*

チアゴ・アルカンタラ獲得に近づく?

公開日: : 最終更新日:2013/11/26 2013-2014シーズン, 移籍情報

20130613Thiago-Man-United-DealSport.esによれば、ユナイテッドはバルセロナの期待の若手MFチアゴ・アルカンタラの獲得に近づいているとか。
SPONSORED LINK


22歳のチアゴは9000万ポンド(約135億円)の売却条項となるための条件を満たさなかったため、1800万ポンド(約27億円)まで違約金が下がっている模様。バルサのティト・ビラノバ監督はこのスペイン代表を現金化する準備が出来ていると考えられており、ユナイテッドのモイーズ監督はオファーを出そうとしていると思われる。

チアゴは2005年にバルセロナに加入後、レギュラーポジションを確保するにはいたらなかったものの、ボックス・トゥー・ボックスタイプの素晴らしい選手になると思われていたが、セスク・ファブレガスがバルサに復帰したため出場機会がより一層限られたものになってしまった。

ブラジルのネイマール獲得に4800万ポンド(約72億円)を支払ったため、バルサはPSGのチアゴ・シルバやドルトムントのフンメルスのようなDFを獲得するための補強費が不足してしまっている。そのため、クラブは補強費を捻出するために誰か選手を売却する必要があるのは明らかである。

ビラノバはチアゴ・アルカンタラの才能を認めつつも、彼の放出を認めるかもしれない。

モイーズはスコールズの引退、フレッチャーの長期離脱、アンデルソンの不調、トム・クレヴァリーのムラっ気を考慮し中盤のテコ入れを望んでおり、アルカンタラはキャリックをサポートする素晴らしい獲得となるだろう。

<元記事:caughtoffside.com

バルサはシャビ、イニエスタあたりが絶対的過ぎて逆にセスクやこのアルカンタラが控えというのが勿体無い状況になっちゃてるから、他クラブからしたら狙いどころ。ただ、プレミアで実績があるセスクじゃなくてアルカンタラだとプレミアでやった時にどうなのか?っていう点が少し心配なのと、いずれバルサに戻っちゃうんだろうなっていう点がネックかな。

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

よければコメントをお願いします

アドレスは必須ですが、非公開です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自分のアバターを設定したい方はお問い合わせからユーザー登録希望の連絡をください。

AD

IMG_5058
モウリーニョ監督の優勝セレブレーションはシークレットコードだった

ジョゼ・モウリーニョ監督は、マンチェスター・ユナイテッドがヨーロッパリーグを制した際に見せたセレブレーションの一部は、家...

18720893_10158614481015461_1507511098_o.jpg
エレーラがエモーショナルなMOMスピーチ

アンデル・エレーラは、マンチェスター・ユナイテッドのヨーロッパリーグ優勝をマンチェスターでテロにあわれた犠牲者達に捧げ、...

GettyImages-687826530.jpg
ブリントはアヤックス戦でモウリーニョの間違いを証明

ジョゼ・モウリーニョ監督は、シーズン序盤はデイリー・ブリントをCBのオプションの1人として考えてこなかった。だがしかし、...

DAoBzOWXsAAPVR3.jpg
モウリーニョ監督がEL優勝を振り返り

ジョゼ・モウリーニョ監督のマンチェスター・ユナイテッド1年目は、コミュニティーシールド、EFLカップ優勝に続く3つ目のタ...

GettyImages-687838290.jpg
エレーラとダルミアンが素晴らしかったEL決勝アヤックス戦の選手評価

途中からプレミアリーグを捨ててEL1本に絞り、綱渡りながらも見事狙い通りCL出場権を勝ち取ったアヤックス戦の選手評価。セ...

→もっと見る

  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS

  • Widget powered by WhatstheScore.com

  • マンチェスター・ユナイテッド アウェイシャツ   2017-18 マンチェスター・ユナイテッド アウェイシャツ   2017-18 - 長袖 マンチェスター・ユナイテッド アウェイ ゴールキーパーシャツ   2017-18
TOP ↑