*

2020/21 試合スケジュール&結果
日付   H-A対戦チーム H/A大会
 9/20(日)×1-3 クリスタルパレス(H)[PL]
 9/23(水)0-3 ルートン・タウン(A)[CC]
 9/26(土)2-3 ブライトン(A)[PL]
 9/30(水)0-3 ブライトン(A)[CC]
 10/3(土) トッテナム(A)[PL]
 10/17(土) ニューカッスル(H)[PL]
 10/20(火) TBD(A)[CL]
 10/24(土) チェルシー(H)[PL]
 10/27(火) TBD(H)[CL]
 11/1(日) アーセナル(H)[PL]
 11/3(火) TBD(H)[CL]
 11/8(日) エヴァートン(A)[PL]
 11/22(日) WBA(H)[PL]
 11/24(火) TBD(A)[CL]
 11/29(日) サウサンプトン(A)[PL]
 12/1(火) TBD(A)[CL]
 12/6(日) ウエストハム(A)[PL]
 12/8(火) TBD(A)[CL]
 12/13(日) マン・シティ(H)[PL]
 12/16(水) シェフィールド・U(A)[PL]
 12/20(日) リーズ(H)[PL]
 12/23(水) エヴァートン(A)[CC]
 12/27(日) レスター(A)[PL]
日付   H-A対戦チーム H/A大会
 12/29(火) ウルブス(H)[PL]
 1/3(日) アストンビラ(H)[PL]
 1/13(水) フラム(A)[PL]
 1/17(日) リヴァプール(A)[PL]
 1/27(水) シェフィールド・U(H)[PL]
 1/31(日) アーセナル(A)[PL]
 2/3(水) サウサンプトン(H)[PL]
 2/7(日) エヴァートン(H)[PL]
 2/14(日) WBA(A)[PL]
 2/21(日) ニューカッスル(H)[PL]
 2/28(日) チェルシー(A)[PL]
 3/7(日) マン・シティ(A)[PL]
 3/14(日) ウエストハム(H)[PL]
 3/21(日) クリスタルパレス(A)[PL]
 4/3(土) ブライトン(H)[PL]
 4/10(土) トッテナム(A)[PL]
 4/17(土) バーンリー(H)[PL]
 4/24(土) リーズ(A)[PL]
 5/1(土) リヴァプール(H)[PL]
 5/8(土) アストンビラ(A)[PL]
 5/12(水) レスター(H)[PL]
 5/15(土) フラム(H)[PL]
 5/24(月) ウルブス(A)[PL]
日付   H-A対戦チーム H/A大会
  バーンリー(A)[PL]
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  

[ES]…ヨーロッパ・スーパーカップ
[PL]…プレミアリーグ
[CL]… チャンピオンズリーグ
[FA]…FAカップ
[CC]…カラバオカップ
[FM]…フレンドリーマッチ

[PL] 18節 スウォンジー戦

プレミアリーグ 2012/2013 イングランド プレミアリーグ 第18節(A) プレミア
スウォンジー 1 1-1 1 マンチェスター・ユナイテッド
0-0
得点 
時間
 得点
 
ミチュ 
16
29
 エブラ ← ファンペルシ(C.K.)
 

  20 ファンペルシ  
     
18 ヤング 10 ルーニー 7 ヴァレンシア
  →11 ギグス(78′) →14 エルナンデス(62′)
  23 クレヴァリー 16 キャリック  
  →22 スコールズ(85′)    
       
3 エブラ     4 ジョーンズ
  6 エヴァンス 15 ビディッチ  
       
  1 デヘア
 
   

ついにドロー!

(中盤から前目では)レギュラーが固まりつつあり、徐々にエンジンがかかってきた感のあるユナイテッド。ここから年末年始のデスマーチで2位との勝点差をキープしたいところだったんですが…。

15分、ルーニーが下がって出来たスペースにヤングがダイナゴラルラン。そこに最近好調なキャリックがスルーパスを出し、ヤングがシュート!

これはGKに弾かれてCKに。するとペルシが蹴ったボールを飛び込んだエブラが巧くそらしてファーサイドに沈めてユナイテッド先制!

が!!

ペルシと得点王を争うノリノリのミチュが同点弾!29分、エブラのマークが緩慢になり左サイドを崩されると一度はデヘアがシュートをブロックするもののこぼれをミチュに詰められて同点。エブラはプラスマイナスゼロの仕事っぷり。

後半、ショートカウンターを中心に押し気味のユナイテッドでしたが、ペルシが後ろからのボールを左足でふんわり合わせたのはバーにかすり、2度ほどあったルーニーの決定機はシュートをブロックされ、CKからキャリックのヘッダーはGKに反応され、ヤングがこぼれを蹴りこむもDFが必死のブロック。

この日は特にルーニーがイマイチ。ウイイレで言うところの絶不調でキレ味ゼロ。せっかくペルシがお膳立てしてパスを何度も出したって言うのに…。

結局、今シーズン初のドローで勝点1ゲット。シティとの差は4に。それにしても最近の数試合、交代で出てきたスコールジー、ギグシーがインパクトゼロ…。ギグスはナニや香川が戻ってきたら、スコールズはアンデルソンが戻ってきたらちょっともう難しいかもなぁ…。

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

[PL] 17節 サンダランド戦

プレミアリーグ 2012/2013 イングランド プレミアリーグ 第17節(H) プレミア
マンチェスター・ユナイテッド 3 2-0 1 サンダーランド
1-1
得点 
時間
 得点
ファンペルシ 
キャリック → クレヴァリー 
ファンペルシ → ルーニー 
 
16
19
59
72
 
 
 
 キャンベル ← セセニョン

  20 ファンペルシ  
     
18 ヤング 10 ルーニー 7 ヴァレンシア
     
  23 クレヴァリー 16 キャリック  
  →11 ギグス(73′) →22 スコールズ(46′)  
       
3 エブラ     4 ジョーンズ
  12 スモーリング 5 リオ  
    →15 ビディッチ(68′)  
  1 デヘア
 
   

シティとのダービーでの勝利で2位シティとの勝点差を6に広げたので、このままの差で来年まで行きたいユナイテッド。シティに勝ったというメンタル面での充実に加え、相手は延期していた試合をミッドウィークに行ったのでコンディション的にも有利。

序盤その勢いの差、体のキレの差そのままにユナイテッドが次から次へと猛攻。CKからこぼれがゴール前どフリーのエブラに来るもエブラはシュートを焦ってしまいボールはバーの上へ。

すると16分、カウンターから左サイドのヤングが粘ってライン際からクロスを入れると、”ミラクル”オシェイがクリアミス、ゴール目の前にいたファンペルシはこぼれてきたボールをストライカーらしく落ち着いて素早くトラップ&シュート!

