*

サンチェス加入でポグバの活かし方が戦術上の悩みの種に

ジョゼ・モウリーニョ監督は、アレクシス・サンチェスが加入したことで、どうやってポール・ポグバの良さを最大限引き出すのかという大きな戦術上の問題に直面している模様。

SPONSORED LINK

IMG_7585

© Getty Images

ポグバは0-2で敗れたトッテナム戦で、モウリーニョ監督の指示に従うことが出来ず監督とピッチ横で熱い議論になったのち、8900万ポンド(約139億円)でユナイテッドに出戻って以来初めて戦術上の理由で交代となった。

フランス代表は中盤センターの位置でネマニャ・マティッチの横で試合をスタートさせたが、何度も守備の規律を無視して自身のより好むより高い位置へと上がって相方や守備陣を無防備にさらした。

SPONSORED LINK

古巣ユベントスでそうだったように、ポグバはより攻撃的なポジションが一番自分の良さを出すことが出来る。そこでは、ポグバはスピード、パワー、スキルを活かしてチームに貢献することが出来る。しかし、今ではサンチェスが左サイドでプレーしており、前線にはロメル・ルカクがいて、ジェシー・リンガードアントニー・マルシャルの両選手が好調を維持しており、少なくとも水曜の試合の時点では、モウリーニョ監督はクラブ新記録の移籍金で獲得したMFを使える前目のポジションを見つけられずにいた。

IMG_7586

© Getty Images

複数の元選手がスパーズ戦のポグバのパフォーマンスを批判。元チェルシー&イングランド代表のフランク・ランパードは、次のようにコメント。

SPONSORED LINK
ポグバには、多くの素晴らしい先見性を持った能力ーーー運動能力、ボールを扱う能力、パスコースを見つける眼ーーーがある。 しかし、彼がネマニャ・マティッチの隣で仕事をするように監督から求められているなら、彼はその責任を完璧に負わなければならない。

自分周りに驚異がたくさんあるようなチームと相対した時には、「自分の周りで何が起きているんだ?」ということを考えないといけない。自分がボールを貰った時だけじゃなくてね。

彼は切り替えが十分じゃなかった。時々、相手ボールにある時に、彼は出来るだけ早く戻ろうとはしなかった。これが大きな問題だった。

元リヴァプール&トッテナムのダニー・マーフィーは次のようにコメント。

SPONSORED LINK

マンチェスター・ユナイテッド レッドデビル ソックス 2足組 - レッド/グレー - 男性用 Manchester United Training Pre-Match Warm-up Top - Grey

ポグバは世界で最高の攻撃的MFの1人だけど、守備に関しては積極的というよりも後手に回りがちだ。(フィル・)ジョーンズと(クリス・)スモーリングは引きずり出されてしまった。それは、ポグバがマティッチの横のポジションを空けていたからであり、これがユナイテッドの全ての問題を引き起こしていた。

ポグバはユナイテッドにとって偉大な選手であり、彼がもっと攻撃的な役割でプレーすることを私は好むね。彼の守備での規律に関していえば、彼にその性質は備わってはいないよ。

モウリーニョ監督は昨日別の問題にも直面しており、ポグバよりも守備的なプレーが可能な選手の1人であるマルアン・フェライニが膝の靭帯の負傷を再発させたことで、最大で2か月程度離脱することとなってしまった。

フェライニは途中交代で出場したトッテナム戦で、11月のベルギー代表の試合中に負傷した膝の靭帯の負傷が再発してしまい。7分間だけのプレーでピッチを後にせざるを得なかった。


FA杯見るならDAZN!1か月無料トライアル

フェライニにとってこれが直近4か月の間で3度目の離脱であり、再び長期離脱の可能性が懸念されるベルギー代表MFは昨日スキャンを行った。 元エヴァートン所属のMFはこの夏で契約が切れ、ユナイテッドからの契約延長オファーを断っているため、夏にフリー移籍でクラブを去る可能性がある。しかし、モウリーニョ監督は今でもフェライニ本人、監督自身、そしてクラブの全関係者が契約延長を願っていると主張している。

