*

ノリッジ戦1-0勝利で学んだ5つのこと

マンチェスター・ユナイテッドは土曜日のノリッジ戦で1-0の勝利を収め、チャンピオンズリーグ出場権を争うマンチェスター・シティにプレッシャーをかけることに成功。

SPONSORED LINK

フアン・マタのサイドキックによるゴールによって、明日アーセナルとの試合を控えるシティとの勝点差が1ポイントに。

Getty Images Mata Shoot© Getty Images

ファン・ハール監督は3ポイントを得られたことを喜んだが、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を乗り逃しかねない問題は未だ残ったままだ。

ルーニーはもうストライカーじゃない

シーズン当初、上手くいかなかった実験であり、マーカス・ラッシュフォードの出現がユナイテッドを救った。だが、アントニー・マルシャルがウォーミングアップ中に負傷したことでルーニーはワントップに入った。

ユナイテッドのキャプテンは決勝点をアシストしたが、試合の多くで苦しんだ。それは今シーズンの多くで同じことであり、彼へのフォローも十分ではないが、ルーニーのエネルギーと機動性の欠如はユナイテッドの攻撃を遅くし、それが何週間も起こっている。

マルシャルはFA杯決勝も欠場か

マルシャルのノリッジ戦ウォーミングアップ中の負傷はハムストリングの問題だと言われており、少なくとも2週間は離脱するとみられている。今シーズン、マルシャルが試合前に負傷するのはこれが初めてじゃなく、ホームでのミッティラン戦時も同じことが起こっている。

最短でも2週間は離脱するとみられ、ユナイテッドはベストなフィールドプレーヤーを欠いた状態で5月21日にウェンブリーで行われるFA杯決勝を戦うことになるかもしれない。今日から丁度2週間後が試合日である。

SPONSORED LINK

メンフィスには自信が必要

JS89220148.jpg© Getty Images

所属クラブがユナイテッドから代わることになろうとも、ならなくとも、ノリッジ戦のメンフィスは魂が抜けているように見えた。

オランダ人はめったにボールを見ず、そうした時にはシンプルにノリッジDFを抜けなかった。特に絶好の1vs1の状況でもダメだった。メンフィスは以前はそういったプレーをPSVで見せており、ユナイテッドでも当初は出来ていた。だが、自信を失っていることが問題である。

ロホがCBで苦しんでいる

アルゼンチンDFについてはユナイテッドのファンの中でも賛否両論だ。LSBでは、ロホのエネルギーと深いタックルが良く効いている。だが、CBにポジションを移すと苦しい。

ロホはしばしば空中戦で弱さを露見し、頭での競り合いを任せられない。そのため、スモーリングの負担が増すことになる。ノリッジはゴール前でのクオリティが低かったが、ロホがCBだったら日が変われば2ゴールは簡単に取れていたかもしれない。

監督はリスクを冒さない闘い方から抜け出せず

ファン・ハール監督は今シーズン最後の数試合に自信の去就がかかっている。だが、ノリッジ戦で起用したスタメンは誰もが予想しないものだった。

マルシャルとダルミアンの負傷があったにせよ、ユナイテッドは余りにもとろすぎた。マタの決勝点も相手DFセバスティアン・バソングの酷すぎる個人エラーによって生まれたものだ。

ファン・ハール監督は余りにもリスクを避けすぎるフットボールを続けており、それがこれまで監督に関して寛容な歴史を持つユナイテッドのファンをもってしても気に障っており、夏に監督の首を変えるには十分である。

<元記事:Five things we learned from Manchester United’s 1-0 win over Norwich City@Metro

FA杯決勝もそうだけど、ウエストハム相手にマルシャル抜きってのがやばい。今日の感じだとメンフィスをLWGで起用したら箸にも棒にもかからなそうだし、かと言って出場機会を減らしているヤヌザイをいきなり起用するってのも…。

ヤングを起用してゴール前でラッシュフォードが嗅覚を発揮してくれることを祈る?

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

Comment

  1. キャリッカー より:

    いるならヤングがベストですかね?デパイ先発させそうで怖いですけど笑
    メンサーが左サイドバックかな?それともセンターでルーニーの隣とか面白いかも!
    なんにせよ明日のアーセナルとシティにかかってるんで、まずはシティが勝ち点落とすことを祈るしかないですね!
    アーセナルもCLストレートインしたいはずだから本気で行くと思うし、シティはたぶんコンパニいないから期待できる!あとは、アグエロとデブライネが大人しくしてくれてれば…頼みました!笑

  2. 帰ってきたNo.7 より:

    デパイさん、お疲れ様でした。来シーズンどこにいるか分からないですが、頑張って下さい。

  3. エルナンデス より:

    シーズン前に、CFとCBが足りない事に気付かない監督が
    この問題を修復できる可能性はゼロパーセントです。

    ルーニーはワントップのCFには向いてない。
    怪我したファルカオや衰えてきたペルシよりはマシだった=出来ると勘違い
    ペルシやチチャやエンリケスを放出する暴挙

    ブリントをPSMからずーっとCB起用。
    1年いけるなと勘違い

    頭悪すぎ時代おくれ、この監督では未来がない
    マルシャルやラッシュ君が1年目でここまで活躍できたのは、想定を超えてます
    ラッキーでしかない。もっと悲惨なシーズンになっていた可能性のが高い
    全てにおいて、2流の監督である

よければコメントをお願いします

アドレスは必須ですが、非公開です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自分のアバターを設定したい方はお問い合わせからユーザー登録希望の連絡をください。

AD

NewImage.png
「彼は戦いに勝った」—ユナイテッドのレギュラーになるためにいかにしてジオゴ・ダロトはスールシャールに抗ったのか

オーレ・グンナー・スールシャールがマンチェスター・ユナイテッドで監督を努めていた時に、最も聞かれた意見の1つが、”ジオゴ...

gettyimages-1412023257-612x612
プレシーズンの勝ち組5人と負け組5人【アピール成功した選手、出来なかった選手】

Manchester Evening Newsのアイザック・ジョンソン記者がピックアップした、プレシーズンを通じてア...

gettyimages-1242225463-612x612
まったくの独断と偏見でお送りする各ポジションごとの充実度と期待度

いつだって各ポジションの層の厚さはアンバランスなのがユナイテッド(?)Embed from Getty Images...

Bae4.jpg
ドーハのワールドカップ関連インスタ映えスポット

市内にワールドカップ関連のバエそうなものが色々とできているんですわ! まずは、ドーハ中心ウエストベイ(West Bay...

c36fecddbad492b51079a17cdc08fa81.png
ラマダン明けのイードホリデーは花火も上がるしホコ天も誕生

ラマダンとその後に訪れたイードホリデーなるニギニギした感じも初体験わず。 ラマダンとは、日中は水ぐらいしか飲まず、...

→もっと見る

  • 2022年8月
    Sun Mon Tue Wed Tue Fri Sat
    « Jun    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS


TOP ↑