GKも一歩も反応できず、ユナイテッドが先制!エブラのプレーとは落ち着きが違いました。さすがストライカー。トラップしてからシュートまでが素早く、相手DFが詰めることすらできませんでした。

さらに19分には、左サイドに開いたクレヴァリーが中央のキャリックに戻すと、フリーランで中にカットイン。その動きに呼応したキャリックはダイレクトでリターンパス。

このワンツーで完全にフリーとなったクレヴァリーは、独特の体を開いたフォームでダイレクトシュート!ファーに巻かれたボールは綺麗にサイドネットを揺らしてユナイテッド追加点!

その後、PJのクロス→ペルシ、ヤングのクロス→ペルシのヘッド落とし→ルーニーボレー、ルーニー→ペナ内に侵入したキャリックと次々とチャンスを作り出します。特にキャリックの動きが素晴らしく、前節の勝利が自信を与えたような感じでした。

そのキャリックを前半で下げ、後半からはスコールズを投入。

後半も次々とチャンスを作り、バレンシアクロス→ルーニーがバーに当たるシュート、バレンシアのインステップクロス→ペルシ、ヤングの浮き球→ペルシのループシュートとシュートを浴びせるものの追加点が取れず。

それでも59分、バレンシアが競ってペルシにボールをつなぐと、これを左サイドのヤングに展開。ヤングが溜めを作ると、外を回ったペルシにパス、これが少しズレるもペルシは上手く相手DF2人の間を抜けて中へグラウンダーのクロス。

相手DFが2人いたものの、上手く間から足を出したルーニーがこれを押し込んでユナイテッドが追加点。

3-0となり、膝の靭帯の負傷で鮮烈を離れていたビディッチが復帰。ヴィダの途中交代でスタジアム全体が大盛り上がりでした。

その後、サンダランドに押し込まれ、72分に右サイド→左サイドと振り回され、最後は左サイドのセセニョンのクロスからファーのキャンベルにヘッダーを叩き込まれ1失点。GKデヘアがクリーンシートできず、ポストを蹴って悔しがってました。

結局このまま3-1で試合終了。ルーニー&ペルシのゴール、CHコンビの躍動、ヴィダの復帰というポジティブなポイントと、シティ戦の後ということが影響したのかフィニッシュが雑だったというネガティブなポイントが見られた試合でした。


プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

[PL] 16節 シティ戦


プレミアリーグ 2012/2013 イングランド プレミアリーグ 第16節(A) プレミア
マンチェスター・シティ 2 0-2 3 マンチェスター・ユナイテッド
2-1
得点 
時間
 得点
 
 
テベス → ヤヤ・トゥレ 
サバレタ 
 
16
29
60
86
90+2
 ルーニー ← ヤング
 ルーニー ← ラファエル
 
 
 ファンペルシ(F.K.)

  20 ファンペルシ  
     
18 ヤング 10 ルーニー 7 ヴァレンシア
    →4 ジョーンズ(85′)
  16 キャリック 23 クレヴァリー  
    →19 ウェルベック(88′)  
       
3 エブラ     2 ラファエル
  6 エヴァンス 5 リオ  
  →12 スモーリング(49′)    
  1 デヘア
 
   

劇的勝利!!!

大一番でGKにはデヘアを起用。DF陣は反省で頭を丸めた(?)ラファエル、大黒柱リオ、攻守で好調エヴァンス、鉄板エブラ。中盤はキャリックとその相方には運動量豊富なクレヴァリー、両翼は戦列復帰バレンシアと守備もできるヤング、そしてルーニー&ペルシ。

序盤の入り方はホームのシティがよかった。シルバ→裏に抜け出たクリシ→バロテッリとダイレクトにつながるもバウンドが合わずシュートはバーの上へ。

その後もシルバ・アグエロを中心に攻撃を仕掛けてくるシティですが、先制点を献上してなるものかとルーニーがトリプルCHみたいに中盤に下がって守備に貢献、サイドもヤング、バレンシアがSBと連携して守備ブロックを作ります。

すると16分、左サイドでヤングがバックヘッドで裏にそらしてダッシュ→ペルシがそれを胸で落とす→ヤングがそれを受けてドリブル→持ち込んでルーニーへ横パス→ルーニーは右に流れながら腰をひねりながら逆サイドに強引にシュート!

DFの股を抜けたボールの勢いは弱かったものの、完全に逆をつかれたGKは動けずそのままコロコロとサイドネットへ!ユナイテッドが一撃必殺のカウンターで先制点ゲットォオオ!

左サイドのダイレクトの突破、ルーニーのセンスでシティの守備網を破りました。

さらに29分には右サイドをバレンシアとラファエルの連携で崩すと、ラファエルが絶妙なマイナスの角度で戻すと、タイミングばっちしでルーニーが合わせて追加点!

0-2という予想にもしないスコアで後半へ。

ユナイテッドは49分に前半から怪我してそうだったエヴァンスがスモーリングと交代。シティも52分に地蔵となっていたバロテッリがテベスと交代。

この交代でシティの前線に運動量が戻り、反撃開始。

59分、ユナイテッドは右サイドのバレンシアから最後は左サイドのペルシにつながるとペルシは切り替えして右足で巻いたシュート。これは惜しくもポストに弾かれるもそれをヤングが詰めて0-3、ダメ押し!と思ったらこれはオフサイド。だけど、リプレイを見る限りペルシのシュートの瞬間、ヤングはオンサイドだったような…。

すると直後の60分、ユナイテッドの左サイドを突破され、アグエロのシュートを喰らうもこれはデヘアが反応、そのこぼれをシルバが詰めるもこれまたデヘアがセーブ、しかしそのこぼれを最終的にヤヤ・トゥレに決められて1-2に。

ホームの声援の後押しも大きくなり、俄然元気になるシティと、シュートチャンスすらあまり作れなくなるユナイテッド。

逃げ切りを図るユナイテッドは足がつったバレンシアに代えてジョーンズ投入。しかし、86分、コーナーキックのクリアをサバレタに思い切り叩き込まれて0-2から2-2に追いつかれるというなんとももったいない展開…。

エティハドでドローだったら悪くはないなぁと思いつつ、折角の2点リードが…と思っていると92分にペナ外右からFKのチャンス。

これをペルシが蹴ると壁に入っていたナスリの足をかすめながらファーサイドのネットへ!!!歓喜するユナイテッド、うなだれるシティの面々、そして激昂するシティサポ。

そのシティサポはユナイテッドの選手たちにコインやらライターやらを投げつけ、2ペンス硬貨が当たったリオが目の付近から出欠。ルーニーがCK蹴る際にも色々と投げ込まれたり、普段は見られない発炎筒が炊かれていたりと「安全・安心なプレミアリーグ」の名を汚すようなサポーターの蛮行でした。

結局このまま2-3で終えたユナイテッドが2位シティとの勝ち点を6に広げました。

ヤング・バレンシアの守備意識も良かったし、ルーニー・クレヴァリーの運動量もすごかった。この2人で3人分の運動量があったんじゃないかな。ルーニー2点、ペルシ決勝点と決めるべき人が決めて勝った試合でした。