<元記事:Jose Mourinho facing tactical headache with Paul Pogba after Alexis Sanchez arrival@Daily Express

シーズン序盤のマティッチ体調絶好調時なら4-1-4-1みたいにポグバがガンガン上がってもいけるかもしれない。それでも、ビッグゲームじゃポグバも他の攻撃陣も守備意識高くないとダメだろうけど。

そして、今みたいなシーズンも佳境に入ってマティッチがヘトヘトになってしまったら、ポグバをマティッチの相方として起用するならポグバは守備をもっと頑張らないといけないんだろうな。

でもそれじゃポグバの良さが活かしきれないし、そうなるとやっぱりマティッチの相方を補強し、そしてポグバを一列上げて起用するってことになる。割を食うのはリンガード?それともマルシャル?

CFにルカク、トップ下にポグバ、LWGにサンチェスなら、RWGの位置でマルシャルかリンガードが頑張るしかないし、RWGでサンチェスを使うならLWGはマルシャルになる。

LWGでサンチェスを使って、RWGに生粋のRWGを獲るって可能性はないのかなー。それかバレンシアがここにきてRWGに返り咲くとかw

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

Comment

  1. ほくろ より:

    ポグバはトップ下では世界最高ではない気がする。ユナイテッドのトップ下は得点も求められますし、、

    ユベントスの頃はスリーバックのフォーメーションのインサイドハーフでやってましたしユナイテッドもそのシステムを採用しますか。
    それを採用するならビダルを冬に獲得するのも手ですかね。
    というか守備はトップ下でも求められますし守備が嫌ならユナイテッドから出ていってもらうことも考えないといけませんね。
    怪我にレッドカードにわがまま、、こんなこと言いたくないですが彼の給料は半分にしてもいいくらいですよ。

  2. エルナンデス より:

    インサイドハーフが適正だと思いますね。
    もう補強できないので、今期なら

    ポグバ   マティッチ
      キャリック

    MFはこの並びを見てみたいですけどね♪

  3. エルナンデス より:

    ただスパーズ戦のスタメンは悪くないと思いましたよ。
    というか現時点では、ベストに近いかなと。

    あの日のプレスを変わすのは、どのチームでも大変でしょう。
    もうちょっと様子を見てみたいですね。
    CBは、リンデロフをリスク込みでも使って成長させて
    いきたいですね。それで負けるのは困るので…難しい所ですけども!

  4. マコ より:

    モウリーニョは間違いなくポグバにランパードの影を重ねているわけで、ランパードがどのシステムにもフィットできていたことを踏まえるとポグバにも当然それが求められるでしょうね

  5. tomo より:

    最近は特に、本人も攻撃的なポジションに移りたがってますね。
    まあ、インサイドハーフが一番活きるとは思いますし、現状なら守備意識もあるリンガードとの縦関係がベストかと思いますね。

    ただ、チームとしてはあの位置でビルドアップ出来るのもしてきたのもずっとポグバだったんだから、もう少し空気読めよと思われてモウに交代させられたと見る。

  6. ひらり より:

    言うてもあのメンバーでまだ1試合ですしね。自分もスパーズ戦のメンバーは現状最高だと思っていますので様子見でいいと思います。

    CBは調子見つつ変更加えていい気もしますが 笑

  7. リオ より:

    悲観論者が多いのが不思議ですね
    これ相手が下位チームでサンチェス加わって何試合かした後の負けなら悲観的になるのも良いと思いますが、まだ二試合目で相手はスパーズですよ?

