*

ストークのCBショウクロス買戻しを検討か

公開日: : 最終更新日:2014/03/23 2013-2014シーズン, 移籍情報 ,

マンチェスター・ユナイテッドはDF補強のために夏の移籍市場でストーク・シティのライアン・ショウクロスを買い戻すことを検討している模様。

SPONSORED LINK

ポッターズ(ストークの愛称)のショウクロスは日曜のブリタニアスタジアムで行われたユナイテッド戦での勝利に貢献し、そのプレー内容には賛辞が送られている。そのため、もう一度イングランド代表に呼び戻せという声も非常に大きくなっている。

man-united-plot-defensive-recruits

ショウクロスは2012年の11月に行われたスウェーデンとの親善試合で後半からとちゅ交代でピッチに立ってイングランド代表としてのキャリアを記録したが、その試合で4ゴールを叩き込んだズラタン・イブラヒモビッチに1ゴールを与えるミスをしてしまったことでそれ以降26歳のCBショウクロスが代表に呼ばれることは無かった。

今シーズンのストークでのパフォーマンスによって、ユナイテッドへの多額の移籍金での復帰やロイ・ホジソン率いるイングランド代表としてブラジルW杯出場を実現させるかもしれない。

ユナイテッドはファギーからモイーズへと監督がバトンタッチした過程で今シーズンは苦しんでおり、モイーズ監督は既にこの夏に大幅な選手の入れ替えを行うことを計画している。リオやヴィダのユナイテッドでのキャリアが終わりに近づいているため、Sports Direct Newsではモイーズがショウクロスを夏のターゲットの一人としてリストアップしたとみている。

ストークのキャプテンを務めるショウクロスはキャリアをオールド・トラフォードでスタートさせ、ロイヤル・アントワープへのローン移籍も経験した。アントワープから復帰した後、当時の監督であるファギーはストークへとローン移籍させ、最終的には100万ポンド(約1.7億円)でそのままストークに完全移籍した。

<元記事:Sports Direct News

もしもショウクロスがユナイテッドに戻ってくることになったら、ユナイテッドでは芽が出なくてプレミアの中小クラブに移籍していった選手たちに希望が出る。「俺だって今のクラブで活躍していつかユナイテッドに!」とモチベーション上がるね。

ただクラブによって設定するDFラインとか守備ブロックの形成方法とかいろいろ違ってくるし、ユナイテッドとストークでは注目度とか要求されるレベルが違うからユナイテッドに戻ってきてフィットできるかはまた別の問題なんだよなぁー。

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

よければコメントをお願いします

アドレスは必須ですが、非公開です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自分のアバターを設定したい方はお問い合わせからユーザー登録希望の連絡をください。

AD

NewImage.png
アストン・ヴィラ戦の敗北に関してファン目線での既視感

マンチェスター・ユナイテッドのファンは、オーレ・グンナー・スールシャール監督の抱える駒を考えるともっと良い戦いが出来...

NewImage.png
ショーの負傷はユナイテッドにとって想像以上にどデカいダメージになり得る可能性が

選手のフォームが低下してくるとそれはその選手のトップレベルのクラブでのキャリアの終わりの始まりである場合があるが、マ...

NewImage.png
負傷交代した2人は少なくともミッドウィークのビジャレアル戦は欠場濃厚か

オーレ・グンナー・スールシャール監督は、ルーク・ショーとハリー・マグワイアがミッドウィークに行われるビジャレアルとの...

NewImage.png
ミッドウィークの嫌な流れを断ち切れなかったヴィラ戦の選手評価

フレッジ、マクトミネイのコンビだと守備ラインのポゼッションに参加してもあまり打開策にならないし、ドリブルで持ち運ぶわ...

IMG_0164.JPG
[PL] 第6節 アストン・ヴィラ戦

フレッジ、マクトミネイの中盤コンビでファン・デ・ベークはいつもどおりのベンチスタート。フレッジは先発起用に応えられる...

→もっと見る

  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS


TOP ↑