試合後、シティは警察・リーグの調査への全面的な協力、リオへの謝罪、そして関与したサポーターへの厳罰を表明。イングランドにはヒルズボロの悲劇等の忘れてはならない歴史があるわけですから、こういったサポーターの行動は押さえ込まないといけません。


ケースはiphone4S用。

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

[CL] GL第6節 クルージュ戦


clリーグ 2012/2013 UEFA チャンピオンズリーグ GL 第6節(H) CL
マンチェスター・ユナイテッド 0 0-1 1 CFRクルージュ
0-0
得点 
時間
 得点
 
56
 アウベルト

  14 エルナンデス 19 ウェルベック  
       
25 パウエル     10 ルーニー
→27 マケダ(73′)      
  11 ギグス 23 クレヴァリー  
  →24 フレッチャー(86′) →22 スコールズ(45′)  
       
28 ビュットナー     4 ジョーンズ
  12 スモーリング 31 ウートン  
       
  1 デヘア  
   

・生で見ず、録画した
・結果だけ知っちゃった
・消化試合で若手主体

ということで見てない、そして見る可能性は低いので、備忘録としてマンUオフィシャル及びスポナビから。

・今シーズン、多く見られる守備陣の乱れ、もたつきが見られた。
 ・スモーリングのクリアミス→バストスのシュート
 ・ウートンのパスミス→モドゥー・スグーがシュート

・ウェルベックの献身的な守備が良かった。
 ・ボールを奪い、ルーニー、チチャへボールを供給

・ユナイテッドはCKから怒涛のラッシュ。
 ・ルーニーのセンタリング→ニアのウェルベックが頭で落とす→GKフェルゲイラスがセーブ
 ・右サイドからジョーンズがカットイン→チチャ→ルーニーがループシュート→GKが反応

・前半終盤にクレヴァリーがスコールズと交代→怪我?

・結局また相手に先制点を奪われた。
 ・ルイ・ペドロがボール奪取→ラファエウ・バストスが右足ミドルシュートでゴール!

・マケダをFWに入れて、ウェルベックをLMFにコンバートするもゴールは生まれず。

こういう試合で若手からニューヒーローが出てくると底上げが出来るというか、チームに勢いが出るというかグッドなんですが、そう上手くはいかず。まぁ、グループリーグ4試合で早々に1位抜けが決まったおかげでリーグ戦に向けて疲弊しないで済んだんでOKです。

なんせ、週末は<ヨーロッパの舞台から敗退してリーグ戦に賭けるしかない>シティとのマンチェスター・ダービーですから!!


プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

[PL] 15節 レディング戦

8分〜34分までの凄まじいシーソーゲームっぷりには、「まさかこのまま試合終了まで続いて10-9とかのスコアになるんじゃねぇの?」って思わせるほど。
続きを読む

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

[PL] 14節 Wハム戦

プレミアリーグ 2012/2013 イングランド プレミアリーグ 第14節(H) プレミア
マンチェスター・ユナイテッド 1 1-0 0 ウエストハム
0-0
得点 
時間
 得点
ファンペルシ 
1
 

  20 ファンペルシ 14 エルナンデス  
       
  10 ルーニー    
  23 クレヴァリー →19 ウェルベック(78′) 8 アンデルソン  
  →18 ヤング(66′)   →4 ジョーンズ(84′)  
  16 キャリック  
     
3 エブラ     2 ラファエル
  6 エヴァンス 12 スモーリング  
       
  13 リンデゴーア  
   

開始早々のラッキーペルシゴール、略してラキぺる☆で1-0の勝利。

前節の活躍を受けてアンデルソンが先発。今季、活躍→先発ゲットはチチャに続いて二人目。人参ぶら下げてヤル気を引き出すというファギーらしいやり方ですが、逆に言えば先発で使っているレギュラー格のプレーに満足していないことの裏返し。

それでもリオという大黒柱を抜いた状態で久々のクリーンシートを達成したDF陣は頑張りました。気になるのはここのところずっとリンデゴーアが使われてますが、彼がレギュラーになったのでしょうか?デヘアはやはりハイボールの処理が問題?猿だったら問題なくキャッチしてたであろうボールもパンチングがやっと、下手したら触ることもできずという感じでしたし…。

ミッドウィークの試合というのはコンディション調整やモチベーションの持っていき方が難しいので、しっかりと勝点3をゲットできて良かった。そしていつまで勝つか負けるか(引き分けゼロ)の状況は続くんでしょうか?



デスポルチのテッサに待望の新色登場!!!

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

[PL] 13節 QPR戦

プレミアリーグ 2012/2013 イングランド プレミアリーグ 第13節(H) プレミア
マンチェスター・ユナイテッド 3 0-0 1 QPR
3-1
得点 
時間
 得点
 
エヴァンス 
ルーニー → フレッチ(C.K.) 
アンデルソン → チチャ 
52
64
68
71
 マッキー
 
 
 

  20 ファンペルシ  
     
18 ヤング 10 ルーニー 19 ウェルベック
→14 エルナンデス(58′)   →25 パウエル(78′)
  22 スコールズ 24 フレッチャー  
  →8 アンデルソン(58′)    
       
3 エブラ     2 ラファエル
  5 リオ 6 エヴァンス  
       
  13 リンデゴーア
 
   

もはや、お馴染みとなってしまった先制される→エンジン全開で逆転の流れ。

中盤の底からスコールズが指揮し、扁桃腺炎から復帰したルーニー、サイドのヤング&ウェルベックも合わせて4トップ気味の攻撃陣が火を噴いてくれるのを期待したのですが相変わらずチグハグ。

ウェルベックは即効で中にフラフラ入ってくるのでルーニーが外に追い出されるケースが目立ち、ヤングはサイドから突破できない。しかも全体的に次の木曜日のリーグ戦を考えてか、やや省エネペースなので躍動感のない攻めが続く。

前半はルーニー浮かしパス→スコールズ浮かしパス→ヤングシュート、ウェルベック折り返し→ペルシシュートと単発でチャンスを作るも得点できずスコアレスのまま後半へ。

すると52分、ショートコーナーを仕掛けられるとキッカーのダイアーが全くのノーマーク。リターンを受けたダイアーが切り込んでシュートを放つとこれをリンデゴーアが弾きますが、この試合精力的にプレーしてたマッキーに詰められて失点。

まぁあああーーーーーーーた、先制点を奪われて追いかける展開になったユナイテッド。

さすがに見る側はこのお約束の展開に慣れてきました。ベンチワークもいつも通りのチチャ投入、そしてイエローも貰って精細を欠いていたスコールズもアンデルソンと交代。

全体的にギアチャンジしてガツガツいきだしたユナイテッドは62分、ルーニーが蹴ったCKをファーのウェルベックが折り返し、ゴール前の混戦からエヴァンスが体ごと投げ出すようなヘッダーで詰めてまず同点。今シーズンのエヴァンスはいいところでゴール獲りますなぁ。

