*

マルシャル獲得でエブラが暗躍していた?

公開日: : 移籍情報15 , ,

マンチェスター・ユナイテッドのFWアントニー・マルシャルは、ファンは自分をユナイテッドに連れてきたパトリス・エブラに感謝してねと語った模様。

SPONSORED LINK

image© Getty Images

20歳のマルシャルは昨夏ユナイテッドと契約したが、その前にはエブラが同じフランス人であるマルシャルに自身のユナイテッドへの愛を語っていたとInside Unitedで明らかにした。

パトリス・エブラは自分にこう言ったんだ。「チャンピオン達のクラブだ。誰もが勝利に飢えている」ってね。そして自分がここにやって来てみて、自分自身でもそのように感じてるよ。
SPONSORED LINK
エブラはフランスで自分と同じ街に住んでて、ユナイテッドに関しては良いことしか言わなかったんだ。

彼は自分に、ここでは選手として最高の時が過ごせたと語ったんだ。だから、彼が自分をユナイテッドに呼び寄せたと言えるね。

<元記事:Anthony Martial reveals it was Patrice Evra who persuaded him to join Manchester United last summer@Metro

エブラ兄さん、ありがとうございます!

エブラといい、ビディッチといい、ユナイテッド愛に溢れる選手を獲得したことは本当にユナイテッドにとって大きな財産となったなー。

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

Comment

  1. エルナンデス より:

    エブラもビディッチも、ユナイテッド愛が強くなったのは
    全てファーガソンが作ってきたユナイテッドで過ごせたからですよね

    今、この2人が在籍してたら…同じ事言ってくれますかね?

    これが大問題だと思うんですよ!早くされ!ファンファン!!
    強く選手からもファンかも愛されるクラブに戻ってほしい!!

    少なくてもファーガソンに監督早く辞めてくれ!なんていうサポは
    世界中に1人もいなかったと思います。

  2. おでん より:

    俺は1人でこのブログをつまらなくしているあんたに去って欲しい

    • raw より:

      同感です
      一人だけ浮きまくってますもんね

    • カントナ より:

      いくらみんなに返信されても理解しようとしない、変えようとしない
      やってることは勝てないときのファンハールと一緒なんですよね…

  3. becks becks より:

    エブラ最高
    マルシャルとデヘア居なかったら今頃は…と考えるとゾッとします(;´д`)

よければコメントをお願いします

アドレスは必須ですが、非公開です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自分のアバターを設定したい方はお問い合わせからユーザー登録希望の連絡をください。

AD

NewImage.png
「彼は戦いに勝った」—ユナイテッドのレギュラーになるためにいかにしてジオゴ・ダロトはスールシャールに抗ったのか

オーレ・グンナー・スールシャールがマンチェスター・ユナイテッドで監督を努めていた時に、最も聞かれた意見の1つが、”ジオゴ...

gettyimages-1412023257-612x612
プレシーズンの勝ち組5人と負け組5人【アピール成功した選手、出来なかった選手】

Manchester Evening Newsのアイザック・ジョンソン記者がピックアップした、プレシーズンを通じてア...

gettyimages-1242225463-612x612
まったくの独断と偏見でお送りする各ポジションごとの充実度と期待度

いつだって各ポジションの層の厚さはアンバランスなのがユナイテッド(?)Embed from Getty Images...

Bae4.jpg
ドーハのワールドカップ関連インスタ映えスポット

市内にワールドカップ関連のバエそうなものが色々とできているんですわ! まずは、ドーハ中心ウエストベイ(West Bay...

c36fecddbad492b51079a17cdc08fa81.png
ラマダン明けのイードホリデーは花火も上がるしホコ天も誕生

ラマダンとその後に訪れたイードホリデーなるニギニギした感じも初体験わず。 ラマダンとは、日中は水ぐらいしか飲まず、...

→もっと見る

  • 2022年8月
    Sun Mon Tue Wed Tue Fri Sat
    « Jun    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS


TOP ↑