*

ラッシュフォードが絶好のチャンスを無駄にしたシーンでのリアクションについて説明

ジョゼ・モウリーニョ監督は、勝利したヤング・ボーイズ戦でのマーカス・ラッシュフォードのフィニッシュへのリアクションに関してのゲーリー・リネカー氏とポール・スコールズ氏からの批判を嘲笑い、監督業の厳しさを分かっちゃいないと主張。

SPONSORED LINK

NewImage

© Getty Images

ラッシュフォードは、ユナイテッドが決勝トーナメント進出を決めた1-0で勝利したヤング・ボーイズ戦の序盤に訪れた絶好のチャンスを無駄にした。今シーズンまだクラブで2ゴールしか決められていないラッシュフォードが、シュートをゴールの上に外してボールがゴールネットの上に乗るのを見たモウリーニョ監督は頭を横に振った。

SPONSORED LINK

BT Sportでの放送でキャスターを努めたリネカー氏は、モウリーニョ監督のこのリアクションの動画へのリンクをツイートし、次のように呟いた。

観客やベンチの方を向き、自前の選手の1人、ましてや若手に対して嫌悪感を示すように首を振る。コーチとして、あんな素振りはしちゃいけない。
SPONSORED LINK

ユナイテッドのレジェントであるスコールズ氏とリオ・ファーディナンド氏はスタジオ・ゲストとしてこの放送に出演しており、両者ともにモウリーニョ監督のタッチライン際での振る舞いを批判した。モウリーニョ監督は、批評家たちは自分たちの仕事であるプレーに関する批評・批判に徹するべきだとコメント。

我々は十分にゴールを奪えなかったが、それはマーカスのことじゃない。チームとしての我々のことであり、ゴールを奪うことは非常に難しい。だが、マーカスは動き出しを見せ、走り、我々側にボールがある時も無い時もハードワークしている。

そして、私はチャンスでミスしたことで一度も選手を責めることはしない。私はタッチライン際に立てるが、解説者の多くの者はそこに立ったことが無いが、私や他の監督はタッチライン際でフラストレーションを示すことが出来ないのか?

彼らを監督としてベンチに座すことに招待したいが、おそらくバルバドスで長い休暇を取った方が良いんだろうし、TVを見て電子デバイスで説明している方が、我々監督がタッチライン際にいるよりも断然快適だよ。

だから、私は正しいフットボールの監督というのは、絶対にタッチライン際での感情的なリアクションについて他者を貶したりはしないと確信を持っているよ。だって、それ(他者のそういったリアクション)は自分の行いのデジャヴなんだからね。素晴らしい人生を送っている者にとっては、異なるんだろうけど。
SPONSORED LINK

モウリーニョ監督はその後、スコールズ氏のコメントについての言及を拒否しており、スコールズ氏はスイスのチームに対してもっと楽に勝つべきだったと語っていた。

私はミスター・スコールズにはコメントしないよ。私はコメントしない。

<元記事:Manchester United manager Jose Mourinho explains reaction to Marcus Rashford finish@Manchester Evening News

ラッシュフォードがこのチャンスを決めてくれてたらもうちょっと違った展開になっただろうし、ゴールラッシュになっていたかもしれない。

いや、ゴールラッシュはないかな苦笑

今後は、こういう確実に決められるチャンスを決めないと決勝トーナメントで生き残るのは難しいし、ラッシュフォードにはそういう冷酷な点取り屋になってもらいたいんだけどなー。ブレイクしたファーストシーズンが一番決定力あったような気がするなぁー。

SPONSORED LINK

追記

なお、かつてサー・アレックス・ファーガソンがクリスティアーノ・ロナウドのシュートミスに対して見せたリアクションがこちらです。

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

Comment

  1. あひる より:

    歳をとるにつれて決定力と積極性が無くなっていくラッシュ君…悲しい

    まぁでも1年目ってファンハールで攻撃的なスタイルだったから、FWからしたら点取りやすかったと思うですよね。まず決定機の数が違うから、これを外してもまだ次があるみたいな心の余裕もあったのかもしれません。だから、少ないチャンスを確実に決めていくモウリーニョのサッカーはラッシュだけに限らず、FWにとってはとても大変でしょう。特に若手にとっては尚更。だからモウリーニョの戦術においてFWは既に完成されたような選手じゃないとダメですね。そして同時にモウリーニョが若手の攻撃的な選手を育てられない理由も分かる気がします。

  2. やつはし より:

    申し訳ないけど、ラッシュの援護は出来ない。決めなければいけないシーンで決めるのがFWの仕事で、チャンスがあるなしは関係ない。ボールが絶好のチャンスで回って来たら決める。これが彼等の仕事。
    何度も何度もそういうシーンを外し続けてるのに援護は出来ない。寧ろチャンスが少ない時程決めなきゃいけないのにチャンスの回数が多くないと…ってのは若手であってもそれはFWとしては落第者だよ

  3. 匿名 より:

    本当そう思いますよ。ラッシュの決定力の無さが問題なのに、負けた時にヒステリックにモウリーニョを叩くお馴染みの連中のコメント。うんざりするわ。

よければコメントをお願いします

アドレスは必須ですが、非公開です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自分のアバターを設定したい方はお問い合わせからユーザー登録希望の連絡をください。

AD

NewImage.png
スールシャール監督が延命するのはタイトルが必須か

マーティン・キーオン氏は、オーレ・グンナー・スールシャール監督がマンチェスター・ユナイテッドの監督の座に留まるために...

NewImage.png
最近の低パフォーマンスっぷりが示すのは戦術面の手腕の欠如

マンチェスター・ユナイテッドのシーズンは、本調子じゃないレスター・シティに敗れたことで悪化の一途を辿っており、この結...

NewImage.png
4失点の守備崩壊でアウェイ無敗記録に終止符が打たれたレスター・シティ戦の選手評価

選手のコンディションというものをちゃんと評価対象に入れてんのかね、このチームは。今日のキャプテンは先発させるには厳し...

IMG_0294.JPG
[PL] 第8節 レスター・シティ戦

キャプテンが戦列復帰!中盤センターはマティッチとポグバ!両翼はグリーンウッドとサンチョのイングランド勢! &n...

NewImage.png
ようやく帰ってきた週末の楽しみ!果たしてレスター戦のスタメンやいかに?

CBに不安抱えて守備陣崩壊とかそんな展開いらないからね!© Getty Images マンチェスター・ユナイテッド...

→もっと見る

  • 2021年10月
    Sun Mon Tue Wed Tue Fri Sat
    « Sep    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS


TOP ↑