さらに68分、再びルーニーのCKを今度はフレッチがどんぴしゃの復活ヘッダー。ウイルス性胃腸炎で体重も落ち、コンディションボロボロになって現役引退の噂まで流れたフレッチがついにゴール!盛り上がる復活&逆転弾で勢いはますますユナイテッドへ。

そしてとどめは71分、中盤で見事なドリブル突破で敵陣を切り裂いたアンデルソンがチチャへスルーパス。これをチチャが巧みにトラップして流し込んで突き放し!アンデルソンの相手の緩慢な守備を見抜いた見事なドリブルとチチャのスペースの見つける能力、そしてファーストタッチがもたらした貴重なダメ押し弾。

アンデルソンは最近一番キレがあるCHだと思う。CHでドリブルで相手を揺さぶれるのはアンデルソンが一番だと思うし、あとは継続性と体重の維持に気をつければレギュラー張れると思うんだけどなぁー。

チチャはペース気にせずガンガン行けるスーペルサブが合ってる気もするし、何よりゴールシーンのようなファーストタッチが収まるのはコンディションが良い証拠!ルーニー、ペルシが最近ゴールが止まっているのでチチャの好調は実に頼もしい!!

この勝利で、チェルシーとスコアレスだったシティを交わして再び首位に返り咲き!!!



インナーシャツが必要な季節になってきた!

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

[CL] GL第5節 ガラタサライ戦

clリーグ 2012/2013 UEFA チャンピオンズリーグ GL 第5節(A) CL
ガラタサライ 1 0-0 0 マンチェスター・ユナイテッド
1-0
得点 
時間
 得点
ブラク(C.K.) 
54
 

  19 ウェルベック 14 エルナンデス  
  →41 キング(85′)    
  25 パウエル    
  23 クレヴァリー →27 マケダ(74′) 8 アンデルソン  
      →8 アンデルソン(65′)  
  24 フレッチャー  
     
25 パウエル     2 ラファエル
  4 ジョーンズ 16 キャリック  
       
  13 リンデゴーア
 
   

若手のアピールの場になれば良かったけど…さすがにそう上手くいかんわなー。

ワイドに配置して攻めるのではなく、選手間を縮めてパス交換で攻めたいユナイテッド。選手もアンデルソンを右に配置したりシステムにその意思を感じます。が、いかんせん連携もクソもないような若手、控えばかりなので上手く攻められず。

しかもアウェイ@トルコとあってはサポーターからのブーイングも半端ない。

一応、トップには半レギュラーのチチャ、中盤の両サイドにもアンデ、クレヴァリーを配置し、中盤底にフレッチ、CBの位置にキャリックを入れてるので落ち着けることが出来るはずなんだけど、落ち着かないんだよなぁ…。

もう、個人&チーム全体が縦に早く行くのにどっぷりハマってるため、パスを回しながらじわりと攻め入るのがどうしても難しい。中盤から縦ポンしちゃうか、それが無理ならDFラインにボール戻して全体のラインが下がっちゃう。

そんな中、ユナイテッド最大のチャンスは前半CKからパウエルのヘッダーが惜しくもクロスバーを叩いた瞬間でした。

そして奇しくも後半の54分、CKからブラクにヘッダーを叩き込まれて0-1の敗戦。

まぁ、アウェイの雰囲気という経験値を若手が得たという意味で収穫のあった試合なのかなー。

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

[PL] 12節 ノリッチ戦

プレミアリーグ 2012/2013 イングランド プレミアリーグ 第12節(A) プレミア
ノリッチ 1 0-0 0 マンチェスター・ユナイテッド
1-0
得点 
時間
 得点
ピルキントン 
61
 

  14 エルナンデス  
  →19 ウェルベック(70′)  
18 ヤング 20 ファンペルシ 7 ヴァレンシア
    →22 スコールズ(69′)
  11 ギグス 16 キャリック  
       
       
3 エブラ     2 ラファエル
  5 リオ 12 スモーリング  
  →8 アンデルソン(83′)    
  13 林檎デーア
 
   

やっぱりルーニーなのか?エルナンデス先発は輝けないのか?今季のバレンシアはパッとしないのか?

左サイドにボールを回す→ヤングが後ろに戻す
右サイドにボールを回す→バレンシアかラファエルが後ろに戻す

オフザボールの動きもなく、両翼の突破も閉ざされたらシュートシーン作れなくても言わずもがな。

左はヤングが縦に突破する動きが少ない。中に行こうとばっかりするからそれを封じられるとバックパスしかない。右はバレンシアが1vs2の局面では抜けないし、ラファエルが外を追い越すことがないのでおとりにもならない。せめて一人は引き付けて1vs1の局面を作ることでサポートしてほしいのだけど…。

センターに入ったギグスも前線とフィーリングが合わないのか、特にラストパスがつながらず。キャリックあたりにはミドルレンジからシュート打って欲しいもんだけど打てるような場所にすら滅多に上がらず。

0-0で御の字だなと思ってみてたらカウンターからやっぱりやられた。これでシティに抜かれてあっさり首位陥落。

今までのスタイルに戻して最近好調だったんで、香川が怪我から復帰した後が心配だったけど、サイドアタッカーのコンディションでこれだけ崩せなくなるのを見るとやっぱりスタイル変更が必要だと思うし、香川にはそのワンピースになって欲しいなと思う。

ロリポプラン 詳細はこちら

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

[PL] 11節 ヴィラ戦

プレミアリーグ 2012/2013 イングランド プレミアリーグ 第11節(A) プレミア
アストン・ヴィラ 2 1-0 3 マンチェスター・ユナイテッド
1-3
得点 
時間
 得点
ベンテケ → ヴァイマン 
アグボンラホール → ヴァイマン 
 
 
 
45
50
58
63
87
 
 
 チチャリート ← スコールズ
 フラール(O.G.)
 チチャリート ← ペルシ

  20 ファンペルシ  
     
18 ヤング 10 ルーニー 7 ヴァレンシア
→14 エルナンデス(46′) →8 アンデルソン(79′)  
  22 スコールズ 16 キャリック  
  →23 クレヴァリー(71′)    
       
3 エブラ     2 ラファエル
  5 リオ 12 スモーリング  
       
  1 デヘア
 
   

チチャリートがケチャップドバドバ!

お疲れなのか、アウェイゆえなのか、ボールを動かすもフリーランの動きが少なく持たされてばかりのユナイテッド。一方、ヴィラは切れ味鋭いカウンターで肉を切らせて骨を絶つ気マンマン。

とりあえず前半は0-0で終わりそうかなとおもっていた前半ロスタイム、カウンターでユナイテッドの右サイドをベンテケが侵略。これにはスモーリングが対応するも最後はエンドライン付近でのショルダーチャージの戦いにおいて敗北。一応痛がってファウルをアピールするスモーリングを横目にフリーでペナに侵入すると、これまたフリーで駆け込んできた倍満にマイナスのパス。倍満はこれをダイレクトで蹴りこんで与えちゃいけない時間帯にヴィラに先制点献上…。

後半、ユナイテッドはエルナンデスを投入し、ルーニーを左サイドに回して逆転を狙います。

が!

