*

最後ヒヤヒヤさせられたボーンマス戦の選手評価

マクトミネイは先発フル出場して爪痕を残し、一方ショーも攻守に良いプレーを見せてアピールし、そしてエースが決勝ゴールを決め、守護神はいつも通り堅固だったボーンマス戦の選手評価。

SPONSORED LINK

NewImage

© Getty Images

ダビド・デ・ヘア

前に出てきたボーンマスを止めるために複数セーブを強いられ、今シーズン最も忙しい45分間の1つとなった。 8

アントニオ・バレンシア

エクアドル代表にとってのスタンダードなパフォーマンスだった。攻撃に積極的に出ることはなかったが試合を通じてソリッドだった。 6

フィル・ジョーンズ

ジョーンズにとって勝ち誇った復活となった。1ヶ月以上ぶりの先発だったが、錆びついた様子は全く見られなかった。前後半共に効いていた。 8

SPONSORED LINK

クリス・スモーリング

友人ジョーンズの隣で守り抜き、自身の勢いを持続する強固なパフォーマンスを見せた。ユナイテッドのスタメンに欠かせない選手になりつつある。 6

ルーク・ショー

7ヶ月と13日ぶりのリーグ戦先発となった試合でエネルギッシュなプレーを披露。チームに幅をもたらすサイドでの上下運動を見せ、古き良き伝統の攻撃のオプションとなった。 7

スコット・マクトミネイ

リーグ戦初先発となった試合の序盤は少々手に余るように見えた。粘り強くタックルし、後半にプレーが改善。 6

SPONSORED LINK

ネマニャ・マティッチ

ボーンマスが野心たっぷりに仕掛けてきたにも関わらず、的確にテキパキと捌いた。守備と攻撃のつなぎ役をこなした。 6

フアン・マタ

週末の12分間だけの途中出場のあとだけに当然の先発だった。先制点をもたらす素晴らしいクロスを供給。 7

アントニー・マルシャル

左サイドでラッシュフォードよりも好まれているが、ボールを持っても殆ど何ももたらせず、同サイドではショーが猛威を奮っていたため影に隠れてしまった。 5

ジェシー・リンガード

アグレッシブにプレスをかけ、期待通りボールを忙しく追いかけ回したがチームのプレーメーカーとしての務めとしては十分に果たせなかった。 5

ロメル・ルカク

序盤にあった何本かのミスパスのシーンではユナイテッドのファンが彼に文句を飛ばしていた。その後、ユナイテッドでのリーグ9ゴール目となる物凄いヘッダーを決めて名誉挽回を果たした。 7

NewImage

© Getty Images

SPONSORED LINK

Manchester United 3 Stripe Hoodie - Red Manchester United Training Rain Jacket - Grey


交代出場選手

マーカス・ラッシュフォード

65分からマルシャルの代わりに左サイドへ。左サイドでより効果的だった。そしてワンダフルなゴールまであとちょっとだった。 7

アンデル・エレーラ

72分にマタとの交代でIN。重要なタックルを見せた。 6

アシュリー・ヤング

83分にショーと交代。ボーンマスにチャンスを与えた。 5

<元記事:Manchester United player ratings: David de Gea and Luke Shaw excellent@Manchester Evening News

デ・ヘア、ショー、マクトミネイがノミネートされたマン・オブ・ザ・マッチは、ショーに決定!ショーはCSKAモスクワ戦に続いて先発した試合でマン・オブ・ザ・マッチ獲得じゃない?

マクトミネイも当たりの強さや、物怖じしない前線への上がりなんて自分のストロングポイントを示せたし、フェライニの穴を埋めるのはこのアカデミー上がりの選手になったりして?

本来まだ今シーズンもリザーブにいたであろうマクトミネイが、ペレイラのローン移籍で繰り上げ昇格され、そしてチャンスを活かしてファーストチームでの立ち位置を手に入れるかもしれない。

人間万事塞翁が馬。

最後のFKでフレイザー砲がデ・ヘアの正面飛んでくれて救われた。リヴァプールやアーセナルにお付き合いしなくて済んだ!

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

Comment

  1. BR より:

    Lingardはやっぱり2トップの下が一番良いように思えます。
    Lukaku & 誰かの2トップの継続をしてほしいかな…。

    今の1トップの下でプレーできる選手ってIbraくらいじゃないですかね…。

    Shawはやっとここまで来てくれた。Youngと半々ぐらいづつ試合に
    出て欲しいです。

    McTominayはどちらかというとMaticのような選手になっていくと
    思うので、Pereiraが帰ってきたら一緒にプレーする事は充分可能と
    思いますね。流石にPogba & Pereira & McTominayだと、守備どうかと
    思いますが、2CMならどちらともプレーできると思います。
    ここまでは順調、更なる成長を期待です。

    • ほくろ より:

      イブラは機動力がないので、ミキがもどるもしくは右のアタッカーがきてマタがトップ下にはいるまではリンガードが適任だと、、、

      • BR より:

        Ibraが動けない(動かない)のは分かっているので、
        この場合は砲台のように使うのです。

        Pogba忘れてました。
        本当の適正はPogbaかもしれない。
        とゆうか4-2-3-1ってPogbaがいないと駄目かもしれません。

        いないなら4-3-1-2のような形にして、
        サイドアタックはSBに任せる。がいいのではないかなぁ。
        底にMatic、IMはMata、Ander、McTominay、Mkhiから2枚。

      • 名無し より:

        劣化で推進力がなくなってるってのは確かやろうけど
        機動力ないってのは違うやろ
        今はろくに試合出てないし戦力外状態やから知らんけども
        昔トップ下で出るときはかなり動いとったぞ
        要所要所でスイッチを入れたり抜いたりが激しいから分かりにくいかもしれんけど
        実際はかなり広範囲動いとったで
        贔屓目やなしに本調子やったら今のスカッドの中で一番上手いと思うでトップ下
        それだけの結果をトップ下でも出して来とるわけやし
        まぁもう劣化とケガで終った選手使う事もないやろけどなモウリーニョは

        • BR より:

          今のIbraならドリブルで運んだり、
          裏を取ったりするよりかは、最低限の動きで
          収めて・出して・シュートを打ってほしいという事です。

          トップ下に居座って、その周りをLukakuなりLingardなりに
          うろちょろさせれば、点とれそうな気がしませんか?

