*

リオはラッシュフォードのボディ・ランゲージに懸念

リオ・ファーディナンド氏は、マーカス・ラッシュフォードのボディ・ランゲージが問題だと認め、ラルフ・ラングニック監督のもとで十分なチャンスを得られていないと感じているかもしれないとコメント。

SPONSORED LINK

NewImage

© Youtube

ユナイテッドは月曜夜にウルブスに燦々たる0-1の敗北を喫し、ラングニックが暫定監督に就任以来初の黒星となった。

ドイツ人指揮官初采配だったクリスタル・パレス戦で改善の匂いを感じたが、それ以来ユナイテッドのパフォーマンスはノリッジ戦とニューカッスル戦でダルいプレーを披露。

先週の木曜日のバーンリー戦での勝利は期待を抱かせてくれたが、ウルブス戦では同じ問題が顔をもたげた。

SPONSORED LINK

ユナイテッドは試合全体を通して真の団結やアグレッシブさに欠け、後半にピッチに出てきたラッシュフォードもチームを上げることが出来なかった。

NewImage

© Getty Images

元ユナイテッドのファーディナンド氏はラッシュフォードのインパクトの無さっぷりに驚いた一方で、フラストレーションのサインを示しているのはラッシュフォードだけじゃないと主張し、ピッチ上でのラッシュフォードのリアクションは見たい彼のプレーじゃないと認めた。

ボディ・ランゲージが問題だ。

マーカス・ラッシュフォードはベンチから出てきて、みんな彼がそこで輝いてくれることを期待していた。本当に躍動してもらいたかった。

そして彼が何度かボールを失うところを目にした。そして、ボールを失った時に見せたリアクションは彼から見たかったものじゃなかった。

プレー出来ていないことでハッピーじゃないことがあるのかもしれない。だけど、それは横に置いてプレーしないといけない。

スタメンを外れて途中から出場する時、監督には自分が誰なのかを示さないといけない。

多分、彼は自分に相応しいだけのチャンスを与えられていないと感じているんじゃないかな。知らんけど。

1人にピンポイントに絞るのは難しい。最前線のクリスティアーノから全ての選手に至るまで全員が責任を負わなければいけない。

<元記事:‘Body language is an issue’ – Rio Ferdinand shares major concern over Marcus Rashford following Man Utd’s defeat to Wolves@Metro

ラッシュフォードは手術から復帰以降パフォーマンスが戻りきっていない印象。

昨日もエリア近くでボール貰ったけど、プレー選択に迷ってドリブルでこねている間に気付けば4人ぐらいに囲まれてシュートコースはないし、パスコースも完全に誘われて結局回収されちゃったしな。

戦術を念頭に置きながらボールを扱うってことを本気で試されているのが今なのかもしれない。

SPONSORED LINK

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

よければコメントをお願いします

アドレスは必須ですが、非公開です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自分のアバターを設定したい方はお問い合わせからユーザー登録希望の連絡をください。

AD

NewImage.png
「彼は戦いに勝った」—ユナイテッドのレギュラーになるためにいかにしてジオゴ・ダロトはスールシャールに抗ったのか

オーレ・グンナー・スールシャールがマンチェスター・ユナイテッドで監督を努めていた時に、最も聞かれた意見の1つが、”ジオゴ...

gettyimages-1412023257-612x612
プレシーズンの勝ち組5人と負け組5人【アピール成功した選手、出来なかった選手】

Manchester Evening Newsのアイザック・ジョンソン記者がピックアップした、プレシーズンを通じてア...

gettyimages-1242225463-612x612
まったくの独断と偏見でお送りする各ポジションごとの充実度と期待度

いつだって各ポジションの層の厚さはアンバランスなのがユナイテッド(?)Embed from Getty Images...

Bae4.jpg
ドーハのワールドカップ関連インスタ映えスポット

市内にワールドカップ関連のバエそうなものが色々とできているんですわ! まずは、ドーハ中心ウエストベイ(West Bay...

c36fecddbad492b51079a17cdc08fa81.png
ラマダン明けのイードホリデーは花火も上がるしホコ天も誕生

ラマダンとその後に訪れたイードホリデーなるニギニギした感じも初体験わず。 ラマダンとは、日中は水ぐらいしか飲まず、...

→もっと見る

  • 2022年8月
    Sun Mon Tue Wed Tue Fri Sat
    « Jun    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS


TOP ↑