50分、中盤でスコールズがボールを奪われると、カウンターを喰らい、ユナイテッドの左サイドを攻められると、中央のベンテケへ。ベンテケはこれをスルーし、その背後にいたアイルランドがダイレクトでユナイテッドの右サイドでフリーになっていたアグぼんへ。

アグぼんはトラップで前に加速するとファーサイドへ速いグラウンダーのお手本のようなクロス。これを駆け込んだ倍満が再び決めて2点差!「さぁ、行くぞ!」と気持ちを切り替えたはずの後半開始直後の失点でかなり痛い!!

それでもこんな情けない失点で負けたらロッカールームが怖いユナイテッドは、58分、相手DFラインとの駆け引きを制したチチャがスコールズのロビングで抜け出すと、DF&GKが詰めてくる中、足元に入りすぎたボールを巧みにGKの股を抜くシュートでネットに沈めてまずは1点差に!こういう難しい処理を出来るようになってきてるあたりにチチャの復調を感じますね。

さらに63分には、波状攻撃からルーニー→ラファエルと右サイドを崩すと、ラファエルのクロスはファーにいたチチャへ。チチャが体を開いてボレーを打つと相手DFの体に入ってネットイン!調子が戻ってくるとボールの転がる方向も自然といい方向に向くもんです。

それでもドローなんて端から狙ってないユナイテッドは、逆転に向けて一気呵成の攻勢。ルーニーのCKからペルシがヘッダーするも惜しくもバーを叩き、さらにその直後にまたもやペルシが今度はペナ外右サイドからファーに向けてシュートするとこれもバーを叩き逆転ならず。

すると87分、ペルシのFKを相手DFのマークから消える動きでフリーになってヘッダー叩き込んだのはチッチャッリートォォオオ!

ペルシがボールを蹴る瞬間、相手DFの背後に一度下がってから相手DFの周りをぐるっと回って相手DFの前に現れたチチャはしっかりと頭の前頭部でボールを捕らえて逆サイドに叩き込んで相手O.G.となった1点を含めてほぼハットトリックの大活躍!

惚れ惚れするような決定力、勝負強さはチチャの真骨頂であり、トップフォームに戻った証拠!


プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

[CL] GL4節 ブラガ戦

clリーグ 2012/2013 UEFA チャンピオンズリーグ GL 第4節(A) CL
ブラガ 1 0-0 3 マンチェスター・ユナイテッド
1-3
得点 
時間
 得点
アラン(P.K.) 
 
 
 
50
80
85
90+2
 
 ファンペルシ
 ルーニー(P.K.)
 チチャリート

  19 ウェルベック 14 エルナンデス  
  →20 ファンペルシ(64′)    
  10 ルーニー    
  8 アンデルソン   17 ナニ  
      →2 ラファエル(73′)  
  11 ギグス  
     
3 エブラ     7 ヴァレンシア
  6 エヴァンス 12 スモーリング  
  →5 リオ(58′)    
  1 デヘア
 
   

ペルシがいると点が入る、いないと点が入らない。そんな試合。

CLでは優位な状況にあることもあり、メンバー&フォメをいじったユナイテッド。とは言え、昨シーズンの失敗をいかして総とっかえとまではいかず。復帰のスモーリングを使い、最近出番の少ないナニ、ウェルベックや好調アンデルソンを起用。

激戦が続いた後のミッドウィーク、CLとは言っても2位と差がある1位ということで出足が遅く、もらう動きが少ないユナイテッドは前半ろくにチャンスすら作れず。

すると50分、ペナ内でエヴァンスが交わされた相手の体だけを止めてしまいPK献上。これをアランに決められて先制されちゃいます。

するとその数分後、スタジアムのライトの一部が消えてピッチが暗くなるアクシデント発生。これで10分ぐらい中断。中断後、PK献上時に敵と交錯して負傷したエヴァンスがリオと交代。

なかなかペースが上がらないユナイテッドは立て続けにペルシ、ラファエルを投入しいつものユナイテッドにシフトチェンジ。

  14 エルナンデス  
     
10 ルーニー 20 ファンペルシ 7 ヴァレンシア
     
  11 ギグス 8 アンデルソン  
       
       
3 エブラ     2 ラファエル
  5 リオ 12 スモーリング  
       
  1 デヘア
 
   

80分、素早いリスタートからペルシがうまく相手DF陣の裏のスペースに抜けると、そこにボールが出ます。すると相手GKが目測を誤ったのかペナ外までそのボールを追って出てきますが、先に触ったのはペルシ。GKはあわててゴールマウスに戻ろうとするも時既に遅し。ペルシは戻るGKの上を越すシュートを放ち、これがネットを揺らしてラッキーな形で同点弾ゲットォォォオオ!

そしてそのわずか数分後の84分、ギグスの浮き球で相手DFラインの裏に抜け出たチチャリートがシュート!これはGKにブロックされるもそのこぼれに詰めたルーニーが倒されてユナイテッドがPKゲット。これをこの前は失敗しちゃったルーニーがきっちり沈めてユナイテッドが逆転に成功!!

さらにアディショナルタイム(90+2分)には、敵陣深くでボールをカットし、右サイドのヴァレンシアがマイナスのクロスをルーニーに通すとルーニーはこれをヒールでそらしてファーのチチャリートへ。チチャはGKを交わすもDFに詰められて、シュートをカバーに入ったDFに当ててしまいますが、そのこぼれを倒れながら自分で詰めてダメ押し点!

結局、終盤の怒涛のゴールラッシュで3-1の逆転勝利。この勝利でGL突破が決定。次節で1位抜け確定させて最終節は若手を使えると理想的!


プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

[PL] 10節 ガナ戦

プレミアリーグ 2012/2013 イングランド プレミアリーグ 第10節(H) プレミア
マンチェスター・ユナイテッド 2 1-0 1 アーセナル
1-1
得点 
時間
 得点
ファン・ペルシ 
ルーニー→エブラ 
 
3
67
90+4
 
 
 カソルラ

  20 ファンペルシ  
     
18 ヤング 10 ルーニー 7 ヴァレンシア
    →17 ナニ(82′)
  16 キャリック 23 クレヴァリー  
    →8 アンデルソン(61′)  
       
3 エブラ     21 ラファエル
  6 エヴァンス 5 リオ  
       
  1 デヘア
 
   

試合前から両チームがピリピリし、いつ乱闘騒ぎになってもおかしくないような「死合」も今は昔。ペルシがガナからユナイテッドに来るような時代です。が、それでも両監督の舌戦をはじめとして、盛り上がることには違いありません。

試合は意外にもあっというまに動きました。3分、バレンシアが縦パスのコースを変えてボールはガナDFラインの裏へ。そのボールを拾ったラファエルが中にクロスを入れると、それをDFがクリアミスしてボールは駆け込んだペルシの足元へ。

