*

タイトル獲得に疑念生じて契約延長交渉ストップ

マンチェスター・ユナイテッドは、ジョゼ・モウリーニョ監督が果たしてクラブにタイトルをもたらしてくれる監督なのかと心配になってきたため、一旦監督との契約延長交渉を棚上げした模様。

SPONSORED LINK

Bristol City v Manchester United - Carabao Cup Quarter-Final

© Getty Images

チャンピオンズリーグではグループステージを首位通過し、国内リーグ戦でも2位の座を維持してここまで順調にシーズンを送っているにも関わらず、それでもプレミアリーグ首位のマンチェスター・シティには既に13ポイントの差を付けられている。

これだけの大きなポイント差をひっくり返したことがあるのは過去2度だけであり、ペップ・グァルディオラ監督はシティの監督に就任後初のリーグタイトルをほぼ手中に収めたとみられている。

SPONSORED LINK

そして、Mirrorでは、モウリーニョ監督がグァルディオラ監督の成功によって最も被害を被る人物の一人になる可能性があり、ユナイテッドの経営陣はポルトガル人指揮官が果たしてこの差を今シーズン、あるいは今後埋めるだけの能力があるのかと不安を募らせていると報じている。

ユナイテッドの上層部はグァルディオラ監督がタイトルレースをほぼ手中に収め、モウリーニョ監督のアプローチが助けになっていないことに呆然としている。

自称スペシャル・ワンは、非常に守備的で実用的なスタイルであり、特にビッグ6相手の試合だとそれが顕著になる。そして、上層部はこのアプローチを好ましく思っていない。

その結果、経営陣はすでに新たな契約について軽く話し合いが始まっているが、モウリーニョ監督と契約延長することに疑問を抱き始めている。

SPONSORED LINK

モウリーニョ監督の現在の契約は2019年の夏までであり、以前の報道では、ユナイテッドが好調なシーズンスタートを切ったことで、モウリーニョ監督は大幅に給料を上げて新たに3年の契約を要求していると言われているが、現状シティとの差が縮まっているとは言い難い。

FBL-ENG-PR-WIGAN-MAN UTD-FRIENDLY

© Getty Images

ユナイテッドはモウリーニョ監督が就任以来3億ポンド(約455億円)を手渡しており、一方で現在モウリーニョ監督は既に年間1200万ポンド(約12億円)を受け取っており、新契約ではさらに300万ポンド(約4.5億円)の上乗せを求めている。

しかし、ユナイテッドの上層部はこれだけの投資に対するもっと大きな見返りを期待していた。そして、シティとの差をもっと縮めてくれるものと考えていた。

そのため、現在の状況がモウリーニョ監督がグァルディオラ監督の上を行けるのかという点に疑念を抱かせている。

SPONSORED LINK

マンチェスター・ユナイテッド Columbia Dutch Hollow ハイブリッド ジャケット - ボルダー カレッジ ネイビー - 男性用 マンチェスター・ユナイテッド レッドデビル ソックス 2足組 - レッド/グレー - 男性用

<元記事:Manchester United board make Jose Mourinho contract decision@Metro

モウリーニョ監督のアプローチは名を捨てて実を取るもの。一方、グァルディオラ監督のアプローチ(ヴェンゲル監督もこのタイプだけど)は、理想とするスタイルの実現にタイトル獲得よりも重きを置くもの。

それなのに、結果だけを目指すユナイテッドよりも、攻撃的なスタイルを貫いているシティの方がはるか上を行っているからなぁ。結果も内容もシティに上回れている。

今のユナイテッドは、ファンが求めているスタイルとは違うアプローチをして結果を取りに行っているのに、結果も伴っていない。

そういう意味で、ユナイテッドが他クラブよりも叩かれているんだろうな。

今まではビッグ6では負けないようなフットボールをして、それ以外で確実に勝てば優勝できたかもしれないけど、シティが一段階上のレベルに行っちゃったから、今後はシックスポインターでも3ポイントを狙わないといけなくなったと思うんだよなぁ。そこに対するモウリーニョ監督のアプローチが見えないし、結果も出ていないからなぁ。(アウェイのアーセナル戦は勝てたけど)

