*

ポグバが自ら明かすグラナダ戦のハーフタイム交代の裏側【交代以外の選択肢は無かった】

ポール・ポグバは、木曜夜の2-0で勝利したグラナダ戦において、ハーフタイムに交代する以外の選択肢は無かったと認めた模様。

SPONSORED LINK

D5B2E117-774C-4066-8BBD-5B1DE18BF625

© BT Sport

ユナイテッドはオールド・トラッフォードで行われたセカンドレグもハードに戦い、2-0で勝利してトータルスコアを4-0としてASローマとの準決勝へと駒を進めた。

ポグバは、ハリー・マグワイアが不在だったためキャプテンを務めたが、最後にキャプテンを務めたのはもう2年以上も前のことである。だが、ポグバは退場の懸念があったためにハーフタイムで交代となった。

gettyimages-1312712874-612x612

© Getty Images

フランス人MFは前半、厳しい判定でイエローカードを貰うと、その後イエローカードを出されてもおかしくないファウルをしたことでグラナダの選手達が主審に詰め寄る場面があった。

SPONSORED LINK

レッドカードを貰ってしまうとポグバは今月下旬のローマとのファーストレグに出場できなくなるため、オーレ・グンナー・スールシャール監督はハーフタイムで自分のことを代えざるを得なかったと試合後にBT Sportに対してポグバは語った。

下がらざるを得なかった。だけど、私は自分が他の選手と交代すれば、その選手が同じように違いを生み出してくれると分かっています。

このイエローカードは不運でした。私的にはイエローカードじゃないし、多くの人もそう思っていると確信しています。だけど、受け入れないといけません。私は、自分に対するファウルだと思っていますが、我々が勝利したという事が何よりも重要です。
SPONSORED LINK

もし後半もピッチに残っていたらグラナダの選手は自分のことを退場させようとハメに来ていたと思うかと聞かれたポグバは、次のように返答。

間違いないでしょ。直後にファウルした時に、選手全員がアピールしていたもの。あれを見た時に、監督はレッドカード貰う前に交代した方が良いと思ったし、チームを難しくさせちゃう可能性があったからね。

試合後、スールシャール監督は以下のように答えた。

時々、ポールは勝ちたい思いが出過ぎちゃうんだよね。イエローカードを貰

ポール・ポグバは、木曜夜の2-0で勝利したグラナダ戦において、ハーフタイムに交代する以外の選択肢は無かったと認めた模様。

© BT Sport

ユナイテッドはオールド・トラッフォードで行われたセカンドレグもハードに戦い、2-0で勝利してトータルスコアを4-0としてASローマとの準決勝へと駒を進めた。

ポグバは、ハリー・マグワイアが不在だったためキャプテンを務めたが、最後にキャプテンを務めたのはもう2年以上も前のことである。だが、ポグバは退場の懸念があったためにハーフタイムで交代となった。

フランス人MFは前半、厳しい判定でイエローカードを貰うと、その後イエローカードを出されてもおかしくないファウルをしたことでグラナダの選手達が主審に詰め寄る場面があった。

SPONSORED LINK

レッドカードを貰ってしまうとポグバは今月下旬のローマとのファーストレグに出場できなくなるため、オーレ・グンナー・スールシャール監督はハーフタイムで自分のことを代えざるを得なかったと試合後にBT Sportに対してポグバは語った。

下がらざるを得なかった。だけど、私は自分が他の選手と交代すれば、その選手が同じように違いを生み出してくれると分かっています。

このイエローカードは不運でした。私的にはイエローカードじゃないし、多くの人もそう思っていると確信しています。だけど、受け入れないといけません。私は、自分に対するファウルだと思っていますが、我々が勝利したという事が何よりも重要です。
SPONSORED LINK

もし後半もピッチに残っていたらグラナダの選手は自分のことを退場させようとハメに来ていたと思うかと聞かれたポグバは、次のように返答。

間違いないでしょ。直後にファウルした時に、選手全員がアピールしていたもの。あれを見た時に、監督はレッドカード貰う前に交代した方が良いと思ったし、チームを難しくさせちゃう可能性があったからね。

試合後、スールシャール監督は以下のように答えた。

時々、ポールは勝ちたい思いが出過ぎちゃうんだよね。イエローカードを貰った後も何度かタックルを仕掛けていたが、(ポグバ退場の)リスクは冒したくなかった。彼は良いプレーをしていたとしたんだけどね。我々は3人を出場停止でいたし、(ポグバの出場停止が無くても)シーズンは十分ハードだからね。

<元記事:Manchester United midfielder Paul Pogba explains his substitution vs Granada@Manchester Evening News

ポグバは、ファウル取られたこともイエローカード出されたことも納得していないだろうけど、ハーフタイムで交代になったことには納得してそうでよかった。

後半のアマドへのタックルをスルーしたのもそうだし、主審はポグバへのミスジャッジでメダパニくったのかな?

ローマとのファーストレグにポグバ出れるし、ファン・デ・ベークの出場時間増えたとポジティブに考えよう!

SPONSORED LINK

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

よければコメントをお願いします

アドレスは必須ですが、非公開です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自分のアバターを設定したい方はお問い合わせからユーザー登録希望の連絡をください。

AD

Ralf Rangnick
ランゲニックの暫定監督就任はユナイテッドサポを楽しみな気持ちにさせました

マンチェスター・ユナイテッドは、就労ビザの取得後、ラルフ・ラングニックを今シーズン終了までの暫定監督に任命したことを...

NewImage.png
フレッチャーの耳を通して何らかの指示が出ていたかもしれないチェルシー戦の選手評価

前線からのプレス、コンパクトな陣形、球際での戦う姿勢。まだ差は歴然だけど、少なくとも見失っていたものを再び見いだせた...

IMG_0491.JPG
[PL] 第11節 チェルシー戦

ショーは間に合わず!ロナウドを外しての4−4−2採用か?  2021/22プレミアリーグ 11節...

gettyimages-1355512513-612x612
キャリック代理監督のもとで臨むチェルシー戦のスタメン予想

マンチェスター・ユナイテッドはマイケル・キャリック代理監督のもとでプレミアリーグのチェルシー戦でも再び勝利を狙ってい...

NewImage.png
ポール・マーソン「今すぐポチェッティーノを引っ張ってこいよ!」

ポール・マーソン氏は、マンチェスター・ユナイテッドのマウリシオ・ポチェッティーノ獲りの動きを批判し、ラルフ・ラングニ...

→もっと見る

  • 2021年12月
    Sun Mon Tue Wed Tue Fri Sat
    « Nov    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS


TOP ↑