これをペルシは右足でDFの股間を抜いてファーサイドに沈めてユナイテッドが先制!あぁ、ペルシを獲ってくれてホント良かったー。っていうか対戦相手のガナがビジネスを優先してユナイテッドに売ってくれて良かった。。。

ユナイテッドは慣れ親しんだスタイルのため、守備時の約束事が上手く機能。4枚のDF、その前の4枚+ルーニーでブロックを形成し、ガナになかなか攻め込ませない展開に。

すると前半終了間際にはヤングのクロスをカソルラがハンドで止めたとしてPK獲得。キッカーのルーニーはいつもの得意のコースを狙いますが、今シーズンのユナイテッドはPKが決まんない!ボールはわずかに横にそれてしまい1-0のまま後半へ。

後半になるとやや盛り返されて、同点のピンチを迎えるもデヘアがナイスセーブしたりポストに当たったりとゴールは割らせず。一方のユナイテッドもフェルマーレンのトラップミスを奪ったペルシがゴール前フリーのバレンシアにパスを出すもこれを決めきれず。

また、上手くDFラインの裏に抜け出たペルシに絶好のクロスが出るも、ワントラップしてからインサイドで打ったシュートは惜しくもGKにはじかれてゴールならず。1-0という緊張感のあるスコアのまま後半も中盤へ。

すると67分、ショートコーナーからルーニーがクロスを入れるとエブラがヘッダーを決めて突き放し!エブラはビュットナーの加入が刺激になったのか今シーズンは珍しく2点目ゲット。

この直後、ガナのウィルシャーがこの日2枚目のイエローでセントオフ。若さゆえか、気合が入りすぎてたような感じ。でも本来あれぐらい気合入った選手たちによるガチンコぶつかり合いがこのカードの楽しみだったような…時代の流れかなぁ。

数的有利になったユナイテッドはこれ以降無理に攻めず、時折ルーニー、ペルシ、途中交代したアンデルソンを中心にカウンターから攻め込むも点を奪えず。一方、最後の最後にカソルラの意地の1発を喰らうも2-1になった瞬間タイムアップ。

チェルシー、シティともに引き分けたため既に2敗もしているユナイテッドが首位に立った!!!

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

[CC] チェルシー戦

2012/2013 キャピタルワンカップ 4回戦 CC
チェルシー 5 1-0 4 マンチェスター・ユナイテッド
2-2
EX 1-0
EX 1-1
得点 
時間
 得点
 
ルイス(P.K.) 
 
ケーヒル 
 
アザール(P.K.) 
スタリッジ 
ラミレス 
 
22
31
43
52
59
90+4
97
116
120
 ギグス←アンデルソン
 
 チチャリート←アンデルソン
 
 ナニ←アンデルソン
 
 
 
 ギグス(P.K.)

  14 エルナンデス  
19 ウェルベック   17 ナニ
→27 マケダ(99′)        
  11 ギグス 8 アンデルソン  
    →46 トゥニクリフ(81′)  
24 フレッチャー  
     
28 ビュットナー     2 ラファエル
→25 パウエル(46′) 38 キーン 31 ウートン  
       
  13 リンデゴーア
 
   

チェルシー戦第2弾は惜しくも負けました。
ラファエル以外総とっかえで挑んだユナイテッドに対しユナイテッド相手に2連敗するわけにもいかず主力も使ったチェルシー。

戦力的に言えば、ユナイテッドはよく善戦したんじゃないでしょうか。特にCBを若造二人、LSBを今季加入選手という大博打。90+4分に痛恨のPKで追いつかれたのが痛すぎでしたね。。。

若手のいい経験になったこと、チェルシーの主力がユナイテッド2連戦で疲労したこと、ユナイテッドの主力は休めたことはプラス、若手を試す場所が減ってしまったことがマイナスですね。FAカップで弱いところと当たるといいんだけどなぁ。

“好調”チチャが得点したこと、ナニが飛び込むGKを交わすふんわりシュートを決めたことも好材料!

ユナイテッドの1点目(22分);
ツェフのオリオル・ロメウへのゴールキックをアンデルソンがカットしギグスにパス。ギグスは落ち着いてゴール左隅に決める。

ユナイテッドの2点目(43分);
ラファエルがルイスのパスをカットし、それをアンデルソンが相手DFの裏に飛び出したチチャへパス。チチャが決める!

ユナイテッドの3点目(59分);
カウンターで攻めあがるとゴール前でチチャが粘ってボールをキープ。そこからナニがアンデルソンとのワンツーで抜け出し、ふわりと浮かせたシュートを決める!

ユナイテッドの4点目(120分);
ギグスがPKを決める。


プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

[PL] 9節チェルシー戦

プレミアリーグ 2012/2013 イングランド プレミアリーグ 第9節(A) プレミア
チェルシー 2 1-2 3マンチェスター・ユナイテッド
1-1
得点 
時間
 得点
 
 
マタ(F.K.) 
オスカル→ラミちゃん 
 
4
12
44
53
75
 ダビドルイス(O.G.)
 ファンペルシ←バレンシア
 
 
 チチャリート←ラファエル

  13 RVP  
     
18 ヤング 10 ルーニー 7 ヴァレンシア
  →11 ギグス(75′)  
  16 キャリック 23 クレヴァリー  
    →14 エルナンデス(65′)  
       
3 エブラ     21 ラファエル
  6 エヴァンス 5 リオ  
       
  1 デヘア
 
   

よしよし、勝った勝った!
チェルシーはクラッテンバーグに赤紙二枚も喰らってんバーグ。

ヤングが左サイドに復帰し、ペルシが下がったりサイドに流れた中央のスペースをうまく活用(前半のみ)。
先制点も中央のヤング→右サイドに流れたルーニー→2列目から飛び込んできたペルシ→ルイスO.G.

12分には、リオ→ラファエル→バレンシアと右サイドでうまくつないで最後はペルシ。
相手DF間のスペースをうまく見つけてちょっと下がって待つ嗅覚は流石。

という感じで、前半の序盤はすごく良かったけど、相手が盛り返してきて前半終了間際にはルーニーのファウルからマタにFKを決められて 失点。2-0で折り返せてたら違う試合展開になったかもしれないけど、2-1になって余計にチェルシーは押せ押せに…。

後半はいつ追いつかれるかという展開でルーニーが中盤に吸収されて3ボランチみたいになっちゃって苦しい苦しい。 すると53分、右に左に揺さぶられて最後はラミちゃんペにヘッダー叩き込まれて同点。

これでもうジ・エンドだと思いました、ここから息を吹き返すチャンスはないんだろうな、と。

が、63分、ペルシがいい形でボールを受けると裏に抜け出たヤングへスルーパス、これが通ってツェフと1vs1になりかけた瞬間、たまらずイバノビッチが交錯してファウル。これをクラッテンバーグが決定的チャンスの阻止とみなして一発レッド。