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

Comment

  1. ほくろ より:

    (そりゃあ文句言いたくなるのもわかりますけど、シティのほうが移籍金使ってるし、ユナイテッドの主力の欠場頻度半端ないし。それで内容かつ結果求めろなんてf1に軽自動車で出て優勝しろって言われてるようなもんですよ。)
    ってモウリーニョは思ってる気がしますね。自分的には3年目のジンクスがありますから監督交代カモンカモンなんですけどね。
    というかスコールズ監督が見たい!

  2. tomo より:

    今シーズンは結果だけ見れば充分やってると思いますけどね〜。
    シティが独走しているのは、モウのせいじゃないし今のところ2位はファーガソン時代以来だしね。
    ポグバがかなり休んだとか、エレーラが謎に弱体化したとかのマイナス要因もある中で、2年目のモウリーニョの強さは出てると思います。

    ただ、トップ6との試合はドン引きカウンターのつまらない戦術だし、ムヒとかは戦術の犠牲になってる感じはする。
    後は、ローテーションが下手だから若手のブレイクの芽が積む…

    まあ来シーズンまではモウでいきそう…

    • ライダー より:

      質問なんですが、そんな簡単に若手が出て活躍しているビッグクラブがあるなら教えてほしいです
      ドン引きカウンターって言ってますけどただブロック作って守ってるだけでは?

      • ハゲだけに…… より:

        トッテナム・ホットスパーと言うチームがあるんですよ。
        ケイン、デレアリ、ダイヤー、ウォーカーなどを育てながら前期リーグ2位になったチームです。
        今もウィンクスと言う選手がバリバリ成長中なんですよ。

        あと、モウリーニョの強豪相手のアウェイ戦術をドン引きと言わないとしたら、何をドン引きと言うのか、私には分かりません。

      • tomo より:

        ご質問有難うございます。

        シティやチェルシーでも先日のカップ戦でも結構無名の選手を起用しましたよね。チェルシーのアンパドゥとかってDFは17歳でMOMに選ばれてましたし。

        ユナイテッドもファン・ハールの時に当時は無名のラッシュ起用してるし、レアルではアセンシオやカゼミーロも生え抜き。
        後、あまり詳しくないですがトッテナムも育成力は高いかと。

        モウ時代ではマクトミネイとトゥアンゼベですが、マクトミネイはポグバとフェライニが元気だったら、カップ戦ですら出番を貰えたか疑問ですし、
        トゥアンゼベもブリントを優先されて試合に出れず。
        モウは、チェルシー時代にデ・ブライネ、ルカク、サラーを十分起用せず放出した経緯もありますし、最近は柔軟に選手起用してますが、その点は成長過程かと思います。

        ドン引きカウンターという私の造語の説明で恐縮なのですが、トップ6とだとポゼッションを捨てちゃうんですよね。前線でボール取られて中盤まで持ってかれると、後はおっしゃる通りブロックを作る。ボール獲っても縦パスなどで人数かけずに攻める。だから、すぐ獲られる。そして、繰り返し。結局ポゼッション率30%とか。
        これって、チェルシーでは良くてもユナイテッドの流儀には反すると思いません?攻めて最後の10分守り抜くとか、カップ戦の大事な1戦でならまだしも、リーグ戦の3分の1弱これですからね。素人目からすると面白くない試合だし、世界一ファンを抱えるユナイテッドの経営陣の印象は悪いでしょう。

        • スミシー スミシー より:

          ファンハールがラッシュフォードを起用したのはルーニー、マルシャル、ウィルキーンが怪我、ウィルソンがローンてことで他に選択肢がなかっただけと記憶してます。

          シティやチェルシーが若手を使ったと言っても彼等のスカッドにグアルディオラやコンテが育ててる生え抜き選手っていますかね?クリステンセンくらい?

