*

アマド・ディアロをスカッドに入れることで、1人あぶれる選手が

マンチェスター・ユナイテッドはアマド・ディアロ・トラオレが今月始めに加入してきて以来、彼に感銘を受け続けている。

SPONSORED LINK

NewImage

© Getty Images

ユナイテッドの新獲得選手のアマド・ディアロはアタランタからやって来て以来印象的なアピールを続けたことで主要メンバーに合流しようとしている。若きスターにはもの凄いポテンシャルが秘められており、スールシャール監督は彼にはファーストチームでこなせる役割があると考えている。

そして、彼のファーストチーム加入に伴ってところてん方式でクラブから去ることになる選手がジェシー・リンガードだとみられている。

SPONSORED LINK

イングランド人スターは22名のメインスカッドから外されており、そこにディアロが入るものと見られている。

リンガードは今シーズンは殆ど出場しておらず、Manchester Evening Newsでは28歳が今月中にオールド・トラッフォードを去る可能性があると報じている。

スールシャール監督はリンガードのことを質問された際に、何名かがクラブを去る可能性があることを認めている。

SPONSORED LINK
個人について言及したくは無いが、我々は1人、2人の退団を許可するかもしれない。

だが、我々の強みはスカッドの層の厚さであり、スカッドの深みだ。我々は選手を斬ることでその強みを失うことはしたくない。

もしリンガードが対談しなければ、ヨーロッパリーグに出場する可能性があり、同大会では決勝の前までに8試合が残っている。

同じことが、将来スターになる可能性があるとユナイテッドが考えているディアロについても言える。

リンガード同様、セルヒオ・ロメロマルコス・ロホも今月のうちにオールド・トラッフォードを去る可能性がある。

フィル・ジョーンズはここまで出場していないのに負傷に悩まされているため、退団は夏の移籍市場になるとみられている。

<元記事:Manchester United make Amad Diallo decision as Ole Gunnar Solskjaer axes another star@Daily Express

今月中に2人を放出するとしたら、ロホとロメロの方が可能性高いような気もするけど…。

リンガードの場合、昨シーズンは母親のうつ病、それに伴う家族(下の兄弟)の面倒をみるとか、プライベートで色々あったからねぇ。その影響がなくなってプレーに専念できるようになればまだやれると思うけど、それでも今のユナイテッドでレギュラーの座を奪い取るのはもう難しい気がする。

ユナイテッドで控えとしてカップ戦等で出場するのが良いのか、それとも他のクラブでレギュラーとしてプレーするのが良いのか、最終的にはリンガードの決断次第かな。

SPONSORED LINK

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

よければコメントをお願いします

アドレスは必須ですが、非公開です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自分のアバターを設定したい方はお問い合わせからユーザー登録希望の連絡をください。

AD

NewImage.png
「彼は戦いに勝った」—ユナイテッドのレギュラーになるためにいかにしてジオゴ・ダロトはスールシャールに抗ったのか

オーレ・グンナー・スールシャールがマンチェスター・ユナイテッドで監督を努めていた時に、最も聞かれた意見の1つが、”ジオゴ...

gettyimages-1412023257-612x612
プレシーズンの勝ち組5人と負け組5人【アピール成功した選手、出来なかった選手】

Manchester Evening Newsのアイザック・ジョンソン記者がピックアップした、プレシーズンを通じてア...

gettyimages-1242225463-612x612
まったくの独断と偏見でお送りする各ポジションごとの充実度と期待度

いつだって各ポジションの層の厚さはアンバランスなのがユナイテッド(?)Embed from Getty Images...

Bae4.jpg
ドーハのワールドカップ関連インスタ映えスポット

市内にワールドカップ関連のバエそうなものが色々とできているんですわ! まずは、ドーハ中心ウエストベイ(West Bay...

c36fecddbad492b51079a17cdc08fa81.png
ラマダン明けのイードホリデーは花火も上がるしホコ天も誕生

ラマダンとその後に訪れたイードホリデーなるニギニギした感じも初体験わず。 ラマダンとは、日中は水ぐらいしか飲まず、...

→もっと見る

  • 2022年8月
    Sun Mon Tue Wed Tue Fri Sat
    « Jun    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS


TOP ↑