イバノビッチのプレーが故意かどうかは分かんないけど、主審は故意と判断。そして退場を選択。厳しいと言えば厳しいけど、解釈としてはしょうがないのかな、というプレー。個人的にはイバノビッチは、(憎たらしいけど)巧いDFなので、過失をアピールしつつの故意だったんじゃなかと思う。いつもファウルギリギリのプレーとか上手いからな~。

これでユナイテッドに追い風が吹くと69分には、トーレスがドリブルで突っかけエヴァンスと交錯して転倒。これが逆にダイブを取られてしまい、この日2枚目のイエローを頂戴して退場。

トーレスは1枚目がいらなかったし、ダイブ取られた時は、場所(1点目と同じようなゴール前)、タイミング(数的不利になった直後)、状況(一人で突っ込んでいった)がダイブっぽかったし、大げさに飛んで審判を向くのが印象悪かったのかも。そもそもダイバーという認識を持たれてるのかもね。

正直、イバノビッチの退場だけならむしろ手負いの虎という感じで厄介だったんだけど、さすがに2人退場は形勢逆転。FWにチチャをいれ、中盤にルーニーを下げる攻撃的布陣で加勢に出ると、ルーニーがギグスに代わった直後にペルシシュートのこぼれからラファエルのシュートにチチャが合わせて逆転!

チチャは戻りオフサイだったけど、その素早い動きからか線審は旗を揚げず。スーパーサブの面目躍如!そしてそんなチチャに降り注ぐコインの雨…。(このコインのせいなのか、試合終盤にはピッチ横で治療?を受けている人の映像が…)

その後、ユナイテッドはリスクを冒して突き放しにはいかず、3-2で試合終了。無敗で首位を突き進んでいたチェルシーに棚ボタで土をつけて首位争いが面白くなりました!


いよいよ11月1日からAdidasオンラインショップでジャイアントキリングのユニフォーム発売!!!

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

[CL] GL3節 ブラガ戦

clリーグ 2012/2013 UEFA チャンピオンズリーグ GL 第3節(H) CL
マンチェスター・ユナイテッド 3 1-2 2 ブラガ
2-0
得点 
時間
 得点
 
 
香川 → チチャリート 
キャリック → エヴァンス 
クレヴァリー → チチャリート 
2
20
25
62
75
 アラン ← ウーゴ・ビアナ
 アラン ← エデル
 
 
 

  14 エルナンデス 20 ファンペルシ  
  →11 ギグス(79′)    
  10 ルーニー    
  26 香川   23 クレヴァリー  
  →17 ナニ(46′)      
  24 フレッチャー  
     
28 ビュットナー     2 ラファエル
  6 エヴァンス 16 キャリック  
       
  1 デヘア
 
   

わざわざ2失点して「2点差は危ない」から逆転する夢の劇場型演出。内容で言ったら、前半は攻めも守りもひどいったらありゃしなかった…。

まず、試合開始早々に、キックの精度が高いので注意しなきゃいけないビアナのクロスから失点し、さらにはCBに入ったキャリックがものの見事に個人技でかわされて2失点目。

一方、攻撃は相変わらず相手ゴールに近づいた時にどう崩すかがノープラン。サイド→クロスの流れが染み付いているのでボールを中でこちょこちょ回しても、サイドにSBしかいない→クロス上げられない→どうしよう?となって、結局クロス以上に決まらなそうなDF裏へのロビングでボールロストの繰り返し。

それでも、20分の失点直後の25分にファンペルシの個人技から香川がボールを受けるとオフサイドギリギリで抜け出たチチャへ絶妙クロスを送り1点差に。こういう風に、今シーズンのユナイテッドはゴールだけは奪えている点は「腐っても鯛」…!?

前半を1-2で終えると、ユナイテッドは香川に代えてナニを投入。香川はプレー中に膝をやっちまったようだったけど、全体として出来は決して良くなかったので怪我が無くても代えられていたかも。ゴールに近い位置で中々もらえないし、前を向けない…。

システムもルーニーが左ワイドに張り出すような形の4-4-2に戻したユナイテッドは、追いつけ、追い越せで勢いアップ。ポゼッションも前半より上がり、ボールもスムーズに動くように。すると62分、ファンペルシのCKをニアのキャリックがかすり、最後はエヴァンスへ。エヴァンスは右足ボレーを空振るものの、その後のボールを素早く左足で流し込んで同点!

最近エヴァンスの攻めの部分がいい!ビルドアップの場面でも度々オーバーラップを仕掛け、CKでの得点も増えてきた!!

こうなると意気消沈気味になるブラガを尻目に、攻めるユナイテッド。すると75分、右サイドからクレヴァリーがアーリークロスを上げるとファーサイドでフリーになったチチャリートがキレイにどんぴしゃヘッダーをぶち込んで逆転!

その後はもうあんまり攻める力が残ってなかったブラガをなんとかかんとか振り払って3-2の逆転勝利!


プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

[PL] 8節 ストーク戦

プレミアリーグ 2012/2013 イングランド プレミアリーグ 第8節(H) プレミア
マンチェスター・ユナイテッド 4 2-1 2 ストーク・シティ
2-1
得点 
時間
 得点
 
ファンペルシ → ルーニー 
バレンシア → ファンペルシ 
ルーニー → ウェルベック 
 
ウェルベック → ルーニー 
11
27
44
46
58
65
 ルーニー(O.G.)
 
 
 
 カイトリー
 

  20 ファンペルシ  
     
19 ウェルベック 10 ルーニー 7 ヴァレンシア
→14 エルナンデス(78′)    
  16 キャリック 22 スコールズ  
    →8 アンデルソン(70′)  
       
3 エブラ     2 ラファエル
  6 エヴァンス 5 リオ  
       
  1 デヘア
 
   

今までで一番噛み合った試合だったような。そしてそこに香川がいないってのがちょっと残念ではあるんだけど。

それでもやっぱりウェルベックは真ん中に入りすぎだよなぁー。エブラが上がらないと左サイドがポッカリ。 流れの中でボール持ってからカットインするならまだしもサイドで開いてもらう場面でもフラフラと中に入っていっては、ウェルベックのもらうスペースはもちろん他選手のスペースも消しかねない。

まぁ、ようやくルーニーのお膳立てから1点取れたのでもう少し全体のバランスを見ながらポジションチェンジができるようになるかな…!?

ルーニーが少しだけ上向いてきたような感じ。試合早々オウンゴールをやらかすも、その後はタイミングドンピシャのヘッダーとラッキーなこぼれ押し込みで2得点。ペルシとの連携もさすが一流同士といったところ。

ただ、この試合でもセットプレーからまた×4(?)先制点を挙げたり、後半にはカイトリーの単独突破から失点するなどDF陣のほころびは相変わらず。こんなんでは次節のチェルシー戦がえらいこっちゃになっちゃうよ!!

