*

夏の移籍市場に備えてジョアン・マリオとウィリアム・カルバーリョをチェック

報道によると、マンチェスター・ユナイテッドの代表団は来たる夏の移籍市場での獲得に向けてウィリアム・カルバーリョジョアン・マリオをチェックしていた模様。

SPONSORED LINK

スカウト陣はスポルティング・リスボンが1-0でモレイレンセに勝利した試合を視察し、カルバーリョとマリオの両名をチェックしていたとのこと。

ユナイテッドは失意のプレミアリーグでの結果を踏まえ、既に来シーズンのチーム作りを検討している。

そして、The Sun によるとポルトガル人選手2名はそんなユナイテッドのレーダーに補足されているとのことである。

SPONSORED LINK

Unnamed© AFP/Getty Images

24歳のカルバーリョはここ数年に渡りユナイテッドに注視されてきており、同じくアーセナルのターゲットにもなっている。

一方の23歳のマリオはここ数週間の間にユナイテッドが関心を持ちだした選手である。

Mario© Getty Images

マリオはポルトガルリーグでLWGとしてシーズンを楽しんでおり、移籍というステップアップを選択する可能性がある。

この夏にユナイテッドの監督としてジョゼ・モウリーニョがやって来るという噂もあり、新監督も同郷から2名がやって来ることを歓迎するかもしれない。

<元記事:Manchester United scout William Carvalho and Joao Mario ahead of potential transfers@Metro

モウリーニョが監督就任という噂から派生したモウリーニョ関連ゴシップのような気もするけど、確かにカルバーリョはずっとユナイテッド、アーセナルの噂はあったね。

ただし、ポジション的にはブリント、シュナイデルラン、キャリックや使いようによってはシュバインシュタイガー、フェライニ、エレーラもいるし、期待のフォス・メンサーも控えているんだよなぁ。

LWGは獲るならビッグネームのような気がする。CL出場権が得られなくてビッグネームは来てくれず、このポジションは誰も補強しないという結末だと予想。

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

Comment

  1. エリック ザ K より:

    23、4では最早若手とは思えなくなってしまった自分が怖いような嬉しいような今日この頃

よければコメントをお願いします

アドレスは必須ですが、非公開です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自分のアバターを設定したい方はお問い合わせからユーザー登録希望の連絡をください。

AD

e1517b5fc8af0d695775a2b1097315b5.jpg
海外でどうやって美味しく米を炊くのか、それが問題だ!【一人暮らし編】

現在、カタールに単身で海外赴任しているため、食生活は基本的に自炊です。そして、その自炊生活を助けてくれているのが日本...

AnyConv.com__FJ-8BPGWYAQprff
[公式] アントニー・マルシャルがセビージャに今シーズンいっぱいローン移籍

マンチェスター・ユナイテッドのFWアントニー・マルシャルが、2021-22シーズンの残りの期間、セビージャFCに期限付き...

skysports-anthony-martial-manchester_5644901
セビージャが今シーズンいっぱいのローン移籍でマルシャル獲得に合意か

オールド・トラフォードで週末に行われたウエストハム・ユナイテッド戦でカギを握る活躍をしたアントニー・マルシャルは出場...

0_GettyImages-1366259857
ラルフ・ラングニックは既にオーレ・グンナー・スールシャールの二の舞を回避している

土曜日にオールド・トラッフォードで行われたウエストハム・ユナイテッド戦のマンチェスター・ユナイテッドのスタメンを見た...

NewImage.png
マーフィー氏はラッシュフォードが違いを生んだと絶賛【マルシャルも印象的だったとコメント】

かつてリヴァプールやイングランド代表でMFとして活躍したダニー・マーフィー氏は、マンチェスター・ユナイテッドが1-0...

→もっと見る

  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS


TOP ↑