*

2000万ポンド(約30億円)にアップして再提示?

20130826Bainsmoyesユナイテッドはエヴァートンに対し、ベインズ獲得のため1500万ポンド(約23億円)に出来高ボーナスを追加してオファーを再提示する模様。
SPONSORED LINK


一発目の1200万ポンド(約15億円)の提示を却下した後、エヴァートンは”Not for sale”であるとの声明を発表。しかし、ユナイテッドは出来高ボーナスを含めてトータルで2000万ポンド(約30億円)を提示してベインズを獲得したいと考えている模様。

モイーズの後を継いでエヴァートン監督になったマルティネスは2000万ポンドの価値があるベインズをキープすると決めており、彼を自身のプランに含めている。クラブはベインズに対し、新たに週給7万ポンド(約1100万円)の新契約を提示する準備ができている。

ビル・ケンライト@エヴァートンチェアマン
ベインズは現在エヴァートンの選手である。モイーズを止めることは出来ないが、彼にはベインズを引っ張るために戻ってくるなと伝えてある。モイーズは我々がベインズを留めたいと思っていることを知っているよ。

モイーズはベインズのサイドアタック能力を使って、エヴァートンで攻撃的な試合を展開。ベインズはあと2年の契約が残っていて、イングランドが出場権を得られればW杯にも出場したいと考えてるが、そのためにエヴァートンを去らなければいけないとは思っていない。しかし、チャンピオンズリーグという魅力はユナイテッドへの移籍を引き付けている。

ベインズの移籍は、エブラがモナコやPSGに移籍するかもしれないことも関係している。マルティネス監督はスパルタク・モスクワのアイルランド代表ウインガー、エイダン・マクギーディを600万ポンド(約9億円)で獲得間近であり、同様に昨シーズンまで指揮を執っていたウィガンからアルナ・コネとCBのアルカラズ獲得のためそれぞれ500万ポンド(約8億円)のオファーを準備している。

<元記事:Daily Mail

一度オファーを却下されたぐらいで諦めるユナイテッド&モイーズじゃないぜ!LSBの即戦力確保はエブラの現状を考慮すると至急命題!

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

よければコメントをお願いします

アドレスは必須ですが、非公開です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自分のアバターを設定したい方はお問い合わせからユーザー登録希望の連絡をください。

AD

Thum
[カタールW杯] 短期滞在者にオススメのアクティビティ [ドーハ] その2

サッカー以外にも色々と楽しみたいよね、どうせなら。インドアスポーツ? ハリーファ国際スタジアムに隣接している3-2...

camel.jpg
[カタールW杯] 短期滞在者にオススメのアクティビティ [ドーハ] その1

ワールドカップ関連以外にオススメのアクティビティを紹介!砂漠ツアー 大人2人で16000円ぐらい。家族4人(子...

Ffs3TlRXkAAkJM9
諦めない姿勢がかつてのユナイテッドを思い起こさせたチェルシー戦の選手評価

試合終盤の防げたであろう不要なPK献上が決勝点になってライバルに3ポイントあげちゃうなんてやってないんでね!ダビド・デ・...

gettyimages-1421651234-612x612
レアル・ソシエダとのヨーロッパリーグ開幕戦のスタメン予想

ここか?ここでローテなのか?Embed from Getty Imageswindow.gie=window.gie...

0b936b3c4e308ccca8adbd6dc8e74679.png
アーセナル戦のマン・オブ・ザ・マッチは2G1Aの我妻善逸

マンチェスター・ユナイテッドのアーセナル戦のマン・オブ・ザ・マッチが今、明かされる! この試合もチームとして団結し...

→もっと見る

  • 2022年11月
    Sun Mon Tue Wed Tue Fri Sat
    « Oct    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS


TOP ↑