*

モイーズがユナイテッドをぶち壊す5つの理由

公開日: : 2013-2014シーズン ,

David-Moyes-Man-United4 モイーズがマンチェスター・ユナイテッドを破壊する5つの理由とは。

SPONSORED LINK

移籍市場が不向き
エヴァートンでは限られた予算で上手くやりくりしていたが、ユナイテッドでは大金を手につかんで本当にクラブが欲しい選手を獲りに行くことになるがそういった選手を見つけられなかった。

モイーズは少々夢を見過ぎていたとして批判されるだろう。セスク・ファブレガスは加入するとしたらアーセナル以外にありえないし、ましては今バルセロナに在籍しているのだからユナイテッドに加入することはないだろう。

ユナイテッドはファーガソン時代の様な魅力が無くなり、モイーズは失望を招かないようなプランを計画する必要があるのだ。

タイミングのセンスが無い
モイーズが昨夏ユナイテッドへやって来たとき、新シーズンの準備をしてスカッドを整理するのに完璧なタイミングだった。ファーストチームのレベルを下げている複数の選手は国内のライバル意外に放出し、後釜が見つかるまで選手獲得に走り回ることが出来たはずだ。

ジョニー・エヴァンス、アンデルソン、アシュリー・ヤング、トム・クレヴァリー、ヴァレンシアはファーストチームに入ったり入らなかったりしているが、誰からもポジションを奪おうとしなかった。一方、リオ、エブラ、ギグス、ビディッチはチームを低下させている。

選手に疑念を抱かせず、横一線でスタートを切るというのは大変立派だが、ユナイテッドのような規模でそれを行うのは自殺行為に等しい。

スター選手達を扱ったことが無い
エヴァートンではスター選手がちりばめられていることなど無かったのは確かで、最も有名な選手でケーヒルやフェライニだった。

フェライニは今やユナイテッドに在籍しているが、フェライニはビッグクラブの歯車の一つとなることに苦労しており、井の中の蛙だった。一方のケーヒルは今はもうUSAにキャリアダウンしている。

ケーヒルは特にここで強調しておきたい。彼が期待の若手スターとしてミルウォールからエヴァートンに加入した時、彼は既に素晴らしい選手として出来上がりつつあったが、彼は自由を与えられ、彼を保持するためにクラブはいろいろと手をつくし、彼はピークを過ぎるまでクラブに在籍した。もしユナイテッドだったなら、彼はすぐにフィットできるように試行錯誤せねばならず、成功を収めることはできなかっただろう。

ウェイン・ルーニー
ファーガソンが監督だった時ルーニーはクラブを去りたがっていた。今はモイーズが監督をしているので、ルーニーは明確にクラブを去ろうとしている。

いつくかの理由でモイーズはイングランド代表のスターと分かり合えず、その結果としてユナイテッドが誇るスターであるルーニーはモイーズを残していずれかに移籍していくことだろう。

ルーニーがモイーズと一緒に仕事をするためにクラブに残留するとは考えにくく、最も価値のある選手がクラブを去ることはユナイテッドが多くのことを失うことを意味し、クラブの資産価値だけではなくクラブの未来まで失うだろう。

ファギーの影におびえすぎ
道に迷った時に導いてくれて疑問が出ればアドバイスをくれる相談相手がいるのは素晴らしいことだ。しかし、ファギーはモイーズを見守り、助言を耳元で囁くだけであり、国内メディアの批判から彼を守ってくれるわけではない。

ファギーに敬意を払うのではなくファギーに縛られてしまうのは、モイーズ自身の評価とキャリアにとってよろしくない。世間はモイーズが操り人形のようだと思っており、自立し自分で変えていかないと監督という地位を追われることになり、ユナイテッドもより混乱することになるだろう。

<元記事:caughtoffside.com

移籍については新CEO含めクラブ全体の対応が後手後手だったのは事実。それがモイーズのせいなのかは分からないけど。

スカッドについては昨シーズン優勝したから逆に手を加えてモイーズ色を出しにくかったんだろうね。世代交代の波も来ているし、結果論でいえば変化を加えるべきだったかな。

スター選手の取り扱いについてはモイーズを監督として選んだ時点で分かっていたことであり、モイーズの責任というよりもモイーズを選んだ側の責任。

ルーニーについては出ていきたがっているかどうかは知らないけど、フォーム自体は昨シーズンより良かった。怪我の離脱さえなければユナイテッド自体もこんな状況じゃないかもしれない。

ファギーの影については、ファギーが前任者の影の鬱陶しさをよく分かっているからそんなに口出してはいないと思うけど、モイーズ自身が恐れすぎてる感じはするね。というかモイーズがメディアとかユナイテッドの選手に過敏になっているような気がする。もっと悪態ついてヒールになってもらわないとユナイテッドの監督らしくないよね。

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

よければコメントをお願いします

アドレスは必須ですが、非公開です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自分のアバターを設定したい方はお問い合わせからユーザー登録希望の連絡をください。

AD

gettyimages-1212040898-612x612
5-0圧勝でセカンドレグに弾みつきまくりなLASKリンツ戦の選手評価

80分を過ぎてからの3ゴールがセカンドレグに向けて大きな、大きなアドバンテージになったLASKリンツとのヨーロッパリーグ...

gettyimages-1211180326-612x612
10年ぶりにシーズンダブル達成したシティ戦の選手評価

マルシャルの奇襲攻撃ズバリ的中の先制ゴール、そしてハードワーカーのマクトミネイが止めを刺したマンチェスター・シティ戦の選...

gettyimages-1210627036-612x612
3-0で勝利したFA杯5回戦ダービー・カウンティ戦の選手評価

ショーの先制点、そしてイガロの2ゴールにより3-0で勝利したFA杯5回戦のダービー・カウンティ戦の選手評価。セルヒオ...

gettyimages-1209688012-612x612
イガロで勝ったと思い、OGで負けたと思ったエヴァートン戦の選手評価

イガロのチャンスでコタツから飛び上がりそうになり、その後のVARで肝を冷やしたエヴァートンとの1-1ドローの選手評価。ダ...

gettyimages-1209116804-612x612
ゴール祭りワッショイとなったクラブ・ブルージュとのセカンドレグの選手評価

前半22分のデリ退場&PK献上で全てが決まったクラブ・ブルージュとのヨーロッパリーグのラウンド32・セカンドレグの選手評...

→もっと見る

  • 2020年5月
    Sun Mon Tue Wed Tue Fri Sat
    « Mar    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS

  • マンチェスター・ユナイテッド ホーム ゴールキーパー シャツ 2019-20 - De Gea 1 マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2019-20 - Lindelof 2  2019-20 Maguire 5 マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2019-20 Pogba 6 マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2019-20 Rashford 10 マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2019-20 James 21 Manchester United Home Shirt 2019 - 20 with Wan-Bissaka マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2019-20 Lingard 14
TOP ↑