          モウリーニョはマクトミネイはバックアップとして戦力として見てると思いますしラッシュフォードも他のライバルチームではベンチに入れるかも微妙だと思いますが育ててますよ。ペレイラにしてもバレンシアでの活躍を見るとローンに出す選択を取ったのは大正解だったと思います。
          スパーズの育成力は確かに素晴らしいと思いますけどスパーズは他のビッグクラブと比べるとまだ少し「買う力」が弱いので必然的にそうなるんじゃないかとも思えます。

          ユナイテッドの流儀の考え方は人それぞれだと思いますがファギーの時から魅力的な選手は多かったけど俗に言う楽しいサッカーとは違ったと思いますし個人的にユナイテッド(ファギー)の流儀があるとしたらそれは「勝つ事」でモウリーニョの流儀は「手段は選ばず最終的に勝つ事」な気がするのでユナイテッドにあってるんじゃないですかね。
          まあ最終的に勝てなそうなのは辛いとこですけどw

          • ハゲだけに…… より:

            若手の育成をほとんど無視して、即戦力ばかりをかき集めて、その結果がこの現状だったら、その監督は評価されるべきなのでしょうか?

            大切なのは今持っているスカッドの使い方です。

            ペップもコンテもポチェッティーノも、その時に与えられたスカッドを最大限に生かして結果を出したのです。

            多分ですけど、『持っているスカッドを最大限に生かして』と言う部分で、モウリーニョはシクジってるのだと思うのですよ。

            • ライダー より:

              モウリーニョも、その時に与えられたスカッドを最大限に生かして、1年目から、コミュニティシールド、カップ戦、ELを優勝してるんですが?
              ペップは1年目タイトルなしで今では選手の大半がかわってます
              コンテはリーグ優勝しましたが率いたのは2年前の優勝チームです
              ポチェはいいチームを作り上げてきてますが、タイトルなしです

              私は一番しくじってのはリヴァプールだと思ってます!!!

        • ライダー より:

          回答ありがとうございます
          まず、私の中でトッテナムがユナイテッドやその他ビッグクラブと同等だと思っていません。
          確かに近年好成績を収めていますし、最終的に優勝に値する勝ち点は稼いでますが優勝争いはしてませんし、タイトルも獲ってません。なので、私のなかでうーんと思ってしまいます。

          トゥアンゼベやマクトミネイをもう少し起用してほしいというのはわかります。
          現状トップチームの選手がふがいないですからね
          レアルは若手を重用しだした今シーズンは全然だと思います
          ベイルがいる試合ではそちらが使われますし、カゼミロもポルトでの活躍があったからこそだと思います
          個人的には、チェルシーやシティで使われた若手選手がユナイテッドでいうところのラッシュ、マルシャル、マクトミネイ、トゥアンゼベやショーだと思ってます
          リンデロフやバイリーも20代前半です。レンタル組にはぺレイラとメンサーもいます
          まぁ、ジェズスやサネと比べるとあれですが・・・
          シティやチェルシーと比べるとユナイテッドのほうがちゃんと使ってると思います
          シティはサンチョ放出、チェルシーもズマ、チャロバー、ロフタスチーク、ソランケ、アケまで出してます
          デブルイネ、ルカク、サラーに関しては当時は仕方なかったと思います
          セスクやオスカル、コスタ、ウィリアンやシュールレから彼らがスタメンを奪うのは難しかったと思います。しかも、放出してもチェルシーはタイトル獲ってます

