*

ゴメス師匠はバイエルン残留?

公開日: : 2013-2014シーズン, 移籍情報

Mario GomezFootball Italiaによると、バイエルンの新監督となるペップ・グランディオラは去就が定かではないマリオ・ゴメスは「この夏クラブに残留することもあり得る。」と初の記者会見上でコメント。
SPONSORED LINK


ゴメスはユーロ2012でドイツ代表として活躍する前に、2011/12シーズンのバイエルンで41ゴールを奪い世界で最も優秀なフィニッシャーとの評価をこの数年受けている。しかしながら、信じられないことにトレブルを達成した今シーズンは前監督のハインケスがマンジュキッチを好んで起用したためスタメンを外れることが多かった。

スタメンじゃないことが多く、出場試合数もマンジュキッチよりも少ないにもかかわらず、ゴメスはマンジュキッチとほぼ同じゴール数を奪った(リーグ、CLなどトータルでマンジュキッチが21ゴール、ゴメスが19ゴール)。そして、イタリアのナポリやフィオレンティーナへの移籍が噂されるが、バイエルンに残留する可能性も残っている。

また、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシー、トッテナムを含むプレミアリーグの複数クラブがゴメスの状況をウォッチしていると言われる。また、バイエルンはこの夏の獲得できる可能性のある選手としてロベルト・レヴァンドフスキやルイス・スアレスに興味を示しているが、一方でグアルディオラはゴメスについてバイエルンに値する選手だと主張。

ペップ@バイエルン新監督
ゴメスはバイエルンに所属している。彼はバイエルンの選手であり、彼のついても他の選手と同等に扱う。

グアルディオラのコメントは、ゲッツェを奪ったバイエルンにはもう誰も移籍させないとしてドルトムントがレヴァンドフスキのバイエルン移籍を妨げようとしているため獲得が難航していることが影響しているとみられる。

<元記事:caughtoffside.com

ドルトムントは来シーズンに0円で放出することを受け入れたのかなー。そうなればレヴァンドフスキはドルトムント、レヴァンドフスキが手に入らないからバイエルンはゴメスを残留させるという流れ?

ユナイテッドも狙っているという噂だけど、「ゴメス師匠」っていうイメージが強いんでバイエルンに残るならそれでOKだったりラジバンダリ。

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

よければコメントをお願いします

アドレスは必須ですが、非公開です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自分のアバターを設定したい方はお問い合わせからユーザー登録希望の連絡をください。

AD

e1517b5fc8af0d695775a2b1097315b5.jpg
海外でどうやって美味しく米を炊くのか、それが問題だ!【一人暮らし編】

現在、カタールに単身で海外赴任しているため、食生活は基本的に自炊です。そして、その自炊生活を助けてくれているのが日本...

AnyConv.com__FJ-8BPGWYAQprff
[公式] アントニー・マルシャルがセビージャに今シーズンいっぱいローン移籍

マンチェスター・ユナイテッドのFWアントニー・マルシャルが、2021-22シーズンの残りの期間、セビージャFCに期限付き...

skysports-anthony-martial-manchester_5644901
セビージャが今シーズンいっぱいのローン移籍でマルシャル獲得に合意か

オールド・トラフォードで週末に行われたウエストハム・ユナイテッド戦でカギを握る活躍をしたアントニー・マルシャルは出場...

0_GettyImages-1366259857
ラルフ・ラングニックは既にオーレ・グンナー・スールシャールの二の舞を回避している

土曜日にオールド・トラッフォードで行われたウエストハム・ユナイテッド戦のマンチェスター・ユナイテッドのスタメンを見た...

NewImage.png
マーフィー氏はラッシュフォードが違いを生んだと絶賛【マルシャルも印象的だったとコメント】

かつてリヴァプールやイングランド代表でMFとして活躍したダニー・マーフィー氏は、マンチェスター・ユナイテッドが1-0...

→もっと見る

  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS


TOP ↑