*

オズバルド売却でナニ獲得費用捻出か

公開日: : 2013-2014シーズン, 移籍情報 ,

20130808nani ローマはフラムが狙っているオズバルドを売却することで現金を用意して、マンチェスター・ユナイテッドWGナニを獲得したい模様。

SPONSORED LINK

ナニのユナイテッドでの将来は、昨シーズンわずか10試合の出場に終わったリーグ戦でのお粗末なパフォーマンスによって終わりを迎えようとしている。

ローマのルディ・ガルシア監督はアーセナルからジェルビーニョの獲得を完了させようとしているが、さらに攻撃のオプションを増やしたいと考えている。イタリアでの記事によれば、ガルシアはフラムのターゲットであるオズバルドを売ることでナニとの交渉に当たりたい模様。

ウィルフレード・ザハがクリスタルパレスから加入したことでナニの退団が許可される可能性はさらに高まった。ガルシア監督はナニをイタリアに連れてくるためのオファーを準備していると言われている。

元リールの監督であるガルシアはオズバルドの売却を考えており、もしも1100万ポンド(約17億円)以上のオファーが届けばそれを了承する構え。サウサンプトンが最近オズバルド獲得のために出したオファーはローマに却下されたが、この値段に達していなかったからと見られている。

イタリア代表のオズバルドは昨シーズン17ゴールを挙げたが、ローマはEL出場権を逃してしまった。

<元記事:Roma look to fund deal for Nani with sale of Fulham target Osvaldo | Daily Star

ローマもそうだし、トッテナムやナポリもそうだけど誰を売って誰を獲得するのかが極めて明快なチームほど補強が上手くいっているよね。ユナイテッドみたいにCHに誰かいい人ほしいなぁ~、CHとWGで一人ずつぐらい売ってもいいかな~みたいなフワっとした考えのチームが補強うまくいくはずもなし。

モイーズになったからというよりはCEOも代わって、コーチも代わってクラブ全体がドラスティックに変わりすぎちゃったために誰が先頭切って事にあたるのかもファジーな感じ!?

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

よければコメントをお願いします

アドレスは必須ですが、非公開です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自分のアバターを設定したい方はお問い合わせからユーザー登録希望の連絡をください。

AD

IMG_5058
モウリーニョ監督の優勝セレブレーションはシークレットコードだった

ジョゼ・モウリーニョ監督は、マンチェスター・ユナイテッドがヨーロッパリーグを制した際に見せたセレブレーションの一部は、家...

18720893_10158614481015461_1507511098_o.jpg
エレーラがエモーショナルなMOMスピーチ

アンデル・エレーラは、マンチェスター・ユナイテッドのヨーロッパリーグ優勝をマンチェスターでテロにあわれた犠牲者達に捧げ、...

GettyImages-687826530.jpg
ブリントはアヤックス戦でモウリーニョの間違いを証明

ジョゼ・モウリーニョ監督は、シーズン序盤はデイリー・ブリントをCBのオプションの1人として考えてこなかった。だがしかし、...

DAoBzOWXsAAPVR3.jpg
モウリーニョ監督がEL優勝を振り返り

ジョゼ・モウリーニョ監督のマンチェスター・ユナイテッド1年目は、コミュニティーシールド、EFLカップ優勝に続く3つ目のタ...

GettyImages-687838290.jpg
エレーラとダルミアンが素晴らしかったEL決勝アヤックス戦の選手評価

途中からプレミアリーグを捨ててEL1本に絞り、綱渡りながらも見事狙い通りCL出場権を勝ち取ったアヤックス戦の選手評価。セ...

→もっと見る

  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS

  • Widget powered by WhatstheScore.com

  • マンチェスター・ユナイテッド アウェイシャツ   2017-18 マンチェスター・ユナイテッド アウェイシャツ   2017-18 - 長袖 マンチェスター・ユナイテッド アウェイ ゴールキーパーシャツ   2017-18
TOP ↑