*

敵地で老貴婦人を撃破したチームを誇りに思うとコメント

ジョゼ・モウリーニョ監督は、ユヴェントスを相手にセンセーショナルな逆転勝利という形でイタリア王者に今シーズンの公式戦初黒星を与えたマンチェスター・ユナイテッドを「誇りに思う」とコメント。

SPONSORED LINK

gettyimages-1058904678-612x612

© Getty Images

ユナイテッドは、1点を追う展開でラスト5分を迎えたが、フアン・マタの正確無比なFKで同点に追いつき、さらにはオウンゴールで逆転して劇的な形で勝利を収めた。

スター選手揃いでセリエA 7連覇中のユヴェントスを相手に、敵地で勝利。アウェイでユヴェントスに勝利したイングランドのチームが現れたのは15年ぶりで、最後にイタリアで彼らを下したのもユナイテッドだった。

SPONSORED LINK

試合後、モウリーニョ監督がBT Sportとのインタビューで語った内容は、以下の通り。

試合開始からファイトした

今日の試合は非常に良いゲームだった。ハイレベルな一戦だった。結果は関係ない。トップレベルの試合だった。チームも高いレベルでのパフォーマンスができた。同点ゴールを決めた後も、本来の力を呼び戻し、戦う時間は5分残されていた。だがチームは、試合開始から最後まで戦い続けた。
SPONSORED LINK

ユベントスのことはリスペクト

イタリア的な美しい手法で、(観客は)私を90分間罵ってくれた。私は彼らを侮辱していない。ただ、ちょっとしたことをしたまでだ。きっと何百万人ものインテルファンは気に入ってくれただろうね。しかし、私はユヴェントスをリスペクトしている。選手、監督、彼らの全て、クオリティーをリスペクトしている。それに私は、チームの選手を誇りに思う。うちの選手のパフォーマンスは非常に良かった。

※「ちょっとしたこと」とは以下。

gettyimages-1058902916-612x612

© Getty Images

gettyimages-1058901772-612x612

© Getty Images

SPONSORED LINK

相手のレベルに力を高められた

うちの何選手かが、ホームでの試合後に受けたインタビューで、チームがやや退いていたと言っていたのを聞いた。それを理解した上で準備をしてきた。敵地では退いてプレーしているような感覚でやるわけには行かなかった。対戦相手のポテンシャルは我々とは異なる。彼らの目標が我々と異なるのも、誰もが理解している。彼らは快適な状況にいたのに対して、我々は最後の最後まで戦わないといけない状況にあった。つまり、我々の状況は異なった。だが、選手たちは良い試合の入り方をしてくれた。上手にコントロールしてくれた。前半は1度だけ決定機を作られたが、全てコントロールされていた。

ロナウドのゴールはどうしようもない

ユヴェントスは実力のあるチームで、優れた選手も多い。クリスティアーノには今日のようなゴールを決める力がある。彼のゴールに繋がった美しいパスを出したのはCBだ。非常にクオリティーの高いパスがCBから出されたわけで、彼らは全てのポジションに優れた選手を擁している。それにベンチの選手の力量も高い。いつだって素晴らしい選手交代ができる。

まだ終わっちゃいない

とても大きな勝利だ。勝点が必要だったということ以外にも、ホームで素晴らしい戦績を残しているユヴェントスのようなファンタスティックな相手に勝てたわけだからね。

(グループステージ)ホーム最終戦が残っている。残り2試合必要になると思っていたが、あと1試合だ。私の計算が正しければ、ヤングボーイズに勝てれば勝ち上がれる。あとはオールド・トラッフォードに任せる。次の試合には時間通りに到着したい。遅れずに到着したい。ここでは素晴らしいエスコートを得られた。とても素晴らしい先導があった。イタリア警察に感謝している。次の試合では時間通りに到着できるように願おう。そうすればヤングボーイズに勝利し勝ち点3を獲得し、勝ち上がれる。

