*

現地観戦したサウサンプトン戦の選手評価【ルカクやるじゃん!】

劇的勝ち越しで勝利し、現地観戦するに最高な試合だったサウサンプトン戦の選手評価。

SPONSORED LINK

ダビド・デ・ヘア

ニアポストが彼にとってのクリプトナイト(※スーパーマンの弱点)になっている。サウサンプトンの先制ゴールとなったヤン・ヴァレリーのシュートは防ぐべきだった。 4

アシュリー・ヤング

珍しくナイーブなプレー判断をし、彼のお粗末なスローインからヴァレリーに先制点を献上することとなった。また、彼が与えたファウルからジェームズ・ウォード=プラウズの直接FK弾が生まれることとなった。 3

クリス・スモーリング

ナーバスなプレーに後退した。サウサンプトンのプレッシングに目に見えて不快感を感じていた。守備陣を引っ張ることは出来なかった。 5

ビクトル・リンデロフ

ユナイテッドは彼の球捌きの上手さをもっと使えていたはずだったが、リンデロフはサウサンプトンのプレスのターゲットになり、守備に専念した。 6

SPONSORED LINK

ルーク・ショー

攻撃では積極性を示したが、ヴァレリーに寄せられず彼の先制ゴールを呼び込んでしまった。 5

スコット・マクトミネイ

パスは余りにもリスク回避しすぎで、ヤングが彼の多くのパスの相手だった。彼の代わり映えのしない安全なパスがユナイテッドの攻撃をストップさせていた。 4

アンドレアス・ペレイラ

攻撃では期待を抱かせるクロスを入れていたが、前半は何度も何度もボールを失った。後半、信じがたいような素晴らしいゴールを決めて罪滅ぼしをした。 7

0_GettyImages-1128367456

© Getty Images

SPONSORED LINK

ポール・ポグバ

彼よりも後方にボールを持てる選手がいないため、ユナイテッドはしばしば彼を探していた。試合終了直前のPKのチャンスは再びミスってしまった。 5

マーカス・ラッシュフォード

ジョゼ・モウリーニョ前監督時代のRWGを思い起こさせた。最前線にポジションを変えるまでは、タッチライン際までボールを追いかけ、後方まで戻って来てを繰り返した。 5

アレクシス・サンチェス

役割をこなせず、全くもってユナイテッドの攻撃を活性化させることが無かった。努力は非常に感じられたが、お粗末版「カルロス・テベス」といったところだった。負傷により交代となった。 2

ロメル・ルカク

最初のチャンスが決まれなかったのはアンラッキーだったが、その後も2度訪れたプレゼントタイムを無駄にしたことがユナイテッドに代償を支払わせた。その後、素晴らしいゴールで勝ち越し弾を奪い、2-2にされてから再び今度はそれ以上の素晴らしいゴールを決めた。 8

SPONSORED LINK

Manchester United Retro Sports Colourblock Hoodie - Navy/Red - Mens Manchester United Retro Sports Colourblock Sweat - Navy - Mens

交代出場選手

ジオゴ・ダロト

負傷したサンチェスに代わって52分からピッチに。すると直後に、ペレイラの同点ゴールを呼び込む素晴らしいインパクトを発揮。サンチェスのアップグレード版と言える活躍ぶりだった。 8

フレッジ

82分にペレイラに代わって投入されると、ルカクのゴールをアシストした。 6

タヒス・チョン

アディショナルタイムの95分にラッシュフォードとの交代でピッチに入った。 評価なし

<元記事:Manchester United player ratings: Romelu Lukaku and Diogo Dalot brilliant vs Southampton@Manchester Evening News

サンチェスの負傷に伴うダロトの投入、そしてシステム変更が功を奏したね。サンチェスは動き出しが周囲と合っていないから、本人がもらいたいタイミングでボールが出てこず、更には周囲が出そうとした瞬間には出せないコースにいるって感じだった。

あのポジションをやらせるなら、やっぱりスペースの使い方が上手いリンガードがベストなんじゃないかな。あるいは、マタとかね。どっちも今は負傷離脱しているし、そうなるとトップ下システムはしばらく機能させるのが難しいかもしれない。

ルカクもペレイラもミスがあっただけにゴールが出来て良かった!

