*

ノリッジ戦のマン・オブ・ザ・マッチは好セーブ連発したデ・ヘア!

マンチェスター・ユナイテッドは、後半のクリスティアーノ・ロナウドのゴールによってノリッジに1−0で勝利。

SPONSORED LINK

NewImage

© Getty Images

7番はスコット・マクトミネイのクロスが入った際にアーロンズにホールディングされてPKを獲得し、これを自らクールに決めてみせた。

これによりラングニック暫定監督は就任以来リーグ戦2連勝。

アレックス・テレスのFKがバーに当たるシーンもあったタイトな前半を0−0で終えると、ノリッジは後半序盤に試合の流れを掴み攻勢を強めた。しかし、プーキの左足の強烈なシュートにはダビド・デ・ヘアが反応。

ロナウドがPKを決めたあとも、ホームチームが同点に戻そうと攻め入ってきたが、デ・ヘアが今度はカバクのヘッダーをファインセーブ。また、ハリー・マグワイアエリック・バイリーも重要なブロックを見せた。カバクは再びアディショナルタイムにも同点ゴールを狙ったが、これもデ・ヘアが対処した。

中盤センターのマクトミネイ、フレッジもこの試合で好プレーを見せたのでマン・オブ・ザ・マッチの候補になったかもしれないが、ファンから見てデ・ヘア以上の適任者はいなかった。

デ・ヘアは68%の支持を集め、11月の月間MVPに続いての受賞となった。

スクリーンショット 2021 12 12 11 42 46

© Manchester United

SPONSORED LINK

PKを決めたロナウドが21%で次点、ラングニック就任以来好調を維持するフレッジが3位(4%)となった。

NewImage

© Manchester United

SPONSORED LINK

ラングニック暫定監督もファンの投票結果に同意のようだ。

(デ・ヘアは世界最高のGKの1人と言われる所以を示したかと問われると)同意しかないね。ファンタスティックなパフォーマンスだった。彼はおそらくこの試合のマン・オブ・ザ・マッチだろうね。2、3回ブリリアントなセーブがあったよ。

<元記事:WHO WAS UNITED’S MAN OF THE MATCH? @マンチェスター・ユナイテッド公式サイト

デ・ヘアのユニフォーム応募ページは→ こちら

試合後の解説でも当然デ・ヘアにフォーカスしてました(言葉わからないけど)

この試合はユナイテッド守備陣の後ろのスペースに相手がボールを蹴り込むことも殆ど無かったし、デ・ヘアのウィークポイントが露呈せず、ストロングポイントが全面に押し出される試合だった。

マグワイアの調子が今ひとつだった感じがしたのも被シュートが増える要因だったのかな?

あとは、ファウルも多かったから、セットプレー絡みでシュートまで行かれるシーンが多かったからね。デ・ヘアの出番多かった。

SPONSORED LINK

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

よければコメントをお願いします

アドレスは必須ですが、非公開です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自分のアバターを設定したい方はお問い合わせからユーザー登録希望の連絡をください。

AD

NewImage.png
「彼は戦いに勝った」—ユナイテッドのレギュラーになるためにいかにしてジオゴ・ダロトはスールシャールに抗ったのか

オーレ・グンナー・スールシャールがマンチェスター・ユナイテッドで監督を努めていた時に、最も聞かれた意見の1つが、”ジオゴ...

gettyimages-1412023257-612x612
プレシーズンの勝ち組5人と負け組5人【アピール成功した選手、出来なかった選手】

Manchester Evening Newsのアイザック・ジョンソン記者がピックアップした、プレシーズンを通じてア...

gettyimages-1242225463-612x612
まったくの独断と偏見でお送りする各ポジションごとの充実度と期待度

いつだって各ポジションの層の厚さはアンバランスなのがユナイテッド(?)Embed from Getty Images...

Bae4.jpg
ドーハのワールドカップ関連インスタ映えスポット

市内にワールドカップ関連のバエそうなものが色々とできているんですわ! まずは、ドーハ中心ウエストベイ(West Bay...

c36fecddbad492b51079a17cdc08fa81.png
ラマダン明けのイードホリデーは花火も上がるしホコ天も誕生

ラマダンとその後に訪れたイードホリデーなるニギニギした感じも初体験わず。 ラマダンとは、日中は水ぐらいしか飲まず、...

→もっと見る

  • 2022年8月
    Sun Mon Tue Wed Tue Fri Sat
    « Jun    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS


TOP ↑