*

虎の子の1点を守り抜いたサウサンプトン戦の選手評価

シティに得失点差では差を付けられたものの、ライバルクラブに足並みを揃えてしっかりと3ポイントを持ち帰ったサウサンプトン戦の選手評価。

SPONSORED LINK

ダビド・デ・ヘア

何度か飛び出すことに余りにも消極的な場面も見られたが、彼の中でのかつての英雄がユナイテッドからポイントを奪ったスタジアムで堅実に守り抜いた。セントメリーズでの4試合目の出場となったこの試合は、そこまで試されるような危ない場面はなかった。 6

アントニオ・バレンシア

いつものような勇敢な攻め上がりは無く、ユナイテッドの攻撃に殆ど影響力を発揮せず。より自陣のディフェンディングサードに閉じこもっていたが、そこでのプレーはソリッドだった。 6

エリック・バイリー

注意力を欠いたスタートの後にポジショニングを修正し、良いカバーをみせた。サウサンプトンの攻撃の殆どを対処していた。 8

フィル・ジョーンズ

サウサンプトンは何回も彼に対して空中戦を仕掛けたが、ジョーンズは慌てること無く再びどっしりとした守備を見せた。 8

SPONSORED LINK

アシュリー・ヤング

まだまだユナイテッドの最高のクロス職人であり、再び良いパフォーマンスを示してLSBの一時しのぎの解決策になっている。ルカクのゴールをアシストし、この調子ならひょっとしたらイングランド代表返り咲きもあるかもしれない。 7

ネマニャ・マティッチ

ユナイテッドはポグバ不在を嘆いたが、マティッチは守備と攻撃を繋ぐ役割にステップアップした。ユナイテッドがゴールを決めたことと、マティッチが中盤の底からゲームを組み立てたことは偶然の一致ではない。だが、後半はフォームが落ちた。 6

マルアン・フェライニ

プレスをかけないことをバイリーとジョーンズから非難され、試合開始から職人らしいプレーだった。攻撃では創造性が無い。 5

SPONSORED LINK

フアン・マタ

直感的に前線で動き、幸先の良い試合の入りだったが、正確性が十分ではなかった。 5

マーカス・ラッシュフォード

輝かしいスタートだったが、突如輝きが失われた。良いポジションにチームメイトがいるのにドリブルを仕掛けるという、何度か自己中なプレーが見られた。 5

ヘンリク・ムヒタリアン

カウンターで脅威の主役となり、ユナイテッドがアタッキングサードに攻め込んだ時には攻撃をやすやすと繋いだ。プレーを急ぎすぎた。 6

ロメル・ルカク

8試合で8ゴールを決め、前線でチームを引っ張った。そのユナイテッドでの素晴らしいキャリアのスタートは、リーダーシップの発揮という側面にまで及ぶ。ルカクは時間がかかった選手に批判することも恐れていない。 7

GettyImages-852278740

© Getty Images


SPONSORED LINK

交代出場選手

アンデル・エレーラ

62分から出場。アグレッシブだったが、絶好機をムダにした。 6

クリス・スモーリング

75分から出場し、バイリーとジョーンズを助けた。 6

デイリー・ブリント

92分から出場。非常に遅い時間に出場。 評価なし

<元記事:Manchester United player ratings: Eric Bailly brilliant vs Southampton@Manchester Evening News

これまでの試合は、見ている側からすると終盤のゴールでアドレナリン連続放出って感じだったけど、この試合は試合終了のホイッスルで全アドレナリンが放出されたって感じだった。

まさにルカクのこの感じだった。

相手の最後のクロスやシュートの精度がもっと良かったらと思うと怖いもんがあるけど、それでも昨シーズンまでなら耐えきれずに1点奪われていたであろう展開を守り抜けた。

長いシーズン考えれば無様で不格好な試合だって出て来るし、そういう試合を勝利していたから昔のユナイテッドは優勝常連だったわけだし。

エレーラのチャンスが決まっていたらひょっとしたらいつもの4-0の流れになっていたかもしれないけどね。

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

Comment

  1. ごり先輩 より:

    ポグ蔵不在の影響がモロに出たゲームでしたね。ペレイラが恋しくて仕方無かったのは、僕だけでは無いはず。

    ここは1つ、アンカーにマティッチ、インサイドハーフにマタorムヒか、アンカーにキャリック、インサイドハーフにマティッチ、エレーラかを試した方が良いのでは無いかと思う。それか、ジェシーを出場させるかですね。

    やっぱりアフロは相手の体力が落ちてきた終盤で相手を蹂躙する役割の方が良い仕事すると再確認出来ました。

    最後に、敵ながらレミナは良い選手ですね。

  2. レッド より:

    勝てたのが一番でそれがなにより。
    ただこのバス作戦は選手達は相当な疲労だと思います。あまりにも後半の早い段階からずるずる下がってたのでマルシャル入れてもう一度攻撃の形を作り相手の勢いを止める形もあったと思いますが、まぁこういう試合もありますよね。モウなら尚更。
    ラッシュは前半から守備はかなり頑張ってましたね。ただ攻撃は、、という感じでしたが。

  3. エルナンデス より:

    チェルシーなんかは、この守るって事に非常に慣れてるというか
    クラブの伝統というか、そういうのがあるんですけど、

    ユナイテッドは1点を守備的にいって守り切るって
    いうのにまだ慣れてないですよね~

    ジョゼが長期政権、築くなら、そういったメンタリズムも
    備わっていきそうですけどね。まだ、ヒヤヒヤします(笑)

    攻撃的に行くなら、マタとミキをインサイドハーフにして
    サイドにリンガードかマルシャルを使った方が、良い気がしますね~
    そのくらい、攻撃的な布陣のが、ユナイテッドらしいっちゃらしい

    3トップはラッシュ君、ルカク、マルシャルになるフォメです

    • わっふる より:

      チェルシーの守備の伝統って、そのままモウリーニョの伝統だよねw
      チェルシーはオーナーが堪え性なかったけど、ユナイテッドでは長期政権してほしいなぁ。
      これだけ華がある監督は世界でなかなかいないよ。

  4. ルイスカルロス より:

    上の皆さまに同意です。
    それと、そろそろマタにも結果が欲しいところですね。

よければコメントをお願いします

アドレスは必須ですが、非公開です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自分のアバターを設定したい方はお問い合わせからユーザー登録希望の連絡をください。

AD

NewImage.png
ラッシュフォードは負傷で交代したとモウリーニョ談

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、マーカス・ラッシュフォードのベンフィカ戦での交代理由は負傷であ...

NewImage.png
ラッシュフォードのゴールで勝利したベンフィカ戦の選手評価

相手の若手GKスヴィラールの判断ミスによるマーカス・ラッシュフォードのゴールによって一歩GL突破に近づいたベンフィカ戦の...

NewImage.png
[CL] GL3節 ベンフィカ戦

バイリーの穴を埋めるのは古巣対決となるリンデロフ!LSBに入ったのはブリント!そしてベンチ入りしたマクトミネイは交代出場...

IMG_6503
リンデロフにはユナイテッドで明るい未来が待っている

ベンフィカのルイ・ヴィトーリア監督は、 ジョゼ・モウリーニョ監督下のオールド・トラッフォードで輝くことが出来ると信じて...

NewImage.png
ヴァラン狙いをやめてウムティティ狙いにシフト?

ジョゼ・モウリーニョ監督は、ラファエル・ヴァランじゃなくてサミュエル・ウムティティをオールド・トラッフォードに連れてくる...

→もっと見る

  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS

  • Widget powered by WhatstheScore.com

  • Manchester United Home Shirt 2017-18 Manchester United Away Shirt 2017-18 Manchester United Home Shirt 2017-18 Zlatan 10 Manchester United AWAY Shirt 2017-18 Zlatan 10 マンチェスター・ユナイテッド サードシャツ ‎‏2017-18 Manchester United Home Shirt 2017-18 Matic 31 Manchester United Home Shirt 2017-18 Lindelof 2 Manchester United Home Shirt 2017-18 Pogba 6 Manchester United Home Shirt 2017-18 Lukaku 9
TOP ↑