*

ラングニック体制最初の試合となるクリスタル・パレス戦のスタメン予想

マンチェスター・ユナイテッドは、日曜日にオールド・トラッフォードにクリスタル・パレスを迎えてプレミアリーグの試合を戦う。

SPONSORED LINK

Embed from Getty Images

ユナイテッドは11月のリーグ戦では一度も勝てなかったが、木曜日にアーセナル相手に3-2で勝利して12月の完璧なスタートを切った。ブルーノ・フェルナンデスが同点弾を決め、クリスティアーノ・ロナウドは2ゴールを決めた。

ラルフ・ラングニックが今週初めにユナイテッドの暫定監督に就任したが、アーセナル戦はスタンド観戦だった。

ドイツ人指揮官は金曜日の朝にユナイテッドの暫定監督として初めてメディア対応を行い、彼のビジョンや哲学について語った一方、シーズン終了後も監督の地位に留まる可能性を排除しなかった。

ラングニック暫定監督は日曜日のパレス戦で初采配を振るうことになるため、この試合のスタメン選考が話題になるのは言わずもがなだ。

果たして誰がラングニックのスタメンとなるのか?

Manchester Evening Newsの各記者の予想は以下の通り。

SPONSORED LINK

サムエル・ラックハースト

アーセナル戦に先発した選手に対してラングニック監督が指導できるのがたったの1日だけであり、多くを変更するのは賢明じゃない。

4-2-3-1に変更することは守備陣をプロテクトすることが可能にさせ、スコット・マクトミネイが深く陣取りつつ、フレッジが攻守のつなぎ役となり、ドニー・ファン・デ・ベークがボックス・トゥ・ボックの動きを行って前線3枚をサポートする。

ユナイテッドはポゼッションの有無でシステムを切り替えることが可能であり、前線のブルーノ・フェルナンデスジェイドン・サンチョには前からプレスを行うためのインテンシティーが備わっている。

マーカス・ラッシュフォードはロナウドのゴールをよくお膳立てしたものの、まだスピードが上がって来ていない。

               
  ロナウド  
フェルナンデス   サンチョ
     
  フレッジ VDベーク  
       
  マクトミネイ  
テレス   ダロト
     
  マグワイア リンデロフ  
       
 
デヘア  
   
 

SPONSORED LINK

タイロン・マーシャル

ラングニック体制がスタートするが、今日は革命ではなく進化となると考える。

守備陣の唯一の疑問点はSBだ。アーセナル戦での印象的なプレーぶりによってジオゴ・ダロトは再び先発のチャンスを得る。一方、アレックス・テレスルーク・ショーのフィットネスの状態にかかわらず先発継続に値する。ショーは数週間離脱しており、控えとしてチームに戻すのが理に適っている。

ラングニック監督の下でファン・デ・ベークを見たい気持ちはあるが、フレッジは最近よりアグレッシブなポジション取りをし始めており、彼のプレスは今の役割下で素晴らしいものがある。その役割は隣に生粋の守備的なMFありきのものであり、マクトミネイが隣で先発することになる。そしてその前方で木曜日の試合でゴールへの嗅覚を取り戻したフェルナンデスが攻撃のタクトを振るう。

ラングニック暫定監督のもとでロナウドが先発するのかと疑問に思う人もいるかもしれないが、彼が先発しないとしたら負傷の場合ぐらいだろう。彼はアーセナル戦で交代した後にトンネルに直行した。もし彼が先発できるフィットネスなら、彼は先発出し、同じことがサンチョにも言える。グリーンウッドがラッシュフォードの代わりに最後の1枚に入るだろう。

               
  ロナウド  
サンチョ   グリーンウッド
     
  フレッジ フェルナンデス  
       
  マクトミネイ  
テレス   ダロト
     
  マグワイア リンデロフ  
       
 
デヘア  
   
 

スティーブン・レイルストン

ラングニック暫定監督の初采配であり、マンチェスター・ユナイテッドの新しい時代の夜明けだ。

ラングニックと言えばインテンシティーの高い攻撃的なフットボールであり、金曜日にメディアに公式にお披露目になったばかりだが、パレス戦でドイツ人指揮官の影響がある程度感じられることだろう。

ダロトはアーセナル戦でミスがなかった。なので、ワン・ビサカを押さえて引き続きスタメンに名を連ねるだろう。フレッジは序盤にデ・ヘアを踏んでしまうアクシデントはあったもののそれ以降素晴らしかった。彼とファン・デ・ベーク、フェルナンデスが中盤を構成するだろう。

ラッシュフォードはアーセナル戦でほぼ無風状態だったため、彼がスタメンから外れグリーンウッドが入るべきだろう。

               
  ロナウド  
サンチョ   グリーンウッド
  フェルナンデス  
     
  フレッジ VDベーク  
       
ショー   ダロト
     
  マグワイア リンデロフ  
       
 
デヘア  
   
 

<元記事:How Manchester United should line-up vs Crystal Palace in Ralf Rangnick’s first game@Manchester Evening News

好調なフレッジ、ラングニックのやり方にフィットしそうなファン・デ・ベーク、それとフェルナンデスの3枚構成が見てみたいけど、こうなるとフレッジじゃバランス取れないし、バランス取るならファン・デ・ベークも良さ活きなさそうだしなぁ。

そこにマクトミネイを加えて中盤を4枚にして、前線をロナウドとサンチョの2枚にしたらフェルナンデス、ファン・デ・ベークが攻撃を組み立てて有機的なフットボールになるかな?

サイドからはショー、ダロトを香車のようにオーバーラップさせまくって幅を広く使いつつ、ファン・デ・ベークやフェルナンデスはゴールに近いところでFWと絡む的な?

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

よければコメントをお願いします

アドレスは必須ですが、非公開です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自分のアバターを設定したい方はお問い合わせからユーザー登録希望の連絡をください。

AD

e1517b5fc8af0d695775a2b1097315b5.jpg
海外でどうやって美味しく米を炊くのか、それが問題だ!【一人暮らし編】

現在、カタールに単身で海外赴任しているため、食生活は基本的に自炊です。そして、その自炊生活を助けてくれているのが日本...

AnyConv.com__FJ-8BPGWYAQprff
[公式] アントニー・マルシャルがセビージャに今シーズンいっぱいローン移籍

マンチェスター・ユナイテッドのFWアントニー・マルシャルが、2021-22シーズンの残りの期間、セビージャFCに期限付き...

skysports-anthony-martial-manchester_5644901
セビージャが今シーズンいっぱいのローン移籍でマルシャル獲得に合意か

オールド・トラフォードで週末に行われたウエストハム・ユナイテッド戦でカギを握る活躍をしたアントニー・マルシャルは出場...

0_GettyImages-1366259857
ラルフ・ラングニックは既にオーレ・グンナー・スールシャールの二の舞を回避している

土曜日にオールド・トラッフォードで行われたウエストハム・ユナイテッド戦のマンチェスター・ユナイテッドのスタメンを見た...

NewImage.png
マーフィー氏はラッシュフォードが違いを生んだと絶賛【マルシャルも印象的だったとコメント】

かつてリヴァプールやイングランド代表でMFとして活躍したダニー・マーフィー氏は、マンチェスター・ユナイテッドが1-0...

→もっと見る

  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS


TOP ↑