*

試合後のインタビューで記者をハグする珍プレー

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、チャンピオンズリーグのセビージャ戦後のTVインタビュー中に、BT Sportのデス・ケリー記者にハグするという珍プレー。

SPONSORED LINK

NewImage

© BT Sport

ユナイテッドは敵地スペインで行われたセビージャとのファーストレグをスコアレスドローで終えた。

しかし、試合後の記者の質問の大半は、ポール・ポグバをベンチスタートにしたモウリーニョ監督の決断についてだった。

Daily Expressでは、公式がスタメンを発表するまえに、スコット・マクトミネイがフランス代表に代わりサプライズ先発するとスクープしていた。

SPONSORED LINK

しかしながら、アンデル・エレーラが負傷したことで17分にポグバが予想外に早い投入となった。

そして、数多くの報道がモウリーニョ監督とポグバの間の緊張が増していると主張している。

そんな中、ユナイテッド指揮官は再びポグバの状況についてセビージャ戦後に質問を受けた。

しかし、BT Sportのケリー記者は質問をマクトミネイのパフォーマンスに質問を集中させると、モウリーニョ監督は記者をハグしたのである。

SPONSORED LINK
ハグしてもよいかね?

記者会見で、質問はポールに関するものだった。だが、質問はキッズ(マクトミネイ)に関するものであるべきなんだよ。

彼はファンタスティックだったんだからね。彼は全て良かったよ。エベル・バネガに圧をかけ、彼のプレーを止めていた。バネガはセビージャのプレーメーカーだからね。私は、スコットはブリリアントだったと思うよ。

中盤は非常に良い試合の入り方をしていたし、ポールは途中投入された時にチームにダイナミズムをもたらそうと努力し、ポジティブなパフォーマンスだったよ。

<元記事:Jose Mourinho HUGS reporter in bizarre post-match interview after Paul Pogba question@Daily Express

「お前、分かってるじゃーん!」とか、
「嬉しい事聞いてくれるじゃんかよ!」

って感じだったのかな。

エレーラの怪我、ポグバの先発落ちはネガティブなニュースだけど、このマクトミネイの成長はユナイテッドとしてプラスだからね。

プレミアリーグ人気ブログランキングへ!!!クリック
にほんブログ村 サッカーブログ マンチェスター・ユナイテッドへクリック

Comment

  1. アンディ より:

    こういうところがモウリーニョの好きなところですね。面白い笑

    マクトミネイはモウリーニョ好みの長身な選手ですし、モウリーニョからの評価や、ファーガソンのご贔屓もあって、さらに出場機会も増えそうですね(中盤足りないし)。もちろん成長途中でミスも多いですが、監督やレベルの高いチームメイトから学び、素晴らしい選手に成長してくれることを願います。そして、ユナイテッドの中盤問題を解決してくれ!

  2. hr より:

    まさにですね。マクトミネイは危険なところを抑えていましたし、不安な最終ラインや疲労によって運動量の低下しがちなマティッチのために全力でカバーに戻ったかと思えば、前線に人数が足りないと見るや全力で攻撃の連携に加わろうとしますから。
    前の試合でも言いましたがこういったチームのバランスを整えようとする姿勢のある人間は大切ですね。

  3. tomo より:

    中盤が良かったら、あんなにコーナーキック与えないけどね。自陣に深く攻め込まれてるってことは、DFのラインに吸収されるマティッチはともかくとして、ビルドアップが上手くいってないのと、中盤がスカスカの証拠。
    まあ、モウも当然分かってるけど中盤は人いないし、マティッチ含めた最終ラインには自信があるんだろうし実際堅守だったし、流石かな。

  4. hr より:

    このチーム状況の中でやるべきことをやろうとしている数少ない選手(経験も少ないのに)だから評価すべきだといってるだけで彼がカンテみたいに一人で二人分働いていて中盤を劇的に改善しているとかそういう話では当然ない。
    セビージャ相手にこの出来で堅守などと言っていていいのだろうか。まあ現状の戦力では仕方ない部分もあるが。

    • tomo より:

      やるべきことをやろうとしてない選手って誰ですかね?
      沢山いるみたいですが、ぜひぜひ教えて欲しいですね。
      やろうとすら、してないんですよね?笑笑

      • hr より:

        私の言うやるべきこととはチームのバランスを整える行為です。攻撃陣は特に攻守の切り替えが遅い上に、味方がいい位置でボールを持ってからの動き出しが遅く連携の意識が希薄です。二枚目三枚目のパスコースもなく、前線は孤立する場面が多く停滞します。
        守備陣はファイナルサードでボールを持たれそうになった時の出方が甘い上に選手同士の受け渡しも曖昧なので相手選手に余裕を与えてしまい決定機を作られる場面が見られました。
        どれも強豪と呼ばれるチームなら見ることのない意識レベルの問題です。
        勿論全く意識にないことはないのでしょうが希薄だとしか思えないようなプレーに終始してましたよね。これにはシステム上間延びせざるを得ない中盤や、現状の人員、疲労など考慮すべき点もありますけどCLという大舞台で言い訳は通用しません。

        これらの点において、できているかどうかはともかく特に意識的に行動を起こしていたのがマクトミネイだった、ということです。

        • tomo より:

