*

PFA年間最優秀若手選手賞を争う二人

公開日: : 最終更新日:2014/05/10 2013-2014シーズン, プレミアリーグ , ,

マンチェスター・ユナイテッドのWGアドナン・ヤヌザイとリヴァプールのWGラヒーム・スターリングは今シーズン多くの目を引き付けるプレーを続けており、PFA年間最優秀若手選手賞の最有力候補となっている。

SPONSORED LINK

ピッチ上での彼らは共通点があり、最新のフトボールで重要な能力である加速力を持っているのでサイドバックを恐れさせているのだ。彼らが一気に加速してDFを置き去りにするシーンも幾度となくみている。スポットライトを浴びている2選手はマーカーを混乱せしめる足技のスキルも持ち合わせており、FKも蹴ることも出来て、ゴールもアシストも奪える。

wing-men-lead-awards-charge

彼らはまだまだピークを迎えておらず、周囲の正しい導きと重い負傷を負わないという幸運があれば恐ろしいレベルの選手に成長し、一時代を築くだろう。

一方で、彼らの私生活はかなり違っている。

スターリングと比較して10カ月ほど若い18歳のヤヌザイは週給3万ポンド(約500万円)を貰い、世界で最も有名なクラブの一つであるユナイテッドでプレーしているが、普段の生活はその年代の若者とほとんど変わらない。家族と一緒に生活し、最近ではジャージ姿でファミレス”のナンドスでデートしているのが報道された。

イングランド代表のスターリングは地元のレストランに出かけるような貴重な時間はない。既に2歳の娘の父親になっており、彼の家長としての責任はヤヌザイよりずっと重い。スターリングは婦女暴行容疑で起訴されたことでリヴァプールでの出番も失い、イングランド代表からも漏れて2013年を困難なスタートで切ったが、正しい道に修正出来ているように思える。

浮き沈みはフットボーラーとして必ずあるものであり、特に若い選手は私生活が乱れやすい。フォームを崩すことは避けられず、どう立て直すかがその選手の鍵を握ることとなる。 一つ確かなことは、ヤヌザイとスターリングはこのまま素晴らしいパフォーマンスを継続できれば、彼らのどちらかがPFAヤングプレーヤーオブザイヤーを受賞することだろう。

<元記事:Sports Direct News

ちなみに現時点でリーグ戦での成績は、ヤヌザイが16試合出場3ゴール、スターリングが17試合出場3ゴールとどっこいどっこい。

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

Comment

  1. ルーニー大好き より:

    スターリングに子供がいるとは……
    おどろきですな。

よければコメントをお願いします

アドレスは必須ですが、非公開です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自分のアバターを設定したい方はお問い合わせからユーザー登録希望の連絡をください。

AD

gettyimages-1421651234-612x612
レアル・ソシエダとのヨーロッパリーグ開幕戦のスタメン予想

ここか?ここでローテなのか?Embed from Getty Imageswindow.gie=window.gie...

0b936b3c4e308ccca8adbd6dc8e74679.png
アーセナル戦のマン・オブ・ザ・マッチは2G1Aの我妻善逸

マンチェスター・ユナイテッドのアーセナル戦のマン・オブ・ザ・マッチが今、明かされる! この試合もチームとして団結し...

NewImage.png
アントニー砲と伝家の宝刀ラッシュの霹靂一閃で勝利したアーセナル戦の選手評価

しばらく練習ブッチしてたのにいきなりの先発、しかもアーセナルとのビッグゲームということで不安もあったアントニーがいきなり...

FbY8FSWX0AAFR4w
リヴァプール戦みたいに気合バチバチの試合をしてくれると期待しているアーセナル戦のスタメン予想

日曜午後のオールド・トラッフォードに、首位アーセナルを迎え撃つ!© Getty Images ユナイテッ...

FbmnGbHXwAIPurR
ジェームズ・ガーナー完全移籍ムーブに対する個人的見解

カゼミーロ獲得という実力間違いないトップクラスを獲得したことが、ジェームズ・ガーナーの完全移籍の決定打になったんじゃ...

→もっと見る

  • 2022年10月
    Sun Mon Tue Wed Tue Fri Sat
    « Sep    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS


TOP ↑