*

4失点の守備崩壊でアウェイ無敗記録に終止符が打たれたレスター・シティ戦の選手評価

選手のコンディションというものをちゃんと評価対象に入れてんのかね、このチームは。今日のキャプテンは先発させるには厳しかったんじゃねぇのか流石に。

SPONSORED LINK

ダビド・デ・ヘア

ティーレマンスの見事なカーブのかかったシュートは防ぎようがなかった。後半のティーレマンスのシュートを防いだのは素晴らしかった。追加点を奪われるまでに更に2度セーブを見せた。 8

アーロン・ワン・ビサカ

彼個人についてはこの試合もポジティブなものだったが、最終スコアには何の影響も与えなかった。 6

ビクトル・リンデロフ

バーディーに対してファウルをしてイエローカードを貰うまでは堅固だった。その後は動揺しているように見えたが、素晴らしいパスでラッシュフォードのゴールをアシストした。 6

ハリー・マグワイア

デ・ヘアからのパスを待ちすぎたことでイヘアナチョに奪われ、同点ゴールに繋がった。守備陣を統制できず。 3

NewImage

© Getty Images

SPONSORED LINK

ルーク・ショー

攻撃を引っ張ることはなかったがコンスタントに攻撃に絡んだ。レスターの攻撃を止めることは出来ず。不思議なことに、まだCKの役割を外されたままだ。 6

ネマニャ・マティッチ

ティーレマンスの同点ゴールが入るまでは、試合の流れをよく読み、アグレッシブなパスを出していた。その後、消えていった。 6

ポール・ポグバ

何度も捕まり、マティッチだけに守備の仕事を任せた。ファイナルサードで何の影響も及ぼせず。 3

NewImage

© Getty Images

SPONSORED LINK

ブルーノ・フェルナンデス

あまりにも短期でチャンスを無駄にしすぎ。彼が試合をコントロールできないことが問題化してきており、代えられるかポジションを変えられるかもしれない。 4

メイソン・グリーンウッド

素晴らしいゴール。ユナイテッドの攻撃陣で一番脅威だったが、その後のシュートに拘る姿勢は正当化出来なかった。 7

ジェイドン・サンチョ

前半は徐々に良くなっていく流れで、ロナウドのチャンスも演出したが、指揮官が求めるような幅をチームにもたらすことが出来ず、再び最初の交代選手となった。 5

クリスティアーノ・ロナウド

1-0の時間帯の絶好機を無駄にし、降りたりサイドに流れては不可解なポジションを取った。無力だった。 4

交代出場選手

マーカス・ラッシュフォード

65分から出場し、2-2に追いつくゴールを決めた。 6

スコット・マクトミネイ

80分から出場したが投入が遅すぎ。 5

ジェシー・リンガード

80分から出場しシュートを放った。 5

指揮官

オーレ・グンナー・スールシャール

マグワイアの先発復帰が逆効果となったが、古巣のファンに対してマグワイアが神経質になった点が痛手だった。ポグバを下げることを拒否し、最後の2枚のカードを切った結果2-1と勝ち越された。 4

<元記事:Manchester United player ratings: Harry Maguire and Paul Pogba poor vs Leicester@Manchester Evening News

ポグバを中盤センターに固定して、左サイドにはラッシュフォードを固定して、このシステムで強豪との対戦が続くここからの試合でチームが上向いてくれることを祈る以外無い。

グリーンウッドをCFにして、右サイドにサンチョを先発して、ダメなら途中からロナウド投入ってパターンも出来そうではあるけど、現状はロナウドにエリア内で仕事してもらうまでのお膳立てがなかなか出来てないんだよなぁ。

SPONSORED LINK

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

Comment

  1. ルイスカルロス より:

    ロナウドを下げる勇気がないと、今後も試合を落とすことになりそうですね。
    しかし、ラッシュの復帰ゴール、グリーンウッドの久々の一発、リンデロフのアシストなどポジティブな面も多かったです。これで記録を気にせずまた思い切りプレーしてほしいですね

  2. たけっぴ より:

    マグワイアは昨日のコンディションで使うのはかわいそうでしたね。頼りにしたい気持ちはわかりますが、バイリーも経験ある選手だし、バーディとの相性考えたら、起用がどうだったのか疑問が残りました。

  3. 五月男 より:

    マグワイアが先発で名があった時の自分の安堵感は異常でした。しかし、コンディション的には最悪でしたねwww。キャプテンやらかすと結構メンタルやられるタイプに感じるのでアタランタ戦頑張ってほしいです。

    • 赤いクマー 赤いクマー より:

      あのコンディションでGOサインを出した判断がどうだったんだろうという感じでしたね。
      自分がミスしちゃうと周りへの鼓舞も空回りしかねないので、出るならビシっと締めていただきたいですね!

  4. せいせい より:

    せめてミスからの失点は無くさないと。。
    ハイプレスかわせずに自陣で取られる、オフェンスの特に遅攻になったとき、オフェンスプレーをやり切れずに雑なパスを取られたりは、もう流石に情けないと思います。
    またこんな展開じゃ二の矢三の矢がなく選手任せだと言われてしまいますよね。
    何故リンガードとカバーニがスタートじゃない。。

よければコメントをお願いします

アドレスは必須ですが、非公開です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自分のアバターを設定したい方はお問い合わせからユーザー登録希望の連絡をください。

AD

Ralf Rangnick
ランゲニックの暫定監督就任はユナイテッドサポを楽しみな気持ちにさせました

マンチェスター・ユナイテッドは、就労ビザの取得後、ラルフ・ラングニックを今シーズン終了までの暫定監督に任命したことを...

NewImage.png
フレッチャーの耳を通して何らかの指示が出ていたかもしれないチェルシー戦の選手評価

前線からのプレス、コンパクトな陣形、球際での戦う姿勢。まだ差は歴然だけど、少なくとも見失っていたものを再び見いだせた...

IMG_0491.JPG
[PL] 第11節 チェルシー戦

ショーは間に合わず!ロナウドを外しての4−4−2採用か?  2021/22プレミアリーグ 11節...

gettyimages-1355512513-612x612
キャリック代理監督のもとで臨むチェルシー戦のスタメン予想

マンチェスター・ユナイテッドはマイケル・キャリック代理監督のもとでプレミアリーグのチェルシー戦でも再び勝利を狙ってい...

NewImage.png
ポール・マーソン「今すぐポチェッティーノを引っ張ってこいよ!」

ポール・マーソン氏は、マンチェスター・ユナイテッドのマウリシオ・ポチェッティーノ獲りの動きを批判し、ラルフ・ラングニ...

→もっと見る

  • 2021年12月
    Sun Mon Tue Wed Tue Fri Sat
    « Nov    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS


TOP ↑