マンチェスター・ユナイテッド サード シャツ 2018-19 - Mata 8 プリント マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Mata 8 プリント

<元記事:モウリーニョ監督がユヴェントス戦を総括@マンチェスター・ユナイテッド公式サイト

まさにモウリーニョ節って感じだな。マンチェスター警察へのチクリ(イタリア警察みたいにエスコートしろよ)、上層部への不満(あんなパス出せるCBが欲しいんだよ)なんかをそこはかとなく節々に匂わすw

これで次節、ユナイテッドがホームでヤング・ボーイズに勝って、ユベントスがバレンシアに勝利すれば最終節を待たずしてユナイテッド(とユベントス)の決勝トーナメント進出が決まるぜぃ!

(って言うとヤング・ボーイズに負けちゃうのがユナイテッドクオリティーのような気もするけど気にしない)

SPONSORED LINK

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

Comment

  1. JDM より:

    もう本当に最高!
    ユヴェントスに敵地で勝つなんて嬉しすぎる
    この勢いでシティも倒そう!
    Glory Glory Man United!

  2. スコ より:

    最高の結果ですね!次節バレンシアがユーヴェに負ければ次節の勝利でGL突破。バレンシアが引き分ければ最終節までもつれるもののユーヴェとの対戦成績から首位通過の可能性も。
    とりあえずはシティを蹴散らしましょう!楽しみです。

  3. TGU より:

    わかっていても止められないサッカー、痛快じゃないですか?
    バルサ、シティみたいな華麗なサッカーが正義で、戦術フェライニやstop the busなんかは悪という風潮がありますが、いずれも勝つためのれっきとした戦術ですし、僕は好きです。リバプールのようなバスケでいうランアンドガン的なのも好きですが…(笑)
    にしてもユヴェントスの潔さ、さすが老貴婦人ですね。スペインの某クラブなんかすぐに「僕たちのほうがいいサッカーをした」だの「相手はサッカーをしようとしなかった」と負け惜しみ言いますからね。
    フィジカル重視のサッカーを上手く昇華させていって欲しいです。

  4. やす より:

    このワルっぽさ。
    モウリーニョが戻ってきましたね

TGU にコメントする コメントをキャンセル

アドレスは必須ですが、非公開です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自分のアバターを設定したい方はお問い合わせからユーザー登録希望の連絡をください。

AD

NewImage.png
ファンがメンフィスの買い戻し条項行使を要求【代表でまたまたゴール】

マンチェスター・ユナイテッドのファンは、ジョゼ・モウリーニョ監督が再びオランダ代表でゴールを決めたメンフィス・デパイ...

NewImage.png
サンチェスはPKは失敗するもゴール決める【良かったり悪かったり】

アレクシス・サンチェスはチリ代表がコスタリカに2-3で敗れた試合でPKを失敗し、一方ではゴールを決めた。© Gett...

IMG_9690
スペイン代表のエンリケ監督がデ・ヘアに守護神陥落を通達?

スペイン代表のルイス・エンリケ監督は、ダビド・デ・ヘアに対してもう代表のナンバーワンGKの地位を保証することはできな...

IMG_9689
サヴェージが3選手を批判「なんでまだ居れるわけ?」

ロビー・サヴェージ氏は、マンチェスター・ユナイテッドの3選手を批判している模様。 © Getty Images 元ユ...

NewImage.png
1月に大型移籍が実現すると解説者が予想

アレクシス・サンチェスは、「今シーズンのプレミアリーグにおける史上最高にポテンシャルを発揮できていない選手」になって...

→もっと見る

  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS

  • マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Alexis 7 プリント マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Pogba 6 プリント マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Lukaku 9 プリント マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Lingard 14 プリント マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Rashford 19 プリント マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Martial 11 マンチェスター・ユナイテッド ホーム ゴールキーパー シャツ 2018-19 - De Gea 1 マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Mata 8 プリント マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Ander Herrera 21 マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Shaw 23
TOP ↑