*

サプライズがあるかもしれないFA杯ハダースフィールド戦のスタメン予想

ひょっとしたらタヒス・チョンに交代出場のチャンスがあるかもしれないハダースフィールドとのFA杯5回戦のスタメン予想。

SPONSORED LINK

シティがプレミアリーグのタイトルをほぼ手中にしており、FA杯はマンチェスター・ユナイテッドにとって今シーズンのタイトルの可能性が最も残された大会である。

ヨーヴィル・タウン戦の説得力のあるプレーを示したユナイテッドは、今度はプレミアリーグ所属のハダースフィールドと対戦する。

ユナイテッド指揮官はポール・ポグバの先発を明言しており、エリック・バイリーは負傷以来初めてスタメン争いに戻ってきている。

マーカス・ラッシュフォードアンデル・エレーラマルアン・フェライニズラタン・イブラヒモビッチは全員欠場する。

SPONSORED LINK

シャルロット・ダンカー

ユナイテッドは火曜日のチャンピオンズリーグのアウェイゲームを考えているかもしれないが、現実にはこの大会が今シーズンのタイトルを狙うベストな大会であるため、モウリーニョ監督は強力なスタメンを送り出すべきである。

ポグバは先発することが決まっており、誰もが中盤2枚では機能しないと分かっているため、中盤は3枚構成となる。

ネマニャ・マティッチには休養が与えられる可能性があり、ポグバはマイケル・キャリックフアン・マタとトリオを形成することになるだろう。

ラッシュフォードは今も起用できないため、アントニー・マルシャルが左サイドで先発し、アレクシス・サンチェスがCFで起用され、ジェシー・リンガードが右に入るだろう。ロメル・ルカクは休養する。

守備陣では、バイリーが戻ってきているかもしれないが、ベンチから最後の30分ぐらいで途中投入され慣らし運転すべきであり、ロホがジョーンズの隣でチャンスを与えられるだろう。

     
  サンチェス  
マルシャル   リンガード
     
  ポグバ マタ  
       
  キャリック  
ショー   バレンシア
     
  ロホ ジョーンズ  
       
 
デヘア  
   
 

SPONSORED LINK

アレックス・ポーター

FA杯はユナイテッドにとって今シーズンのタイトルを狙う最善の大会であるが、セビージャとの試合が迫っており、幾つかの決断が必要である。

もしもバイリーがチャンピオンズリーグで先発出場するなら、今週末に出場することが必要だ。バイリーを先発起用することで、モウリーニョ監督は彼がどれだけ回復しているかをチェックすることができ、フィットネスに応じてハーフタイム、あるいは60分で替えることが出来る。一方ではバイリーとジョーンズに素晴らしいパートナーシップを再構築させることも出来る。

マティッチとルカクは休む必要があり、今こそサンチェスのCF起用のオプションを試す時だ。そしてマルシャルをお得意の左サイドに戻すことも可能となる。

     
  サンチェス  
マルシャル   マタ
     
  ポグバ リンガード  
       
  キャリック  
ショー   ヤング
     
  ジョーンズ バイリー  
       
 
ロメロ  
   
 

SPONSORED LINK

キーラン・ケリー

水曜日のセビージャへの遠征は重要だが、ジョゼ・モウリーニョ監督はここ最近手こずっている相手との試合を軽視することはしないだろう。

それが私がタヒス・チョンアンヘル・ゴメスを抜擢しない唯一の理由である。

この試合はアシュリー・ヤングマイケル・キャリックの経験を活かす試合であり、ポール・ポグバアレクシス・サンチェスフアン・マタロメル・ルカクらスター選手の共演でゴールへの脅威を示すべきだ。

また、ジョーンズとクリス・スモーリングをスタメンから外すチャンスであり、マティッチには休養を与えることとなるだろう。

     
  ルカク  
サンチェス   マタ
     
  ポグバ リンガード  
       
  キャリック  
ショー   ヤング
     
  ロホ リンデロフ  
       
 
ロメロ  
   
 

<元記事:How Manchester United could line up vs Huddersfield@Manchester Evening News

こんなのは無謀かな?