    • 匿名 より:

      前線どうこうより、

      ・PJ、スモーリングの足元のなさ
      ・ハイプレスをしてくることをわかっていながら、ロホやリンデロフを起用しなかったモウの采配

      この2点に改めてがっかりしましたよ。

    • ルイスカルロス より:

      申し訳ありません、僕も 匿名 様と同意見です。
      それに、リンデロフはもう少し使わないと成長しないと思います

  8. アンディ より:

    自分もこのメンバーでもう少し様子をみたいですね。どちらにせよ今季は今のスカッドでやりくりしていくしかないですし、そうなるとこれがベストかなと思います。あとはエレーラあたりの調子が良ければ4-3-3にしてもいいと思いますが。

    とりあえずCBは変えましょう。ただ、リンデロフはまだまだ安心して起用できませんし、ロホも試合によって最悪な時があるので微妙なところですね。

    あとはサンチェスとのコンビネーションを考慮してヤング→ショー、マルシャル→マタとかにしてみて欲しいですかね。

    今節はようやくサンチェスのホームデビューということで、攻撃陣の爆発に期待します。それに前回負けてますし…リベンジだ!

    • ガム兄さん より:

      最初の失点はエリクセンがフリーでした。ヤングが守備をしなければいけない場面で普通にマークが外れていましたね。
      二度目の失点はジョーンズのオウンゴ-ル。

      ヤングやジョーンズは次の試合に出れないかもしれませんね。

  9. うさごん より:

    確かにポグバには、いつもの存在感が無かったけど
    マルシャルはやりにくそうだったし、最初は仕方ないでしょ。
    むしろスモーリングだと思う。ボールを持つと、まともにパスできないし、
    見かねたマティッチが降りてきたり、さっぱり。
    スモーリングはジョーンズの控えレベルだと思う。同時起用は無理。

  10. とむる より:

    すごく残念だったけどね。
    最初の11秒がなければひょっとしたらすごく上手くいったかもしれない。想定外のことが起きて立て直せないままズルズル行った。
    こう言う時に引き締められるキャプテンがいればもっと泥臭く勝てるチームになるんだろうけどユナイテッドの選手は割と優しい感じがするんだよな

  11. さえず より:

    ポグバは守備への切り替えが遅い時があるのが嫌だ。ロストしたら審判にアピールしてないで、すぐ守備に切り替えて欲しい。
    それ以外はスーパーで不可欠な選手!

よければコメントをお願いします

アドレスは必須ですが、非公開です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自分のアバターを設定したい方はお問い合わせからユーザー登録希望の連絡をください。

AD

gettyimages-1046650820
真価を発揮できなかった元伝統の7番様が満を持して再挑戦くるぅー?

アンヘル・ディ・マリアはその高額な給料の要求により来夏にプレミアリーグ復帰を果たすことになりそうだとの報道。 &cop...

Man-Utd-news-training-injury-Chelsea-1031781
今朝のキャリントンに負傷離脱選手がゾクゾク出現【チェルシー戦に向け朗報】

負傷者地獄で枯渇しているマンチェスター・ユナイテッドのスカッドだが、今朝キャリントンに現れた選手たちを見る限りチェルシー...

gettyimages-1044036520
モウリーニョ監督は1月に4名の大型補強敢行を要求【サポートするなら金をくれ】

ジョゼ・モウリーニョ監督は、1月の移籍市場解禁を前に4名のターゲットに照準を合わせたと報じられているが、上層部からの...

DpkorVVWkAQnPql
ラッシュフォードがスペイン戦で1ゴール・1アシストの大活躍【動画あり】

マーカス・ラッシュフォードは、マンチェスター・ユナイテッドでチームメイトであるダビド・デ・ヘアがゴールを守るスペイン代表...

NewImage.png
グレイザーはユナイテッドをNot for SALE?【まだ搾り取りたい?】

マンチェスター・ユナイテッドのオーナーであるグレイザー家は、サウジアラビアからの関心の渦中にあるマンチェスター・ユナ...

→もっと見る

  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS

  • マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Alexis 7 プリント マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Pogba 6 プリント マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Lukaku 9 プリント マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Lingard 14 プリント マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Rashford 19 プリント マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Martial 11 マンチェスター・ユナイテッド ホーム ゴールキーパー シャツ 2018-19 - De Gea 1 マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Mata 8 プリント マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Ander Herrera 21 マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Shaw 23
TOP ↑