          チームのバランスを整えるということがやるべきことってあなた個人の主張ですよね。それなら、1回目の時に、私が思うやるべきことって前置きがないと、そんな共通認識みたいな文脈で意見されても分からないですよ。
          攻守の切り替えが遅いのは、速すぎたら逆にカウンター食らうのを危惧したためでは。
          出方が甘いのは、ドリブルで抜かれるとか嫌なシュートコース作らしたくないとかでは。
          出方が甘くてシュート打たれてもデヘアいるしとめれるでしょ。ってか、トップ6で負けてない時はいつもそんな試合してませんか?連携なんて無いし、といっても今日もルカクは2度チャンスがあって、毎試合まあ出方は甘いですよ。
          私が言いたいのはやるべきことを無視してやらない選手なんていないでしょ。最近のポグバはそうだったかもしれませんが、あなた個人が思うやるべきことは知りませんが、監督がいったやるべきことは皆プロなんだから、てか私が小学生ぐらいの時もそうですが、やろうとしますよ。で、そもそもやれてこそ初めて評価されるべきでは?
          ちょっと厳しく言ってて申し訳ないのは分かってんですが、わざわざ被せて来る必要があったのか疑問すぎる内容なので。最近被せてくる人もそうですが。
          前のポグバの記事の反論は良かったですね。

          • hr より:

            いや当然です。まさかプロの世界で監督の指示を全く意識しない人間いないでしょ。まさかそんな低次元な誤解が生まれるとは思いもしませんでしたよ。私が言っているのは無論、その質の差ですよ。それに一つ目のコメントでやるべきことについては触れてますから割愛したまでです。しかしまあ誤解を生んだ事は事実ですからその点については申しわけないです。

            速攻するにも遅攻をするにも攻守の切り替えが速くて損をすることは一つもないですよ。
            守備陣がデヘアがスーパーセーブしてくれるからパスもシュートもできる状況を作っていいなんて思ってたら流石に笑いますね。
            毎試合甘いからそこを改善しようとする意識が大事だと言っているんですよ。

            わざわざ被せたのはこのチームのウィークポイントが中盤の選手であるかのように仰ったので少し気になっただけです。
            何と言うか不毛な言い争いになりそうなのでここら辺でやめにしときます。

            • tomo より:

              私はあなたの頭の中まで分からないので、その質の差を具体的に論ずるべきだと思いますけどね。
              攻守の切り替えの攻撃時のFW3人微妙でしたか?
              中盤とサイドバックの上がりが不十分だったことでは?
              FW以外はカウンターに備えて無理に上がらないお決まりのパターンかと。
              パスも横パスなら良いし、シュートもミドルレンジからコース切ってる状態なら良いのでは?
              DFがファイナルサードで出てかわされたら、それこそデヘアですら獲れないピンチになりますよ。
              チームの一番のウイークポイントが中盤だと思ってますし、違うという方が目新しいかと思いますけど?

              上記の通り、議論が前に進まないので返事はいらないですけど、私とあなたではバックグラウンドも年齢も違うと思うので、私も心掛けてますが、被せるなら一層前提の説明をした方がより前向きな議論になるかと思います。

          • アイス より:

            すみません、横槍になるかもしれないのですが、攻守の切り替えが速すぎてカウンターをくらうってどういう状況ですか?
            あと、対人強度が低いことは意識的に行っていると思ってますか?

  5. エルナンデス より:

    マクトミネイは、デヘアの次に良かったと思いましたね。
    とにかく落ち着いていました。年齢を考えたらアンビリバボーレベルですね

    あとジョゼにサッカーの内容を求めているなら、最初から
    期待しない方がいいかなって思います。
    結果で判断する監督でしょう。とにかく結果の監督。

    どんな内容でもいいから、CLでどこまで行くか結果を見たいで所です
    個人的には最低でもCLベスト4まで行ってほしいです

よければコメントをお願いします

アドレスは必須ですが、非公開です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自分のアバターを設定したい方はお問い合わせからユーザー登録希望の連絡をください。

AD

NewImage.png
ポグバの最新コメントによってファンが論争に

マンチェスター・ユナイテッドのファンはポール・ポグバの議論を呼ぶコメントに反応しており、サポーターは二手に分かれてい...

NewImage.png
ローン中のフォス・メンサーが危険タックルでディーニーに詫び入れ

フラムにローン移籍中のティモシー・フォス・メンサーはワトフォード戦で運良く退場にならずに済んだが、試合後にはちゃんと...

NewImage.png
U-23がミドルスブラに2-0で勝利【チョンの直接FK】

マンチェスター・ユナイテッドのU-23は開幕からのシーズン無敗を6試合まで伸ばし、ミドルスブラ戦の勝利で順位表でも首位に...

NewImage.png
ウルブス戦の結果には不満なし、選手に不満あり

ジョゼ・モウリーニョ監督は、マンチェスター・ユナイテッドがウルヴズと1-1で引き分けた試合後、失望感を隠さず。MUTV、...

NewImage.png
ガッカリ以外の何物でもなかったウルブス戦の選手評価

複数の選手が良いパフォーマンスを示せず、サー・アレックス・ファーガソンが術後初のスタンド観戦となったウルブス戦はフラ...

→もっと見る

  • REDS

    管理人も使用した現地在住の日本人スタッフによるチケットサイトREDS

  • マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Alexis 7 プリント マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Pogba 6 プリント マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Lukaku 9 プリント マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Lingard 14 プリント マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Rashford 19 プリント マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Martial 11 マンチェスター・ユナイテッド ホーム ゴールキーパー シャツ 2018-19 - De Gea 1 マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Mata 8 プリント マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Ander Herrera 21 マンチェスター ユナイテッド ホーム シャツ 2018-19 - Shaw 23
TOP ↑