     
  マルシャル  
サンチェス   マタ
     
  ポグバ マクトミネイ  
       
  キャリック  
ショー   ヤング
     
  ロホ リンデロフ  
       
 
ロメロ  
   
 

マクトミネイとリンデロフが見たいし、ルカク・マティッチは休ませたい。バイリーはどれだけ出来るか見てみたい。

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

Comment

  1. b.j より:

    マルシャル、ルカク、サンチェス
    ポグバ、リンガード
    キャリック
    がいいな笑
    マルシャルを左で使いたいという願望とサンチェス、リンガードも使いたい願望を考えるとこれだね
    マクトミレイも使いたいけど、CLを考えると中盤を3にして機能するか試すべきだと思います
    ぜひ、CLに繋がる大勝を期待してます!

  2. ニャンコスターUTD より:

    管理人さんのフォーメーションで是非私も見てみたいです。
    マルシャルも本来はCF希望らしいのでどれだけやれるか魅せてほしいですね。

  3. アンディ より:

    ニューカッスル戦からそこそこ空いてますし、ある程度主力を起用すると思います。モウリーニョがポグバの起用を昨日の会見で既に明言していたのでこの試合が彼に調子を取り戻させるポイントになって欲しいですね。監督もポグバのベストポジションは4-3-3の左IHだと言っていたので今日はそこでの活躍に期待です。

    その他のメンバーについて…個人的にはバイリーとロホのCBコンビが一番強力だと思うのですが、バイリーは慎重にってことでスタメンはリンデロフを使って欲しいです。リンデロフはそろそろ本領発揮してくれ!あとはやっぱりゴメスとチョンが見たい!

  4. テイラー より:

    みんながポグバのためのフォメ考えてたのに病欠とは…

    早く良くなってくれよ!

    早めに決着付けてアカデミー生投入しないかなぁ

よければコメントをお願いします

アドレスは必須ですが、非公開です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自分のアバターを設定したい方はお問い合わせからユーザー登録希望の連絡をください。

AD

NewImage.png
ユナイテッド復帰も噂されるロナウドはロペテギ監督と話し合いへ

マンチェスター・ユナイテッドからの関心を寄せられているとの渦中にあるレアル・マドリーのスターFWクリスティアーノ・ロ...

NewImage.png
【公式】ついにフレッジの加入が正式に完了

マンチェスター・ユナイテッドは、シャフタール・ドネツクからMFフレッジこと、フレデリコ・ロドリゲス・デ・パウラ・サントス...

NewImage.png
雑魚相手には決めるだけじゃダメなんだと雑魚専に苦言

ベルギー代表のキャプテンであるエデン・アザールは、マンチェスター・ユナイテッドのストライカーがパナマ戦でミスをしたことで...

isco-kisses-david-de-geas-glove
イラン戦勝利後にイスコがデ・ヘア神のグローブに接吻

イスコは、ロシアW杯でのスペイン代表初勝利を祝って、ダビド・デ・ヘア神のグローブにキスを捧げた模様。 &cop...

NewImage.png
私をアゲるのはもちろんクリスティアーノ・ロナウド なぜなら彼もまた特別な存在だからです

イングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードは、クリスティアーノ・ロナウド以上に自分をアゲてくれる存在は無いと主張...

→もっと見る

  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS

  • Widget powered by WhatstheScore.com

  • Manchester United Home Shirt 2017-18 Manchester United Away Shirt 2017-18 Manchester United Home Shirt 2017-18 Zlatan 10 Manchester United AWAY Shirt 2017-18 Zlatan 10 マンチェスター・ユナイテッド サードシャツ ‎‏2017-18 Manchester United Home Shirt 2017-18 Matic 31 Manchester United Home Shirt 2017-18 Lindelof 2 Manchester United Home Shirt 2017-18 Pogba 6 Manchester United Home Shirt 2017-18 Lukaku 9
TOP ↑