          私が言いたいのは、ドン引きしたくてしてるわけではないんじゃということです
          DFからまともなボールが出ないから、どうしてもラインをあげらない。
          問題の本質はそこだと思ってます
          CBにバイリー、リンデロフが揃えばある程度は解決すると思いますし、唯一ポグバがいたアーセナル戦では、ハイプレスから2点とってます
          中盤にもう一人ボールを持てる選手、サイドの選手はもっと裏取れよと思うときはありますが
          流儀に関しては、モウリーニョ就任の時点である程度は予想できたはずです
          それに今シーズンは言っても得点はしっかりとれてます(打ち負かしてほしいというのはわかります)
          アーセナルを相手にする場合は、ブロック作ってカウンターする方が効率いいです(ファーガソンやアンチェロッティもそうやってました)
          チェルシーやリヴァプールのような相手にはボールを保持して攻めてほしいのはわかります
          正直、攻撃に関しては、ファーガソン政権末期の時点でだいぶ怪しかったと思います

          ユナイテッドに強くあり続けてほしいというのは皆同じです。

          • tomo より:

            夜中のコメントラッシュに乗り遅れてしまい残念です。笑

            ユナイテッドの方針って勝つことだけですかね?
            個人的にはそれって、なりふり構わず大金ばらまくシティとかチェルシーのことかと思います。
            勝つことは当然ですが、ファーガソン時代は育成が中心だったかと。取る選手もファン・ペルシーはともかく基本は成熟してない選手を取ってたような。
            大金を使いだしたのはファーガソン退任してからという印象なのですが…

            なので、シティやチェルシーに勝つために補強はしていますが、ただの金満チームではないかと考えてます。
            2年連続優勝争いをしたトッテナムをトップチームと認めないのは数字を軽視しているという印象です。
            正直トッテナムの躍進は、もちろん優勝する必要があるのですが参考にする要素は大いにあるかと思います。

            ジェズスがあのアグエロからスタメン取ったような突き抜けとかって、ユナイテッドでももっとあっても良いと思うんですよね。
            ユナイテッドで、ルカクがラッシュとかにスタメン取られるとかって想像出来ないですもん。

            バレンシアが怪我したが、その代役をカップ戦で活躍した若手の◯◯はどうだろう?みたいな議論になって欲しいんですよね。結局カップ戦で若手の選手使ってないから候補もいないみたいな。

            ドン引きカウンターの解決方法は色々あると思いますが、ここは一般的な意見と自分は変わらないです。トップ6で守備的なのは多くのメディアが取り上げてます。
            おっしゃられるようにチェルシーやリバプール戦とかホームでのファンのアタックの声援に応えて欲しいんです。

            後、なんやかんや言ってますが自分はモウリーニョ擁護派なので。
            しっかり勝てるチームを作ってるのは流石だと思ってます。選手からの支持も厚そうだし、カリスマ性もありますね。
            ただ、ユナイテッドで長期政権を築くなら上記の内容は必要なんじゃないかと思ってます。
            また、3年目でチームが壊れるとか辞めて欲しい…

  3. ルイスカルロス より:

    モウリーニョは繋ぎになってしまうんですかね。
    まぁ、ポグバを取ってきてEL取っただけでも前の二人よりはよくやっています。
    あとは来シーズン、様子を見てみましょう

  4. ルイスカルロス より:

    シティ戦やレスター戦を見て思ったことは
    モウリーニョは、マンチェスターユナイテッドというクラブを本当に理解してきるのかということです。我々は、攻撃的で、人々を魅力し、強く、全てのタイトルを目指し、若手を育て、スター選手がいて、ファンを楽しませる、世界最高のクラブのはずです。
    それに、オールドトラフォードでは世界のどんなクラブでも恐れを抱かなければなりません。
    それが今や、いくつのことが達成できているでしょうか。
    モイーズになり、ファンファールになり、モウリーニョになり。ELは取りました、国内カップ戦も。
    しかし、ファンが見たいのはプレミアやCLのタイトルであり、次のスター選手ではないでしょうか。
    黄金世代を知るスコールズやギグス、ロナウドやルーニーに、ポグバやリンガード、ラッシュやマルシャルがなっていく姿ではないでしょうか。それに続いてゴメスやマクトミネイも育っていくことのはずです。
    今すぐにその全ては達成出来ないのはわかります。しかし、3年という時間を与えられ、スペシャルワンを自称するようなら、我々を元いた場所に戻してもらいたいのです。

