*

モナコの”ニューマケレレ”メンディに興味

公開日: : 2013-2014シーズン, 移籍情報

20130610Mendy-Man-UnitedフランスのLeSport10が伝えたところによると、ユナイテッドはASモナコの新星、”ニューマケレレ”ことナンプレイ・メンディに近づいているとか。
SPONSORED LINK


ビッグネームが続々とやって来ているリーグ1において、このメンディはクラブとの新契約のサインを拒否していて、海外に移籍するという逆方向に進もうとしている。ユナイテッドとはこの夏にフリー移籍することについてつっこんだ話をしているという噂。

小柄なメンディは15歳からモナコに加入していて、リーグ2の38試合中31試合でスタメン出場したが現在フランスフル代表からは外れてしまっている。クラウディオ・ラニエリがメンディをキープしたいのは疑いようが無いが、ユナイテッドはメンディをオールド・トラフォードの魅力でひきつける事が出来るだろう。

メンディはこの夏の移籍についてズバリコメント。

ナンプレイ・メンディ@ネクスト・マケレレ
俺は次の行くクラブと合意したけど、それがどこかは休み前には言わないよ。

モイーズは現在のユナイテッドのスカッドに居ないディフェンシブな中盤の選手を誰か連れてこないといけないと考えている。メンディがユナイテッドへのステップアップの準備が出来ているならば、1円もかからずに獲得できるこの20歳のMFを獲得してみる価値はあるだろう、特にモイーズが彼のポテンシャルを信じるのであれば。

少なくとも、スコールズの引退、アンデルソンの低調なパフォーマンス、そしてフレッチャーが長期的な療養から復帰を目指している現状は中盤の補強の必要性を示している。

<元記事:caughtoffside.com

守備専がいるともう1人が攻撃に秀でた選手を攻撃の場面で活かせるので選択肢の幅が広がるし、ビッグクラブ相手にはそういう選手が必要だと思う。ただ、PJをこれからそういう選手に育てるってのもアリじゃないかなとも思うけどね。誰か(イングランド代表監督のホジソンだっけ?)がPJは中盤に居るDFだ、みたいなこと言ってたし、やっていることはDFでも居るべきポジションはMFなのかもしれないしなー。

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

よければコメントをお願いします

アドレスは必須ですが、非公開です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自分のアバターを設定したい方はお問い合わせからユーザー登録希望の連絡をください。

AD

Thum
[カタールW杯] 短期滞在者にオススメのアクティビティ [ドーハ] その2

サッカー以外にも色々と楽しみたいよね、どうせなら。インドアスポーツ? ハリーファ国際スタジアムに隣接している3-2...

camel.jpg
[カタールW杯] 短期滞在者にオススメのアクティビティ [ドーハ] その1

ワールドカップ関連以外にオススメのアクティビティを紹介!砂漠ツアー 大人2人で16000円ぐらい。家族4人(子...

Ffs3TlRXkAAkJM9
諦めない姿勢がかつてのユナイテッドを思い起こさせたチェルシー戦の選手評価

試合終盤の防げたであろう不要なPK献上が決勝点になってライバルに3ポイントあげちゃうなんてやってないんでね!ダビド・デ・...

gettyimages-1421651234-612x612
レアル・ソシエダとのヨーロッパリーグ開幕戦のスタメン予想

ここか?ここでローテなのか?Embed from Getty Imageswindow.gie=window.gie...

0b936b3c4e308ccca8adbd6dc8e74679.png
アーセナル戦のマン・オブ・ザ・マッチは2G1Aの我妻善逸

マンチェスター・ユナイテッドのアーセナル戦のマン・オブ・ザ・マッチが今、明かされる! この試合もチームとして団結し...

→もっと見る

  • 2022年12月
    Sun Mon Tue Wed Tue Fri Sat
    « Nov    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS


TOP ↑