          • ほくろ より:

            ??最低限の使い方間違ってないですか
            得点力とパスを取るかプレスと守備とオフザボールの動きをとるかですね。
            まあどちらがいいかは試合でわかるでしょう。
            あとトップ下でいえばポグバよりマタやムヒタリヤンのほうがいいかと、、、去年トップ下でポグバがでていましたけど狭いスペースで散々な動きをしてました。ペナルティエリア外でなら中盤を支配できる力がありますけど、、、

            • BR より:

              最低限というのは、ポジションを守ってほしいという
              意味ですね。

              Lukakuですら、センターでのバトルは厳しくて、
              サイドに流れがちです。Lukakuがサイドに流れてしまっては、
              中央の枚数が圧倒的に足らない。

              Mataにしても、Mkhiにしても、センターでは全く競れない。
              そういうタイプの選手でもないし。
              そこでIbraがいれば中央にいればいいなと。

  2. ほくろ より:

    個人的には現状の最高スタメンだとおもいます。
    セントラルだとエレーラよりマクトミネイのほうがいいと思います。エレーラはもっと前で使ってあげて!

  3. ぷりん より:

    マクトミネイ割りと良かったですね。攻め上がるタイミングとかフィジカルとか、安心して見れました。マティッチの相方としてならエレーラより序列上でもいいかもしれませんね。ショーも素晴らしかったです。何度も相手からボール奪取してましたし。しかし、やっぱりトップ下欲しいですね。本当にエジル来て欲しいです。

  4. tomo より:

    マクトミネイはエレーラより良かったですね。
    中盤はマティッチ加入でエレーラ放出したのかと思うぐらい、今年のエレーラは別人なので助かります。

    マルシャル・ラッシュのブレイクから始まり、ヤング・リンガードにショー・マクトミネイとかなり良い感じに循環してますね。

    ムヒとエレーラとマタが減速しましたが…

  5. エルナンデス より:

    ダブルボランチを辞めてほしいなって思いましたね~
    どうしても攻撃時に、1枚足りない感じになってると思いますね

    フェライニやポグバなら、ダブルボランチで先発しても
    勝手に上がってくれるので、現状のままでいいんですが

    エレーラや、マクトミネイは、真面目なので、
    1アンカーの、インサイドハーフ2枚というポジション指定のが
    良いと思います
    エレーラなんか、特に、こうしないと攻撃面が活きないと思います

  6. エルナンデス より:

    あと、マタですね。マタのアシストは最高でした。
    結果として、アシストを記録されるようなプレー。
    これがもっともっと必要だと思います。

    開幕したころのミキは良かった
    ですけど、1年とおして、10番のプレーを高レベルで維持できる
    選手は欲しいですね~

    まぁジョゼが良いと思う選手を補強してほしいなと思います

  7. エルナンデス より:

    今のチームは、ダブルボランチと表記してるけど、
    フェライニやポグバが、良いタイミングが上がってくる事が
    最大の鍵になってると思います

    まぁ正直、どっちかは、使える状態でいてくれよ~!
    というのは本音ですかね

  8. ルイスカルロス より:

    マティッチをアンカーに置いて、エレーラとマクトミネイをインサイドハーフには置けないんでしょうかね

よければコメントをお願いします

アドレスは必須ですが、非公開です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自分のアバターを設定したい方はお問い合わせからユーザー登録希望の連絡をください。

AD

NewImage.png
マタが最も輝けるポジションを見つけたかもしれない

マンチェスター・ユナイテッドは、チェルシーとの引き分けた試合で攻撃の正しいバランスを見出したかもしれないと、ダニー・...

NewImage.png
U-23は数的不利も物ともせずに3-0勝利【チョン、ブフォンジがゴール】

タヒス・チョンの2ゴール・1アシストの活躍によりマンチェスター・ユナイテッドのU-23は26分に10人になりながらも...

NewImage.png
モウリーニョ監督に謝罪したことを認めたサッリ監督

ジョゼ・モウリーニョ監督は、凱旋を果たしたスタンフォード・ブリッジで激怒するシーンがあった。これは、試合終了直前に決...

NewImage.png
チェルシー戦の結果を悔やみつつも、イアンニ氏を許したモウリーニョ監督

試合後Sky Sports、MUTV、そして記者会見で、ジョゼ・モウリーニョ監督はマンチェスター・ユナイテッドのパフ...

NewImage.png
前大統領、マルシャルのゴールを喜ぶツイートでファンを怒らせる【いやいや引き分けとるやろ】

クリス・スモーリング第44代アメリカ大統領は、2-2の引き分けで終わったチェルシー戦後に、アントニー・マルシャルのゴール...

→もっと見る

  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS

  • マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Alexis 7 プリント マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Pogba 6 プリント マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Lukaku 9 プリント マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Lingard 14 プリント マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Rashford 19 プリント マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Martial 11 マンチェスター・ユナイテッド ホーム ゴールキーパー シャツ 2018-19 - De Gea 1 マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Mata 8 プリント マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Ander Herrera 21 マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Shaw 23
TOP ↑