*

ゴメス師匠はバイエルン残留?

公開日: : 2013-2014シーズン, 移籍情報

Mario GomezFootball Italiaによると、バイエルンの新監督となるペップ・グランディオラは去就が定かではないマリオ・ゴメスは「この夏クラブに残留することもあり得る。」と初の記者会見上でコメント。
SPONSORED LINK


ゴメスはユーロ2012でドイツ代表として活躍する前に、2011/12シーズンのバイエルンで41ゴールを奪い世界で最も優秀なフィニッシャーとの評価をこの数年受けている。しかしながら、信じられないことにトレブルを達成した今シーズンは前監督のハインケスがマンジュキッチを好んで起用したためスタメンを外れることが多かった。

スタメンじゃないことが多く、出場試合数もマンジュキッチよりも少ないにもかかわらず、ゴメスはマンジュキッチとほぼ同じゴール数を奪った(リーグ、CLなどトータルでマンジュキッチが21ゴール、ゴメスが19ゴール)。そして、イタリアのナポリやフィオレンティーナへの移籍が噂されるが、バイエルンに残留する可能性も残っている。

また、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシー、トッテナムを含むプレミアリーグの複数クラブがゴメスの状況をウォッチしていると言われる。また、バイエルンはこの夏の獲得できる可能性のある選手としてロベルト・レヴァンドフスキやルイス・スアレスに興味を示しているが、一方でグアルディオラはゴメスについてバイエルンに値する選手だと主張。

ペップ@バイエルン新監督
ゴメスはバイエルンに所属している。彼はバイエルンの選手であり、彼のついても他の選手と同等に扱う。

グアルディオラのコメントは、ゲッツェを奪ったバイエルンにはもう誰も移籍させないとしてドルトムントがレヴァンドフスキのバイエルン移籍を妨げようとしているため獲得が難航していることが影響しているとみられる。

<元記事:caughtoffside.com

ドルトムントは来シーズンに0円で放出することを受け入れたのかなー。そうなればレヴァンドフスキはドルトムント、レヴァンドフスキが手に入らないからバイエルンはゴメスを残留させるという流れ?

ユナイテッドも狙っているという噂だけど、「ゴメス師匠」っていうイメージが強いんでバイエルンに残るならそれでOKだったりラジバンダリ。

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

よければコメントをお願いします

アドレスは必須ですが、非公開です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自分のアバターを設定したい方はお問い合わせからユーザー登録希望の連絡をください。

AD

Egypt
2023年12月版エジプト旅行記〜ピラミッドはデカかった

今回、ドーハからイギリス(マンチェスター)への旅行をカイロ空港トランジットで組んだため(ANAのマイルを使用)、ついでに...

150x150OT
2023年12月版マンチェスター旅行記&オールド・トラッフォード観戦記(主に料理の写真)

2017年以来となる夢の劇場ことオールド・トラッフォードでのユナイテッド観戦!今回は初の息子との2人観戦! イ...

title2023のコピー
クロアチア旅行2023 ザグレブ編その1

夏休みにクロアチア(ザグレブ、ドブロブニク)へ旅行に行きました。© マンチェスター・ユナイテッド情報局 行き先がク...

gettyimages-1640829872-612x612
最初の2失点で思わず気絶しかけたノッティンガム・フォレスト戦の選手評価

こっちのCKが相手の得点チャンスになってしまうのはもうやめよう。ホントにやめよう。アンドレ・オナナ 前半2分にタイ...

Squad number
登録届の提出最終日である金曜を前にまだ今シーズンの背番号が決まっていない4選手

もう新シーズンのスカッドの背番号を決める時間が無くなりかけてるんですけどー?© Getty Images ...

→もっと見る

  • 2024年5月
    Sun Mon Tue Wed Tue Fri Sat
    « Jan    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS


TOP ↑