*

ロナウドやマルシャルも復帰したブレントフォード戦のスタメンはどうなるか?

プレミアリーグのブレントフォード戦で連勝街道に舞い戻りを目指すマンチェスター・ユナイテッド。

SPONSORED LINK

ラルフ・ラングニック監督率いるユナイテッドは歴史上初めてブレントフォード・コミュニティ・スタジアムを訪れる。この組み合わせは、本来は先月行われる予定だったがそれが延期になっていた。

1947年以来となる両者のリーグ戦での対戦であり、かつての対戦はグリフィン・パークにて行われ、その時はスコアレスドローだった。

チーム情報については、ルーク・ショースコット・マクトミネイが1試合のオツトメを終えて戦列に復帰。一方、クリスティアーノ・ロナウドマーカス・ラッシュフォードの両名は最後にフィットネステストを行う。

0_ECE_01_MAN_UNITED_AIRPORT

© Eamonn and James Clark

SPONSORED LINK

サムエル・ラックハースト

ビクトル・リンデロフハリー・マグワイア欠場の好機を活かせてはいないが、今はまだマグワイアはベンチに座っておくべきだ。同じことがアーロン・ワン・ビサカジオゴ・ダロトにも言える。アレックス・テレスはLSB先発維持に値する。

マクトミネイは中盤の底としてのみ復帰するに値する。そうすることで、ユナイテッドはフレッジをより前でプレーさせることができ、ブレントフォードにプレスをかけられる。ブルーノ・フェルナンデスは短期間のフォーム低下があったが、ヴィラ・パークで単体10番としてプレーしてフォームを戻してきている。

メイソン・グリーンウッドアンソニー・エランガマーカス・ラッシュフォードジェイドン・サンチョよりも脅威になっているように見える。クリスティアーノ・ロナウドは絶対先発。

               
  ロナウド  
エランガ   グリーンウッド
     
  フレッジ フェルナンデス  
       
  マクトミネイ  
テレス   ダロト
     
  ヴァラン リンデロフ  
       
 
デヘア  
   
 

0_ECE_25_MAN_UNITED_AIRPORT

© Eamonn and James Clarke

SPONSORED LINK

タイロン・マーシャル

ユナイテッドはヴィラ・パークでの試合で試合を支配できなかったかもしれないし、完璧なパフォーマンスからは程遠かったが、採用した4-3-3システムは長い時間に渡って良く機能しているように見受けられたし、継続させる価値がある。

4バックは変更なしの可能性がある。ダロトは守備面で確信を持てないが、前への推進力はワン・ビサカよりも持っており、リンデロフはマグワイアよりもまだ序列が上だろう。マグワイアは休養を貰うことでプラスに働く可能性がある。ショーは出場停止明けだが、テレスはヴィラ戦で良かったし、左サイドでフェルナンデスと良い連携を見せていたことは励みになる。

このシステムの問題点は、ネマニャ・マティッチしかホールディングMFの真の意味での候補者がいない点だ。マクトミネイがそこで成長する可能性はあるが、歴代の監督達はそれを試すのを躊躇してきた。フレッジとフェルナンデスの8番としての連携は有望だと感じる。フレッジは素晴らしいプレスを仕掛けることが可能で、フェルナンデスは左に流れて脅威となっていた。

フェルナンデスの印象的な組み立てにはエランガも絡んでおり、たとえラッシュフォードのフィットネスが戻っていたとしても、ラッシュフォードに取って代わることなくエランガが先発に留まるべき。ロナウドが臀部の負傷から回復しているなら先発復帰すべきだし、グリーンウッドは右サイドで先発すべき。

               
  ロナウド  
エランガ   グリーンウッド
     
  フレッジ フェルナンデス  
       
  マティッチ  
テレス   ダロト
     
  ヴァラン リンデロフ  
       
 
デヘア  
   
 

スティーブン・レイルストン

マグワイアには休息が必要だった。そして今、3試合を欠場した。リンデロフはヴィラ戦で凡庸な出来であり、おそらく今こそキャプテンがスタメンに戻る時なのではないだろうか。ショーも出場停止が明けてスタメンに戻るだろう。テレスは土曜日のヴィラ戦でミスがあったわけではないが、ショーはより優れたLSBでありバーンリー戦では印象的なパフォーマンスを示していた。

中盤はホールディングMFのスペシャリストであるマティッチがいないとバランスに欠ける可能性があるが、ラングニック監督はユナイテッドが試合でもっと積極的であることを求めており、中盤のトリオはマクトミネイ、フレッジ、フェルナンデスになる可能性がある。

エランガはヴィラ戦で輝いていたので連続先発出場。

               
  ロナウド  
エランガ   グリーンウッド
     
  フレッジ フェルナンデス  
       
  マクトミネイ  
ショー   ダロト
     
  マグワイア ヴァラン  
       
 
デヘア  
   
 

<元記事:How Manchester United should line up vs Brentford in Premier League fixture@Manchester Evening News

逆三角形型の中盤3枚で、ロナウドをCFで起用することをトライかな。

本調子のラッシュフォードなら左サイドをお願いしたいけど、最近のラッシュフォードのフォームだと若手エランガの積極性と好調さに期待したくなっちゃうかな。

マティニキは流石にこの試合間隔は厳しいと思うから、マクトミネイかなー。マティッチみたいにCBから積極的にボールを引き出して、前線と後方を繋ぐ役割を果たしてもらいたい。

SPONSORED LINK

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

よければコメントをお願いします

アドレスは必須ですが、非公開です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自分のアバターを設定したい方はお問い合わせからユーザー登録希望の連絡をください。

AD

c36fecddbad492b51079a17cdc08fa81.png
ラマダン明けのイードホリデーは花火も上がるしホコ天も誕生

ラマダンとその後に訪れたイードホリデーなるニギニギした感じも初体験わず。 ラマダンとは、日中は水ぐらいしか飲まず、...

0_GettyImages-1384613121
神っぽいな それ ロナウド 神っぽいな それ (My God) 【トッテナム戦の選手評価】

明らかに昨日のロナウドは調子エグかった。 ダビド・デ・ヘア ハリー・ケインのPKは相手がうまかったし、ハリー・マ...

IMG_0948.JPG
[CL] 決勝T1回戦 アトレティコ・マドリー戦(1st)

ポグバ、セレソン、フェルナンデスの中盤が火を吹くか?  2021/22 CL 決勝T 1st L...

IMG_0934.JPG
[PL] 第23節 バーンリー戦

今日の前線オヤブンはカバーニィィ!  2021/22プレミアリーグ 23節  バ...

gettyimages-1369178082-612x612
最後の希望であるトップ4入りに向けてしっかりと切り替えてもらいたいバーンリー戦のスタメン予想

マンチェスター・ユナイテッドは、バーンリーと対戦する火曜日のリーグ戦でしっかりと形で示す必要がありあり。 ラル...

→もっと見る

  • 2022年5月
    Sun Mon Tue Wed Tue Fri Sat
    « Mar    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS


TOP ↑