この試合はまさかのベンチ外だった香川ですが、ルーニーのポジションをやりたいなら、ルーニーのように守備もがっつり奪う勢いでやって、攻撃では簡単に裏にリターンするだけじゃなく、受けてからサイドや前線にフィードしたりしないと攻撃のリズムが生まれないでしょう。香川がトップ下やるとフィニッシュ以外で消えすぎるのがイカン。

今週はCLのブラガ戦があるので、そっちに出るかな?(ということはチェルシー戦は出ない…?)


プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

[PL] 7節 ニューカッスル戦

プレミアリーグ 2012/2013 イングランド プレミアリーグ 第7節 プレミア
ニューカッスル・ユナイテッド 0 0-2 3 マンチェスター・ユナイテッド
0-1
得点 
時間
 得点
 
 
 
8
16
71
 エヴァンス←ファンペルシCK)
 エブラ←ルーニー(CK)
 クレヴァリー←ルーニー

  20 ファンペルシ 19 ウェルベック  
  →11 ギグス(86′)    
    10 ルーニー    
  23 クレヴァリー →22 スコールズ(79′) 26 香川  
    16 キャリック →7 バレンシア(56′)  
         
       
3 エブラ     2 ラファエル
  6 エヴァンス 5 リオ  
       
  1 デヘア
 
   

ついに香川・ファンペルシ・ルーニーを同時起用。
それも香川を右SHに起用するという、相変わらず読めない布陣。

ゲームへの入り方は良かったかな。SBがサイドのスペースを埋めて、中盤が真ん中によることでお互いの距離感が近かった。そして、珍しいセットプレー2発で先制、追加点をゲット。

ただ、このあたりから相手も息を吹き返し、香川サイド(ユナイテッドの右)から厚い攻撃を仕掛けてゲームを支配。香川は早々にイエローもらい、ラファエルとのカバーリングの意思疎通も取れていないことから後手を踏む。

結局、香川・ルーニー・RVPの共存は後半の56分に香川が下がることでジ・エンド。やっぱこのポジションではないですよ、香川の適正ポジは。

ということでこの後は右サイド職人がサイドに張り付いて相手のマーカーをおびき寄せスペースを有効活用。すると71分にはクレヴァリーのエルゴラッソでビューティフルなゴールでダメ押し。

左サイドから右でファーサイドにカーブをかけてゴールに沈めるのって(逆バージョンもそうですが)、力学として美しいですよねー。

このあと、ほとんどゴールに入ってた危ないシュートもあったもののリーグ戦ではえらい久しぶりな気がするクリーンシートでフィニッシュ。それにしてもデヘアはクロスに対して危なっかしすぎ。キャッチできないし…


プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

[CL] GL2節 クルージュ戦

clリーグ 2012/2013 UEFA チャンピオンズリーグ GL 第2節(A) CL
CFRクルージュ 1 1-1 2 マンチェスター・ユナイテッド
0-1
得点 
時間
 得点
スグー→カペタノス 
 
 
14
29
49
 
 RVP←ルーニー(FK)
 RVP←ルーニー


  14 エルナンデス  
  →19 ウェルベック(83′)  
  10 ルーニー 20 ファンペルシ  
       
  23 クレヴァリー 24 フレッチャー 8 アンデルソン  
         
       
3 エブラ     2 ラファエル
  6 エヴァンス 5 リオ  
  →31 ウートン(79′)    
  1 デヘア
 
   


ユナイテッドでは非常にレアな4-3-2-1(クリスマスツリー型)を採用し、チチャの背後にRVPとルーニーを配置。
CHは右にアンデルソン、左にクレバリー、そしてアンカー風に若干後ろ気味にフレッチ!

サイドを切り裂くような選手は、強いて挙げるならラファエルぐらいで、後は中によってごっちゃりした感じ。
それでも普段よりもボールがよく動き、躍動感が出たようにも思ったんだけど…失点!

エブラの裏のスペースにロングパスを出されるとエブラはスグーに走り負け、マイナスのクロスを入れられてしまい、中ではエヴァンスがマークを外されてカペタノスにゴールを奪われて、「もう何度目よ?」という追いかける展開に。

エブラの状態がヤバい。守備でも裏を取られ、攻撃でも切り裂くこともなくほぼバックパス&平行パス。
エブラがあれでは中々DFラインも上げられないし、週末の試合ではビュットナーが出てくるかも…

そんな中、初めてスタメンで同じピッチに経ったRVP&ルーニーが個の力で同点に。
ルーニーのFKをRVPが”肩”で合わせたシュートは絶妙なふんわりとした軌道を描いてゴールイン!

さらに後半すぐの49分には、右サイドのルーニーがDFラインとGKの間に実にエレガントなロビングを出すと、
それを感じ取っていたRVPが抜け出しダイレクトで左足アウトに当ててコースを変えてゴール!

ルーニーの柔らかなパスがエレガントなら、RVPのワンタッチシュートもエレガント。これぞワールドクラス!

その後はゴールを奪えませんでしたが、きっちりと2-1のスコアで終えて無事グループリーグ2連勝!
昨シーズンはGLのアウェイでドローが多く、勝ち点を取りこぼしてきましたから勝利(=勝ち点3)という結果が重要。

香川は出場がありませんでしたが、久々に”面白くなりそうな”ユナイテッドが垣間見えた試合。

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

AD

gettyimages-1229459500-612x612
よもやの敗戦だった敵地でのイスタンブール戦の選手評価

昨シーズンの中断明けの勢いはどこへやら。もはや良かったり悪かったりを繰り返すタイトルを勝ち取れないクラブの典型みたいなパ...

Start11
[CL] GL第3節 イスタンブール戦

全員攻め上がっちゃうとか体育の授業のサッカーかよ!  2020/21 CL GL第3節  ...

NewImage.png
0-1で敗れてまたしてもホームで勝てなかったアーセナル戦の選手評価

アーセナルの方がチームとしてやりたいことを出来ていたので、勝ち点ゼロというのは妥当といえば妥当な結果かな。ダビド・デ・ヘ...

IMG_6919.JPG
[PL] 第6節 アーセナル戦

ダイヤモンド型の中盤で挑むアーセナル!  2020/21プレミアリーグ 6節  マン...

NewImage.png
ホームでのリーグ戦でなんとしても勝ちたいアーセナル戦のスタメン予想

オーレ・グンナー・スールシャール監督は、今日のアーセナル戦のためにミッドウィークのRBライプツィヒ戦では多くのメンバ...

→もっと見る

  • 2020年11月
    Sun Mon Tue Wed Tue Fri Sat
    « Oct    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS

  • マンチェスター・ユナイテッド ホーム ゴールキーパー シャツ 2019-20 - De Gea 1 マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2019-20 - Lindelof 2  2019-20 Maguire 5 マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2019-20 Pogba 6 マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2019-20 Rashford 10 マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2019-20 James 21 Manchester United Home Shirt 2019 - 20 with Wan-Bissaka マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2019-20 Lingard 14
TOP ↑