいくつかのクラブ、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシーかな。

シャルケには感謝しているし、常にシャルケと共にあるよ。この点を強調しておきたいんだ。でも、ずっとここに居続けるってわけではないんだ。

正直なことを言うと、いつかビッグクラブでプレーしてみたいという夢を持っているんだ。

注目を浴びたくてプレーするわけじゃなく、もしもワールドクラスの選手に成長したいならそういったビッグクラブでプレーすることが必要だと思う。

僕は常にエジルのファンだと言っているけど、彼は海外に出てチャレンジして、そしてレアルでワールドクラスの選手に成長を遂げたよ。ドイツ代表のチームメイトとしても彼は誇らしいよね。

<元記事:Sky Sports

行きたいビッグクラブにバイエルンが入っているということは、グァルディオラ監督が不要と言わない限りはバイエルン行きが匂うけどなぁ。まぁ、本人が成長するためにあえて海外を希望するって可能性もあるし、せっかくリストアップしてくれてるんだからしっかり状況をモニタリングしていってほしいところ。

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

よければコメントをお願いします

アドレスは必須ですが、非公開です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自分のアバターを設定したい方はお問い合わせからユーザー登録希望の連絡をください。

AD

gettyimages-1460342350-612x612
ブラジル人が夢の劇場を支配したレディングとのFA杯4回戦レディング戦の選手評価

アイツの噂でチャンバも走る~♪ダビド・デ・ヘア もうスリッパ履いててもプレー出来るんじゃないかってレベルでお茶を引...

gettyimages-1246535782-612x612
タイトル挑戦に大きく近づく勝利となったノッティンガム・フォレストとのカラバオカップ準決勝ファーストレグの選手評価

3-0という数字は決定的とまではいかないものの、敵地でこの数字を残せたのは非常に、非常に大きい!ダビド・デ・ヘア ...

NewImage.png
なんとか耐え抜いて1ポイント欲しかったけど最後の最後に力尽きたアーセナル戦の選手評価

内容が苦しくとも踏ん張って頑張る昔のユナイテッドっぽくファイトしたものの…最後は疲れもあったし、交代のカードも難しか...

gettyimages-1457518629-612x612
後半の疲労によるバタバタが無慈悲FKを招いてしまったクリスタルパレス戦の選手評価

シティとのマンチェスター・ダービーというビッグマッチ後に行われたミッドウィークの試合。後半、ペースが落ちてファウルで...

gettyimages-1455590560-612x612
ウエストハムが今月中にマグワイアのローン移籍を狙う?

ウエストハムは、今月の移籍市場でマンチェスター・ユナイテッドのキャプテンであるハリー・マグワイアのローン移籍を狙おうとし...

→もっと見る

  • 2023年1月
    Sun Mon Tue Wed Tue Fri Sat
    « Nov    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS


TOP ↑