    ごめんなさい。熱くなってしまいました。気分を悪くされる方がいらっしゃいましたから削除しても構いません。
    失礼しました

    • ライダー より:

      直近だと第二次チェルシー政権の時の攻撃陣は本当いい選手いたなと思います
      セスク、アザール、オスカル、ウィリアン、コスタと
      今のユナイテッドでここに入れるのはポグバだけでは?
      DF陣もそうですが、基本的に優勝に値するメンツがそもそもいないです
      ですが、今シーズンのユナイテッドはよく得点もしてますし、若手だってかなり試合に出てますよ、ホームの成績だっていい
      若手育てながら勝ってるチームはすでに、いいベテランがいていい中堅がいるか、92年組のように大量に優秀な選手が出た時ぐらいだと思います
      正直、ファーガソン末期の時点で、だいぶチームは怪しかったですし、少し豪華な中堅チームのようなメンツでよくやってると思います
      解任するのは簡単ですが後任は誰にするつもりなんですかね?

      • ハゲだけに…… より:

        もともと結構な戦力があった上に、2年で450億とも言われている補強費を使って、『少し豪華な中堅チームようなメンツ』しか集められなかったのなら、それは相当に無能な監督と言うしかないんじゃないんでしょうか?

        モウリーニョを、そんなにオトシメテやらないで下さい。

        • ぷりん より:

          でもポグバとルカクだけでその大半ですからね(笑)選手層の質に関してはビッグクラブとは絶対に言えないでしょう。正直スタメンにマルシャルやラッシュ、リンガードが出てるようでは厳しいですし、ポグバが離脱して代わりに出場するのがエレーラですからね。まぁ、そりゃキツいですよ。

          • ハゲだけに…… より:

            マルシャル、ラッシュフォードはもちろん、リンガードやショーやトゥアンセベやペレイラやフォスメンサーと言った若くて素晴らしい才能を余り使いこなせなかったモウリーニョの、目先優先の結果主義が招いたお先真っ暗な状況が、一部では大きく不満なんじゃないかなーとか思いますです。

            スカッド自体の問題じゃなくて、スカッドの使い方の問題ですね。

            世界最高クラスのサラリー払ってるスカッドなんですけど、この現状は何なのでしょうか?? そんな感じの不満です。

            • ライダー より:

              まず、言いたいのは私はモウリーニョを貶めるつもりはありません
              むしろ好きなぐらいです
              それに、もともと結構な戦力なんて揃ってないですし、モウリーニョが補強した選手でフィットしてないのはムヒタリアンだけだと思いますが
              補強費に関してはぷりんさんの言うとおりです
              若手に関しては、ラッシュ、マルシャル、リンガードは使われてます
              ショーはケガしてました
              フォスメンサーはサッカーIQが低いのは見てればわかりますし、レンタルは妥当だと思います
              ぺレイラ、トゥアンゼベ、マクトミネイはもう少し使われていいとは思いますが

            • ぷりん より:

              なるほど、ではもうその段階で自分とは全然考え違うのだなと感じます(笑)自分は今のマルシャルやラッシュ、リンガード、ペレイラ、メンサーなどに試合を決定付ける実力など微塵も感じないので。そういう選手の成長を待つってのは別にいいですが、それは監督の求めるスカッドがあって初めて行うべきものです。モウリーニョの攻撃が個人技頼みだなんていうのは、個人技が優れた前線揃えてからにしてもらいたいですね。

  5. ヴィダ より:

    保守的に聞こえるかもしれませんけど、世界中探してモウリーニョ以上の監督って
    何人いるんだろうって考えたら、後2,3年は継続してもらいたいです
    別に現状の成績も悪いわけじゃなくてむしろ良い方ですし、まだ焦る時間じゃないと思います。
    勿論色々言いたい事はありますけどね。もっと若手を使ってほしいとか。