ペレイラは試合後の出待ちファンへのサインも応じていたけど、残念ながらサイン貰えず。次の観戦時にも活躍して、サインしてくれることを祈ろうっと。次回への宿題!

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

Comment

  1. ルイスカルロス より:

    ルカク本当に成長しましたね、嬉しいです。スールシャールも本当に素晴らしい、二人に謝りたいです
    マクトミネイはポジショニング、視野、ボールタッチ、キープ、ディフェンス等がプレミアレベルではないのでアンカーを補強しなければなりませんね。
    サンチェスは今のところ論外

  2. ウェルベック より:

    こんな熱い試合を現地観戦なんてとても羨ましいです。
    試合はルカク、ダロトが素晴らしくてペレイラもものすごいシュートを決めてくれましたね。
    それにしても、スールシャール就任以降本当に厳しい試合も勝ちきることが出来てますね!

  3. dd より:

    サンチェスにはまだ期待してる気持ちが僅かにありますが、正直ここまで機会を与えられてコンディションが全く良くならないのは、もう選手としてのピークを過ぎた感じがします。ガナでのラストシーズンも沈んでましたしね。彼の献身性あるプレーは好きなんですがどうしても空回りしてる感じ。それにスぺともなると放出も全然ありだと考えます。
    話変わってこの試合なかなか面白かったです!デヘアの2失点はどちらもスーパーでしたので仕方ないかなぁ〜なんて思ってます。絶好調のときの神なら止めてたとは思いますが笑

    何よりも管理人さん現地観戦お疲れ様です!

よければコメントをお願いします

アドレスは必須ですが、非公開です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自分のアバターを設定したい方はお問い合わせからユーザー登録希望の連絡をください。

AD

0_GettyImages-1189747416
アスタナ戦のスタメン予想【若手いっぱい】

マンチェスター・ユナイテッドは、カザフスタン王者アスタナとのヨーロッパリーグ・グループステージ第5節に僅か4名のレギュラ...

B5635A01-3B68-434E-B653-CD10A1C3CD4F
ネビルが引き分けたシェフィールド戦のフレッジとペレイラを酷評【ついでに前線3枚もダメ出し】

マンチェスター・ユナイテッドは、日曜日におぞましいパフォーマンスを披露してしまい、シェフィールド・ユナイテッドと3-3で...

8aa033b6930fd85ea29e76bf61261c1f.png
[PL] 第6節 ウエストハム戦

ミッドウィークの若手主体のアスタナ戦からメンバーを大きく変えてプレミアリーグ仕様!ラッシュフォードに久々のゴールは生...

degea_ole1568640972701_xlarge
【公式】SGGKデ・ヘアがついに契約延長!

ダビド・デ・ヘアがマンチェスター・ユナイテッドとの新契約にサイン!© MANCHESTER UNITED ...

Victor Lindelof Signs A Contract Extension at Manchester United
【公式】守備の要に成長したリンデロフが契約延長!

ビクトル・リンデロフはマンチェスター・ユナイテッドとの2024年6月までの新たな長期契約(1年の延長オプション付き)にサ...

→もっと見る

  • 2019年12月
    Sun Mon Tue Wed Tue Fri Sat
    « Nov    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS

  • マンチェスター・ユナイテッド ホーム ゴールキーパー シャツ 2019-20 - De Gea 1 マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2019-20 - Lindelof 2  2019-20 Maguire 5 マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2019-20 Pogba 6 マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2019-20 Rashford 10 マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2019-20 James 21 Manchester United Home Shirt 2019 - 20 with Wan-Bissaka マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2019-20 Lingard 14
TOP ↑