*

ユナイテッド「新しいドワイト・ヨークを見つけてしまったかもしれんな…」

マンチェスター・ユナイテッドが4文字のイングランド人ストライカーを獲得するという噂は実に興味をそそるものだ。

SPONSORED LINK

Danny Ings

© Getty Images

しかしながら、欧州の移籍市場の状況が変化している中で、イングランド代表キャプテンのハリー・ケインをこの夏に獲得することは道理にかなっているのだろうか?

ある段階で、ユナイテッドはボルシア・ドルトムントのアーリング・ハーランドをメインターゲットにしていたと考えられる。これは、オーレ・グンナー・スールシャール監督がノルウェー人ストライカーと個人的に繋がりがあるというアドバンテージが王者マンチェスター・シティとの差別化に繋がるからである。

だが、数週間がすぎると、ユナイテッドのこの夏のパズルの構成が変わったのである。

SPONSORED LINK

34歳のエディンソン・カバーニは心変わりして来シーズンもプレーすることになり、彼のキャリアは終盤に突入している一方で最近のパフォーマンスはまだまだやれることを示している。

アカデミー出身のメイソン・グリーンウッドもまた、昨シーズンのようなカミソリのようなタッチを取り戻している。

当然ながら、ケインの注目すべき状況の変化はユナイテッドやチェルシー、シティ、スペインなどのライバル勢をざわつかせるに十分だった。

だが、8000万ポンド(約123億円)で獲得したハリー・マグワイアのパートナー探しが続いており、ジェイドン・サンチョへの関心も復活しており、さらに 1億ポンド(約154億円)以上をかけてケインやハートランドを獲得する必要があるだろうか?

一言で言えばノーだ。しかしながら、より安価な代替案がある。

他に取り沙汰されている名前は、復活したポルトガル人ストライカーのアンドレ・シルバだ。

シルバにはフランクフルトが2600万ポンド(約40億円)の売却条項を設定していると考えられていたが、それは消滅した。いずれにせよ、攻撃陣でファーストチョイスにしなければいけないという点でケインやハートランドと条件は同じだ。

絶えず危険な存在であるカバーニがいるので、ユナイテッドはオーバーホールを考えるのではなく、短期に競争相手となる選手を必要としているのだ。

それが、ケインと同じイングランド人で4文字だが別のストライカー、ダニー・イングスだ。

SPONSORED LINK

夏の移籍市場での獲得を目指せば、28歳のサウサンプトン所属ストライカーは上述したターゲットの数分の1の値段で獲得することが可能だろう。特に、イングスの現在のサウサンプトンとの契約はあと1年しか残っていない。

サポーターの中には、彼がリヴァプールで結果を残せなかったことを指摘するものが出てくるかもしれない。

だが、もうすぐ契約が満了となるメンフィス・デパイが言っている通り、1つのトップクラブで成功しなかったからと言って、別のビッグクラブで成功しないとは言い切れない。

イングスは最近かなり成熟した選手になっており、彼にはおそらく負傷の問題がつきまとうとは思うが、彼は元ユナイテッドのストライカーであるドワイト・ヨークと同じ特徴を有している。

ユナイテッドで人気のトリニダード・トバゴ人ストライカーがオールド・トラッフォードに移籍してから23年が経とうとしているが、ヨークはアンディー・コールと魅力的な連携を構築して152試合に出場して65ゴールを記録した。

イングスはプレミアリーグのストライカーとしては139試合で55ゴールを記録しており、375試合で122ゴールのヨークよりも良いレートになっている一方で、ヨークがユナイテッドに移籍したのはイングスの今の年齢よりも1歳若かった。

当時とはフットボールも喧嘩しており、上位クラブの大半は3枚のアタッカーを起用している。

だが、イングスはカバーニの代わりにCFとして前線を引っ張ることが可能であり、さらには90年代の魔法を復活させようと2トップを採用する場合には彼とカバーニを組ますことが出来る。

もちろん、イングランド代表として3試合に出場しているイングスがケインやハーランドほど目を見張る選手ではなく、彼らほどのゴールを稼いでくれる保証もない。

だが、来シーズンのスカッドを埋めるという点では、イングスは低リスク、低価格であり、サブ探しという目的にもフィットする。

ファーガソンが長年の中位クラブであるヴィラからヨークを引き抜いてから四半世紀近くが経過したが、同じやり方がスールシャール監督のこの夏の攻撃陣の補強方針になるだろうか?

<元記事:Manchester United might have found their new Dwight Yorke ahead of transfer window@Manchester Evening News

そこそこの選手を獲得するならマルシャルのままでも良いような?

来シーズンはカバーニがいるから、その次のシーズンあたりに大物を獲りたいんだけどな。ケインもハーランドもこの夏はとりあえず残留してくれんかなw?

SPONSORED LINK

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

よければコメントをお願いします

アドレスは必須ですが、非公開です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自分のアバターを設定したい方はお問い合わせからユーザー登録希望の連絡をください。

AD

NewImage.png
スールシャール監督が延命するのはタイトルが必須か

マーティン・キーオン氏は、オーレ・グンナー・スールシャール監督がマンチェスター・ユナイテッドの監督の座に留まるために...

NewImage.png
最近の低パフォーマンスっぷりが示すのは戦術面の手腕の欠如

マンチェスター・ユナイテッドのシーズンは、本調子じゃないレスター・シティに敗れたことで悪化の一途を辿っており、この結...

NewImage.png
4失点の守備崩壊でアウェイ無敗記録に終止符が打たれたレスター・シティ戦の選手評価

選手のコンディションというものをちゃんと評価対象に入れてんのかね、このチームは。今日のキャプテンは先発させるには厳し...

IMG_0294.JPG
[PL] 第8節 レスター・シティ戦

キャプテンが戦列復帰!中盤センターはマティッチとポグバ!両翼はグリーンウッドとサンチョのイングランド勢! &n...

NewImage.png
ようやく帰ってきた週末の楽しみ!果たしてレスター戦のスタメンやいかに?

CBに不安抱えて守備陣崩壊とかそんな展開いらないからね!© Getty Images マンチェスター・ユナイテッド...

→もっと見る

  • 2021年10月
    Sun Mon Tue Wed Tue Fri Sat
    « Sep    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS


TOP ↑