  6. マコ より:

    主力がほぼ変わらないシティとは異なり、引き継いだときには負け癖が染み付いていたうえにまともな戦力はデヘアとバレンシアくらい。モウリーニョサッカーの生命線になる両WGは二年続けて取ってこれず、それでもなんとかチームがようやく軌道に乗り、これからようやく戦術を植え付けようという時期にポグバが怪我。
    そりゃこうなるでしょ。

  7. ヒロ より:

    冗談じゃない。モウの方から見限られたら話は別ですが、ユナイテッドから契約延長見送りなんてとんでもない話ですよ。
    ユナイテッドはモイーズとともに長期的視野を切り捨てたわけです。クラブとして姿勢を示せないなら、それをごまかす手段は監督による長期政権しかありません。そのとき呼べるビッグネームを考えなしに呼ぶのではなくて。
    つーか、今のチームの問題はバス停めることじゃなくてバスが小さいことでしょ。

    • Yd より:

      その時呼べるビッグネームとして考えなしに呼ばれたのがモウリーニョでは?

      • ヒロ より:

        ご指摘の通り、クラブとしてはモウの招聘に深い考えはなかったんじゃないかなと想像してます。ただそれはそれとして、誰に任せるのがベストだったかと言えば仮にアンチェロッティやペップが空いてたとしてもモウだったろうという理解です。ペップが結果出せるのは全面的にバックアップしてくれるシティだからです。
        あとモウ続投支持の一番でかい理由は、ここで監督変えるとまーた全然タイプ違うの連れてきかねないからですね……。いい加減リセットやめろという考えです、わたしは。

      • テイラー より:

        ファーガソンもモウリーニョのことを認めていましたし、勇退時は後任候補に名前も上がっていたので考え無しではないと思いますよ。

        ファーガソンの時と大きく違うのはピッチにリーダーがいないことだと思います

  8. リオ より:

    ここでモウ切ったら落ちぶれていく名門のテンプレ通りですよ?
    耐える時間は必要です。それに去年のリーグ順位お忘れでは?
    要求ばかり大きい馬鹿な上層部やアホサポーターなんて日本代表とJだけにして欲しいです。

  9. ガム兄さん より:

    あの当時最強と呼ばれたモウインテル時代の試合を見てきました。
    嗅覚に優れる点取り屋ミリート。最強のシャドーストライカー、エトー。パス精度があり守備もでき、運動量があるスナイデル。頼れるベテランDFサムエルやルシオ。バイエルンから移籍してきたルシオ。キャプテンのサネッティ。守備が不安な攻撃的SB、マイコン。若手でも信頼されたキブ。キャリアの絶頂にあったジュリオ・セザール。etc

    モウリーニョは守備に成熟された選手を置くのが特徴ですね。攻撃ではエトーがいないと何もできなかったと思います。つまり現在のユナイテッドは1人で試合を変えるプレイヤーに欠けている。ペリシッチを左サイドに配置したり、グリーズマンをトップ下に配置したりする構想も有るかと思いますが、若手との融合は彼の苦手とするところです。

    将来のチームにとってマイナス要因になるかもしれないので見切りを付けるのも手かと思います。ただその場合でもシティを倒すのは総合力の面からいって難しいでしょうね。

  10. わっふる より:

    誰がここまで建て直したんでしょうか。
    昨シーズンはEL制覇という結果を残し、現在は2位。
    ここ数シーズンこんな順位でいましたか?
    あまりにもモウリーニョに対して敬意がない。
    せめてシティより補強費出してから言えよ!と言う気持ちですね。

  11. やっぱり7番が好き より:

    僕は元々堅い守備と速攻が好きなのでモウリーニョ派です。
    チェルシーでの1次政権以降、チェルシーの守備や組織はこの時の財産が続いていました。(コンテから別)
    あの憎たらしいほど堅牢だったチェルシーも、ショートカウンターで記録的な勝ち点とゴールを上げたマドリーも、僕はとても印象に残っています。
    きっと多くの人が、叶うならペップに来てほしかったんだと思う。それだけウェンブリーの敗戦は衝撃的でしたし、見てても美しいですから。

    マイナス要素?ごまかす手段?ペップが全面的にバックアップ?
    ちゃんちゃらですね。
    この一年半で、ぶっ壊れたチームがひとつずつ良くなってきていませんか?少しずつ柱が建ってきていると思いませんか?
    あまりに怒りを通り越した試合でしたから、何かにあたりたい気も分かりますが、モウになって整理・強化されたものを考えて見てください。確実に良い軌跡になってる。
    移籍やケガはすべてが思い通りになりませんが、CLでも取って見返してやろうじゃないですか!

    ※暴論ですみません
    ※でも、やっぱり7番のユニがピッチにいてほしいですよね。。。

    • ヒロ より:

      ……ん? 一応言っておきますと私はモウ支持ですよ。ユナイテッドのチームはモウ政権になってからようやく規律を取り戻した感じですし。
      シティが実際にペップ呼ぶ何年も前からペップに任せるための準備を進めていたのは事実で、そういう明確な路線に則ったクラブ運営をやらないんであれば、監督にしっかり腰を据えてもらって監督のやり方≒クラブのやり方にしていくしかないんじゃないのっていう趣旨です。ので、モウ続投派です。
      元々ユナイテッドはダイレクトなサッカーを指向するチームだったはずですしね。モウが最適任でしょう。

      • やっぱり7番が好き より:

        ヒロさんに当てたわけではなかったので、誤解させてしまったのならすみません

        まさにヒロさんが直上で言われた通りですね。そもそも、ペップのチーム作るためにベギリスタインをFDに招聘したわけですから。一貫したチーム構築の考え方と期間が今花開いてる感じです。

        このまま行けば、ガナを超える歴史的シーズンですから、その時は敵ながら潔く諸手をあげるのみです。

        そう考えると、クラブのトンマナを合わせるディレクターがいるべきではないのかと思えてきますね。。。

        いずれにせよ、諦めずに勝っていきたいですね!

  12. ぷりん より:

    まぁスタイルの好き嫌いばかりはどうしようもないですが、モウリーニョ以上の監督なんていないと思いますけどね。グアルディオラが今のユナイテッド率いたらCLもELもリーグ戦も勝てませんよ。選手の質が監督の求めるものとかなり離れています。ベストメンバーで戦ってる時のユナイテッドはシティにも負けてないですよ。常に強いチームを形成するだけのスカッドが、今は無いという話。

  13. ルイスカルロス より:

    皆さんの意見を聞けてよかったです。シティの好調などを見て少し、熱くなり過ぎてしまったかなと思います。
    それに、皆さんのようにレベルの高いファンがいると思うとユナイテッドはいいクラブだなと感じます。
    モウリーニョに関しては、まだまだシーズンも途中なのでわかりませんし、咋シーズンのEL優勝のように今年もやってくれると期待します。

  14. スミシー スミシー より:

    シティと比べる人が多いのは仕方ないのかもしれないけどシティはペジェグリーニの時からチームの進むべき方向を見据えて選手を集めて戦術を構築してグアルディオラになって完成したんだと思うけど、ユナイテッドはファギーが辞めてから失敗してはリセットを繰り返して行き当たりばったりでチームを作ってきたその差が今ハッキリでてるんじゃないですかね。
    ここでモウリーニョが少しずつですが確実にチームを構築してる中で解任なんてしたらもう救いようがないと思うかな〜。

  15. レッド より:

