*

チェルシーとアーセナルが臨戦態勢

Wayne Rooney, left, and Sir Alex Fergusonデイヴィット・モイーズは月曜から公式にユナイテッド監督としての人生がスタートしたが、ますますウェイン・ルーニーのユナイテッドでのキャリアが終わりに近づいており、ルーニーを諦めないといけないかもしれない。
SPONSORED LINK


ルーニーとモイーズはバカンスに行く前の初夏に会っており、もしもその時の会談が上手くいっていたら今週ルーニーの代理人であるストレットフォードとユナイテッドの新CEOエド・ウッドワードを交えて再び会談を開く必要は無かったであろう。モイーズはルーニーを留めておくことを完全には諦めていないようだが、もはや”もしも”ユナイテッドを去るなら、ではなく、”いつ”ユナイテッドを去るのかという局面になっている。また、次にどこへ行くのか?という問題になっている。

ルーニーの代理人は今一度ルーニーの移籍志願と昨シーズン起きた不満 — ファンペルシ加入に伴うポジション変更や重要なゲームからのスタメン落ち、そしてファギーがルーニーのコンディションを疑問視したこと — を伝えると考えられている。

サー・アレックスの”ルーニーは移籍志願を申し出た。”との主張に意義を唱える27歳のルーニーは、ファーストチームの選手たちがバカンスから戻ってくる水曜日の午後にキャリントン練習場にてフィットネス測定が行われる。ルーニーはクラブのプレシーズンツアーで来週から極東とオーストラリアに向かう。

しかしながら、それがユナイテッドのプレーヤーとしての最後の姿になるだろう。そしてチェルシー、アーセナル、PSG、レアル・マドリーが状況を注意深くモニタリングしている。

<元記事:Daily Mail

あんな強面だけど?、それとも頭髪を見ても分かるとおり?、実はナイーブなルーニー。昨シーズン、CLのレアル戦で先発を外されたり、コンディション不足でウェルベックや香川にセカンドトップの位置を奪われる試合がしばしばあったのはショッキングだったんだろうね。ただ、シーズン通してコンディションはよくは無かったと思う。

それでも起用法やチームでの地位は監督がファギーからモイーズへと変わった事でルーニーに好転すると思うし、残留は有り得るような気はするけどなー。スタメン外されてショック受けるナイーブなルーニーが色々やいや言われる国内他クラブに行くのはしんどい気がするし、かといって海外に家族連れて行くのかは疑問だし。

ルーニーが残留して、モイーズの下でしごかれて、セカンドトップでバンバン活躍するのがみんな(ユナイテッド関係者のみかな?)ハッピーだと思うんだけどなー。

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

よければコメントをお願いします

アドレスは必須ですが、非公開です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自分のアバターを設定したい方はお問い合わせからユーザー登録希望の連絡をください。

AD

NewImage.png
【PL】第21節 ブレントフォード戦

マクトミネイ、フレッジ、フェルナンデスの中盤3枚が機能してくれますように!  2021/22プレミ...

0_ECE_01_MAN_UNITED_AIRPORT
ロナウドやマルシャルも復帰したブレントフォード戦のスタメンはどうなるか?

プレミアリーグのブレントフォード戦で連勝街道に舞い戻りを目指すマンチェスター・ユナイテッド。 ラルフ・ラングニ...

Teden_Mengi-1237743968
バーミンガム・シティのファンが「補強ガン刺さりすぎてエグい」とテデン・メンギを大絶賛

バーミンガム・シティのサポーター達は、プレストン・ノース・エンド戦でチャンピオンシップデビューを果たしたマンチェスタ...

Hannibal Mejbri
ラングニック監督はハンニバル・メイブリをファーストチームに昇格することを検討?

マンチェスター・ユナイテッドのラルフ・ラングニック暫定監督は、ティーンのハンニバル・メイブリがアフリカ・ネーションズ...

NewImage.png
うかうかしてると序列下がっちまうぞサンチョ!【エランガ猛アピール】

ジェイドン・サンチョは、土曜日にヴィラ・パークで2ゴールをリードしながら同点に追いつかれて引き分けた試合後、「選手の幻影...

→もっと見る

  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS


TOP ↑