*

エランガとファン・デ・ベークが光った最終節ウルブス戦の選手評価

相手の稚拙な攻めに助けられた面もあったけど、若手もベテランもみなチームのため、そして自分自身のアピールのためにファイトしていたし、来シーズンに向けての収穫があったんじゃない?

SPONSORED LINK

ディーン・ヘンダーソン

殆どやることは無く、ゴールを奪われたシーンは不運だった。守備陣をよく組織し、ボールが来た時には落ち着いて足で処理できた。 7

ブランドン・ウィリアムズ

序盤には何度か不安定なボールタッチがあったものの、実によく試合に入ることが出来た。そして守備でよく戦っていた。前半最後に訪れたシュートチャンスで得点できなかったのはアンラッキーだった。 7

エリック・バイリー

契約延長以降で最高のパフォーマンス。ウルブスは攻撃であまりフィジカル面の存在感を発揮しなかったが、バイリーは強固でプレッシャーをかけていた。 7

アクセル・トゥアンゼベ

ウルブスの同点ゴールのシーンではファビオ・シルバを見失い、スペースを見つけられてしまった。他のシーンでは強固なパフォーマンスを披露し、水曜日の先発の座もまだ視界にとらえている。 7

アレックス・テレス

パリでのユナイテッドデビュー以来最高のパフォーマンスだった。序盤には素晴らしいクロスをエランガに供給し、ゴールにも絡んだし守備も良かった。 8

ネマニャ・マティッチ

中盤での落ち着いたパフォーマンスで経験を示した。特に目を引くものではないが、必要に応じて守備ラインに落ちてバランスを取り、良く守備ラインの盾になっていた。 7

ドニー・ファン・デ・ベーク

彼のベストパフォーマンスであり、中盤深くでプレーすることでもたらせるものを示した。ボールを上手く扱い、機会がそれを許せば前へと飛び出していった。守備も良かった。 8

gettyimages-1319634059-612x612

© Getty Images

アマド・ディアロ

相手ウルブスは3枚のCB構成であり、CFへの難しい役割変更を強いられたが、輝く足技を示すシーンもあり、ハードワークしていた。 6

フアン・マタ

決意を感じるPKで思い出深いものになるだろうが、影響を及ぼすことに苦しんだ。ユナイテッドは攻撃のゾーンであまり多くのボールに触れなかった。 7

ダニエル・ジェームズ

エランガの先制点のシーンでは素晴らしいクロスを供給したが、それ以降は少々試合から消えていった。後半早々のシーンでは上手く抜け出ただけに決めたかったが、フィニッシュは忘れ去りたいほど酷いものだった。 6

アンソニー・エランガ

最初の15分間で3度チャンスが訪れ、3度目で素晴らしいヘッダーを叩き込んだ。ユナイテッドでの2試合目の先発でアピールするパフォーマンスを示した。ユナイテッドは試合が進むにつれてボールに触る機会が減っていったが、彼はアピールし続けた。 8

Anthony Elanga

© Getty Images


交代出場選手

ハンニバル・メイブリ

82分からマタとの交代でデビュー。インパクトを残すには時間が無さすぎた。 評価無し

NewImage.png

© Getty Images

ショラ・ショレティレ

82分からアマドとの交代でピッチに。インパクトを残すには時間が無さすぎた。 評価無し

ウィル・フィッシュ

95分にジェームズとの交代でデビュー。インパクトを残すには時間が無さすぎた。 評価無し

NewImage.png

© Getty Images


指揮官

オーレ・グンナー・スールシャール

チャンスでリスクを冒したが、後半は慌ててタッチラインから指示を送った。素晴らしいアウェイでの記録を打ち立てた。 8

<元記事:Manchester United player ratings vs Wolves: Donny van de Beek and Anthony Elanga excellent@Manchester Evening News

ファン・デ・ベークもこのポジションでやれることを示したんじゃないかな。PK獲得したように何度も相手エリア内まで侵入したし、守備ラインのポゼッション時には積極的にヘルプにもいっていたし。

エランガは気持ちが良いヘッダー叩き込んでくれたけど、あのシーンはカバーニの動き出しを近くで見ていたおかげだったり?

ウィリアムズも前よりも集中して頑張れていた気がしたかな。それでもワン・ビサカのライバルとして力不足なのは否めないから、来シーズンはローン移籍になるような気はするけど。

ハンニバルもデビュー出来たし、持ちあがりやパスに期待感があったから、来シーズンはちょこちょこ出番もらえると信じたい!

SPONSORED LINK

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

よければコメントをお願いします

アドレスは必須ですが、非公開です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自分のアバターを設定したい方はお問い合わせからユーザー登録希望の連絡をください。

AD

NewImage.png
アストン・ヴィラ戦の敗北に関してファン目線での既視感

マンチェスター・ユナイテッドのファンは、オーレ・グンナー・スールシャール監督の抱える駒を考えるともっと良い戦いが出来...

NewImage.png
ショーの負傷はユナイテッドにとって想像以上にどデカいダメージになり得る可能性が

選手のフォームが低下してくるとそれはその選手のトップレベルのクラブでのキャリアの終わりの始まりである場合があるが、マ...

NewImage.png
負傷交代した2人は少なくともミッドウィークのビジャレアル戦は欠場濃厚か

オーレ・グンナー・スールシャール監督は、ルーク・ショーとハリー・マグワイアがミッドウィークに行われるビジャレアルとの...

NewImage.png
ミッドウィークの嫌な流れを断ち切れなかったヴィラ戦の選手評価

フレッジ、マクトミネイのコンビだと守備ラインのポゼッションに参加してもあまり打開策にならないし、ドリブルで持ち運ぶわ...

IMG_0164.JPG
[PL] 第6節 アストン・ヴィラ戦

フレッジ、マクトミネイの中盤コンビでファン・デ・ベークはいつもどおりのベンチスタート。フレッジは先発起用に応えられる...

→もっと見る

  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS


TOP ↑