    モウを変えるとしても他に誰かいますかね。中々見つけるのは難しいかなと思います。ファギーの今では年取った雛鳥たちがやってくれるのがいいですけど、ユナイテッドの監督になるために必死こいて勉強してる人なんていないですしね。
    モウ自身もっと改善すべきことがあると思いますが、選手たちがモウの望むようなプレーしてるとも見れないし、指示飛ばなくても各々のプレーの判断向上させないとね。

  16. GG7 より:

    やっぱりユナイテッドのサポーターとしてはトップ6相手にも怯まず、打ち勝つ、誇り高いユナイテッドがみたいです!
    その点では今のシティ、ペップのサッカーは羨ましいと思ってしまう自分がいます

  17. ハゲだけに…… より:

    いやー、もう、この熱いコメントの応酬は素晴らしいです。
    本当に勉強になります。

    私ごときに返信下さいました皆様に、本気で心から御礼申し上げますです。

    モウリーニョが、もう一皮剥けてファギーゾーンにまで入ってくれることを願い、願って、ネガネガお願い申し上げますでございます。

    ありがとうございました。このサイト、本当に大好きです!

  18. ごり先輩 より:

    おいおいウッディ、シメオネ組長呼べる目がチラ付いてるからって浮気してんじゃねーよ。

    ユナイテッドの経営陣は、監督に全権を握らせて、金を出してくれればそれで良い。

    ボールを支配して勝つサッカーが見たい?

    そんなものはお隣さんかバルセロナに任せておきな。

    2008年のユナイテッドの攻撃陣が魅力的だったのは認めるけど、それに値する前線の選手なんて今のチームには居らんしね。

    美しく勝つ事は別に求めて無い。

    ただ、出来るなら、勝ち点記録を更新したマドリーの様なチームが見たいもんだ。

    おれは待つよ。モウリーニョが作ったチームが超高速カウンターで相手チームをなぎ倒すところが見れる日を。っても、シーズンインした頃は見られてたし、そこまで心配して無いけどね。

    ってことで、モウリーニョは絶対に残留。何なら長期でお任せしたい。

よければコメントをお願いします

アドレスは必須ですが、非公開です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自分のアバターを設定したい方はお問い合わせからユーザー登録希望の連絡をください。

AD

NewImage.png
マルシャルの1年の契約延長オプションを行使へ

マンチェスター・ユナイテッドは、アントニー・マルシャルの契約に盛り込まれている1年の契約延長オプションを行使することで彼...

NewImage.png
アレクシス・サンチェスがついに合流

ついにロサンゼルスに降り立ってツアー2018のスカッドに合流したアレクシス・サンチェスが、初めてアメリカでマンチェスター...

usa_visa_edited-1
アメリカビザ(査証)を取得【B1&B2】

今年の3月にイランに出張したため、通常のESTAじゃアメリカに入国できなくなってしまった(※)ため、アメリカのビザ(...

NewImage.png
アレクシス・サンチェスがもうちょっとで合流【そば屋の出前】

マンチェスター・ユナイテッドのフォワード、アレクシス・サンチェスは、ロサンゼルスに到着後、即サンノゼ・アースクエイク...

NewImage.png
タヒス・チョンについての追加コメント【今後の起用法】

AONツアー2018初戦のクラブ・アメリカ戦後、ジョゼ・モウリーニョ監督はMUTVでタヒス・チョンを称賛したのに続いて、...

→もっと見る

  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS

  • Widget powered by WhatstheScore.com

  • Manchester United Home Shirt 2017-18 Manchester United Away Shirt 2017-18 Manchester United Home Shirt 2017-18 Zlatan 10 Manchester United AWAY Shirt 2017-18 Zlatan 10 マンチェスター・ユナイテッド サードシャツ ‎‏2017-18 Manchester United Home Shirt 2017-18 Matic 31 Manchester United Home Shirt 2017-18 Lindelof 2 Manchester United Home Shirt 2017-18 Pogba 6 Manchester United Home Shirt 2017-18 Lukaku 9
TOP ↑