*

”ウクライナのメッシ”ことイェウヘン・コノプリャンカを巡りバトル!

公開日: : 最終更新日:2014/02/08 2013-2014シーズン, 移籍情報 ,

20130712Yevhen KonoplyankatalkSPORTの記事によると、プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドとアーセナルはウクライナが誇るスター、イェウヘン・コノプリャーンカの獲得を巡ってバトル中だとか。

SPONSORED LINK

FCドニプロ・ドニプロペトロウシクのプレーメーカーは欧州で最も才能のある若手の一人と考えられており、この夏のお買い得物件となっている。ユナイテッドとアーセナル、それにドイツのレバークーゼンとヴォルウスブルグはこのウインガー獲得に関心を示している。

メディアにはウクライナのメッシと呼ばれるコノプリャーンカは数シーズンに渡りドニプロで輝かしい活躍をしており、この夏ビッグクラブへの移籍を目指している模様。W杯予選のイングランド戦でもゴールを決めたウインガーはこの夏1300万ポンド(約20億円)で手に入るとみられている。

コノプリャーンカの代理人はtalkSPORTに次のようにコメント。

ジェームズ・リペット代理人
イェウヘンはイングランドやドイツのトップチームからとても強い関心をしめされています。問題はとてもシンプルで、どこのクラブがドニプロと選手が要求している評価に合致するかということです。

ユナイテッドとアーセナルは攻撃陣の補強を目指しており、モイーズ監督下のユナイテッドはクリスティアーノ・ロナウド獲得を断念したと見られ、また、ナニはこの夏に出て行くものと考えられている。コノプリャーンカは長期的に見て素晴らしい補強になるだろう。アーセナルも同様に数人を売りに出すとみられ、ジェルビーニョやポドルスキは他クラブへの移籍が噂されており、コノプリャーンカは後釜となる可能性がある。

<元記事:caughtoffside.com

ウインガーはザハが入ってナニが出て行けば差し引きゼロかなと思ってたけど。もしヤングも戦力としてみなしてないとか、香川やウェルベックをサイドで起用する気が無いのであればここもあと一人くらいは獲得する可能性はあるかもね。いずれにしても優先順位は低いだろうけど。やっぱし、中盤センター、LSB、CBが先でしょ。

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

よければコメントをお願いします

アドレスは必須ですが、非公開です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自分のアバターを設定したい方はお問い合わせからユーザー登録希望の連絡をください。

AD

Thum
[カタールW杯] 短期滞在者にオススメのアクティビティ [ドーハ] その2

サッカー以外にも色々と楽しみたいよね、どうせなら。インドアスポーツ? ハリーファ国際スタジアムに隣接している3-2...

camel.jpg
[カタールW杯] 短期滞在者にオススメのアクティビティ [ドーハ] その1

ワールドカップ関連以外にオススメのアクティビティを紹介!砂漠ツアー 大人2人で16000円ぐらい。家族4人(子...

Ffs3TlRXkAAkJM9
諦めない姿勢がかつてのユナイテッドを思い起こさせたチェルシー戦の選手評価

試合終盤の防げたであろう不要なPK献上が決勝点になってライバルに3ポイントあげちゃうなんてやってないんでね!ダビド・デ・...

gettyimages-1421651234-612x612
レアル・ソシエダとのヨーロッパリーグ開幕戦のスタメン予想

ここか?ここでローテなのか?Embed from Getty Imageswindow.gie=window.gie...

0b936b3c4e308ccca8adbd6dc8e74679.png
アーセナル戦のマン・オブ・ザ・マッチは2G1Aの我妻善逸

マンチェスター・ユナイテッドのアーセナル戦のマン・オブ・ザ・マッチが今、明かされる! この試合もチームとして団結し...

→もっと見る

  • 2022年12月
    Sun Mon Tue Wed Tue Fri Sat
    « Nov    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS


TOP ↑